モーサヤ書21
戻る 次へ

第21章

リムハイのたみ,レーマンじんたれ,かされる。リムハイのたみ,アンモンにい,かいしゅうする。アンモンにヤレドじんの二十四まいはんのことをげる。げんぜんやく百二十二ねんから百二十一ねんいたる。

1 さて,リムハイとかれたみはニーファイのまちかえり,ふたたへいにそのむことになった。

2 そしておおくののち,レーマンじんはまたニーファイじんたいしていかりをかきてられ,しゅうさかいしんにゅうしてるようになった。

3 しかし,かれらのおうがリムハイにてたちかいがあるので,かれらはあえてニーファイじんころしはしなかった。それでもかれらは,ニーファイじんほおち,けんりょくるった。そしてかれらのおもわせ,かれらをものえないろばのようにてるようになった。

4 まことに,これはすべて,しゅことじょうじゅするためにこったことである。

5 さて,ニーファイじんなんはひどかったが,レーマンじんにあらゆるほうめんからかこまれていたので,かれらがレーマンじんからのがれるてはまったくなかった。

6 そしてたみは,ぶんたちのなんのことでおうにつぶやくようになり,また,レーマンじんかってってたたかいたいとねがうようになった。このように,かれらがへいってひどくおうなやましたので,おうかれらにのぞみどおりにすることをゆるした。

7 そこでかれらはふたたあつまり,よろいをけ,レーマンじんぶんたちのくにからすために,かれらにかってった。

8 そして,レーマンじんってリムハイのたみかえし,おおくのものころした。

9 そのため,リムハイのたみなかおおきななげかなしみがあった。やもめはおっとのためになげき,むすむすめちちのためになげき,きょうだいきょうだいのためになげいた。

10 さて,こくないにはじょうおおくのやもめがおり,そのやもめたちはレーマンじんたいするひどいおそれがつのっていたので,まいにちまいにちはげしくさけんだ。

11 そして,やもめたちがなくさけんだため,リムハイのたみのこりのものたちは,レーマンじんたいするいかりをかきてられた。そして,かれらはふたたたたかいにたが,おおきなそんがいこうむり,またもやかえされた。

12 まことにかれらはもういち,すなわち三たたかいにたが,おなじようにそんがいこうむった。そして,ころされなかったものたちは,ニーファイのまちにまたかえった。

13 またかれらは,すほどにへりくだって,れいのくびきをけ,てきのぞむままにたれ,あちらこちらにてられ,わされるにまかせた。

14 それでかれらは,しんそこけんそんへりくだりかみねつれつさけもとめた。かれらは,ぶんたちのけているなんからすくしてくださるように,しゅうじつかみさけもとめた。

15 しかし,しゅかれらのざいあくのために,かれらのたんがんとどけるのをおそされた。それでもしゅは,かれらのたんがんとどけ,レーマンじんこころやわらげてくださったので,レーマンじんはリムハイのたみおもかるくするようになった。しかししゅは,かれらをれいじょうたいからすくすのを,ふさわしいとはおもわれなかった。

16 さてそののちかれらはそのだいさかはじめた。ぜんよりもゆたかにこくもつさいばいし,だいしょうちくれをうようになったので,えにくるしむことはなかった。

17 ところが,おんなかずじょうおおくておとこかず上回うわまわっていたので,リムハイおうは,やもめとそのどもたちがえてぬことのないように,すべてのおとこに,せいかつかてかれらにあたえるようめいじた。ころされたものがおびただしいかずのぼっていたので,かれらはそうしたのである。

18 さて,リムハイのたみはできるかぎりいちだんとなってせいかつし,ぶんたちのこくもつちくれをまもった。

19 また,おうしんなんらかのほうほうでレーマンじんちることをおそれ,えいへいれずには,まちじょうへきそとあんしんしてようとはしなかった。

20 またおうは,ぶんたみしゅうへんらせた。そして,なかんでレーマンじんむすめたちをさらい,ぶんたみにこのようなひどいかいをもたらしたあのさいたちを,なんとかしてらえさせようとした。

21 リムハイのたみは,かれらをらえてばっしたいとおもっていた。それはかれらが,よるニーファイのへやってて,たみこくもつおおくのちょうしなじなはこったからである。それでたみかれらをせした。

22 そしてそののちアンモンかれどうりょうたちがそのるまで,レーマンじんとリムハイのたみあいだあらそいがなかった。

23 そして,おうえいへいとともにまちもんそとにいたときに,アンモンとかれどうりょうたちをつけたのであった。そのとき,おうかれらのことをノアのさいたちだとおもったので,かれらをらえてしばらせ,ろうませたのであった。もしかれらがノアのさいたちであったら,おうころさせたことであろう。

24 ところがおうは,かれらがそうではなく,ぶん同胞はらからで,ゼラヘムラのからやってたことをり,じょうおおきなよろこびにたされた。

25 さて,リムハイおうは,アンモンがまえにゼラヘムラのさがためにしょうすうひとびとけんしたことがあった。しかし,かれらはそのつけることができなくて,なかまよってしまった。

26 それでもかれらは,かつてひとびとんでいたからびたほねあたいったいさんらんしていた,まことに,かつてひとびとみ,ほろびてしまったはっけんした。そしてかれらは,そこをゼラヘムラのであるとおもって,ニーファイのかえし,アンモンがすこまえに,さかいとうちゃくしたのであった。

27 そのときに,かれらはろくかえった。すなわち,かれらがはっけんした,ほねのこしたたみろくかえった。それはきんぞくはんきざまれていた。

28 さて,リムハイは,モーサヤおうかみからのたまものっており,それによってこのようなきざまれたろくかいしゃくできるということをアンモンのくちからいて,またもやよろこびにたされた。そして,アンモンもよろこんだ。

29 しかし,アンモンとかれどうりょうたちは,ぶんたちの同胞はらからがそのようにおおぜいころされていたので,かなしみでいっぱいになった。

30 またノアおうかれさいたちが,そのようにおおくのひとかみたいしてつみおかさせたことについても,かれらはかなしんだ。またかれらは,アビナダイがんだことも,アルマやかれこうどうともにしたひとびとったことについても,かなしんだ。アルマとそのひとびとは,かみちからけんと,またアビナダイがかたったことしんじるしんこうによって,かみきょうかいせつりつしていた。

31 まことにアンモンとかれどうりょうたちは,かれらがったことをかなしんだ。リムハイとかれたみは,かれらがどこへげてったからなかったからである。もしっていれば,アルマやかれとともにいたひとびとは,かみつかえ,かみいましめをまもるというせいやくかみわしていたので,リムハイとかれたみは,よろこんでかれらとこうどうともにしたことであろう。

32 さて,アンモンがやってのち,リムハイおうかれたみおおくのものも,かみつかえ,かみいましめをまもるというせいやくかみわした。

33 そして,リムハイおうかれたみおおくのものは,バプテスマをけたいとねがった。しかしそのには,かみからけんのうさずかっているもの一人ひとりもいなかった。またアンモンは,ぶんしんをふさわしくないしもべであるとかんがえて,そのことをおこなうのを退たいした。

34 そこでかれらは,そのときぶんたちできょうかいもうけることをせずに,しゅたまのぞむことにした。かれらはんだアルマとかれ同胞はらからのようになりたいとねがっていた。

35 かれらはこころくしてよろこんでかみつかえるしょうとして,またしょうめいとしてバプテスマをけたいとねがっていたにもかかわらず,そのばされた。かれらのバプテスマについてのはなしは,のちせることにする。

36 さて,アンモンとそのいっこう,およびリムハイおうとそのたみは,レーマンじんから,またれいじょうたいからすことをひたすらかんがつづけた。