モーサヤ書11
戻る 次へ

第11章

ノアおうじゃあくとうをし,つまやそばめたちとのほうらつせいかつにふける。アビナダイ,たみれいになることをげんする。ノアおう,アビナダイのいのちをねらう。げんぜんやく百六十ねんから百五十ねんいたる。

1 さて,ゼニフがおうむす一人ひとりノアにゆずったので,ノアがちちわってとうはじめた。しかし,かれちちみちあゆまなかった。

2 よ,ノアおうかみいましめをまもらず,ぶんこころのぞむままにあゆんだ。かれおおくのつまそばめち,またたみにもつみおかさせしゅからまわしいことをおこなわせた。そしてかれたみは,みだらなこととあらゆるあくとをおこなった。

3 またかれは,たみしょゆうするすべてのものに五ぶんの一のぜいをかけた。すなわち,たみきんぎんの五ぶんの一を,そしてジフどうしんちゅうてつの五ぶんの一を,またたみえたわかちくの五ぶんの一を,それにこくもつの五ぶんの一を徴税ちょうぜいした。

4 そしてかれは,このぜいをすべて,ぶんしんつまたちとそばめたち,またさいたちとそのつまたちとそばめたちのせいかつささえるためにてた。このようにしてかれは,おうこくせいえてしまった。

5 かれはかつてちちにんめいしたさいたちをすべてめさせ,わりにこうまんな,こころたかぶっているあたらしいさいたちをにんめいした。

6 このようにして,さいたちはたいらして,ぐうぞうはいし,みだらなおこないをしながら,ノアおうたみしたぜいやしなわれた。このように,たみざいあくささえるために,じょうほねりをしたのであった。

7 そしてたみはまた,おうさいたちのむなしいへつらいのことにだまされ,かれらもぐうぞうれいはいするようになった。おうさいたちがたみにへつらいごとかたったからである。

8 そしてノアおうは,ふうひろびろとしたたてものをたくさんて,それらのたてものごとざいと,きんぎん,またてつしんちゅうやジフやどうなどのあらゆるちょうしなからつくったごとさいかざった。

9 かれはまた,ぶんのためにおおきなきゅう殿でんててそのなかおうもうけたが,それらはすべてじょうとうざいもくつくり,きんぎんちょうしなかざった。

10 かれはまたしょくにんたちに,じょうとうざいもくどうしんちゅうで,しん殿でんないにあらゆるごとさいをさせた。

11 そしてかれは,ほかのすべてのよりもたかい,だいさいたちのためにもうけられたじゅんきんかざった。そして,だいさいたちがむなしいいつわりのことたみべるときに,からだうでをもたせかけることができるように,だいつくらせた。

12 そしてかれは,しん殿でんちかくに一つのとう,つまりじょうたかとうてた。それはきわめてたかく,そのうえてば,シャイロムのと,レーマンじんしょゆうしているシェムロンのと,きんいったいわたすことができた。

13 そしてかれは,シャイロムのにもおおくのたてものてさせ,シャイロムのほっぽうおかうえにも一つのおおきなとうてさせた。そこはかつてニーファイのらが,このからしたときにしゅうごうしょとしたところであった。ノアおうたみぜいしてとみでこのようにおこなった。

14 さて,おうとみこころせ,つまたちやそばめたちとのほうらつせいかつときごした。また,おうさいたちもしょうたちとときついやした。

15 そしてかれは,こくないいたところにぶどうえんもうけ,ぶどうのしぼもうけてぶどうしゅをたくさんつくった。そのために,かれたみおおざけになってしまった。

16 そこで,しょうすうでいるノアおうたみを,はたけにいるときやちくれのをしているときに,レーマンじんおそいかかってころすようになった。

17 そこでノアおうは,レーマンじんらいしゅうふせぐためにりのへいくにしゅうおくった。しかし,かれじゅうぶんかずへいおくらなかったので,レーマンじんたみおそってころし,このくにからちくれをたくさんった。このようにして,レーマンじんかれたみほろぼしはじめ,またかれらににくしみをあらわにするようになった。

18 そこでノアおうぐんたいおくり,かれらをげき退たいした。すなわち,ノアおうぐんいちレーマンじんげき退たいした。そこでかれらはぶんひんたことをよろこびながらかえってた。

19 さて,このだいしょうのために,ノアおうたみこうまんこころつのらせ,おごりたかぶりながら,ぶんたちの五十にんすうせんにんのレーマンじんかうことができるとって,ることと同胞はらからながすことをよろこんだ。これは,おうさいたちのあくがもたらしたものである。

20 さて,ノアおうたみなかに,アビナダイという一人ひとりおとこがいた。かれひとびとなかって,げんしてった。「よ,しゅつぎのようにわれ,つぎのようにわたしにめいじられた。『って,このたみしゅつぎのようにわれるとげなさい。このたみわざわいである。わたしはこのたみまわしいおこないと,あくと,みだらなおこないをたからである。あらためなければ,わたしはいかってかれらをばっしよう。

21 かれらがあらためてしゅなるかみかえらなければ,よ,わたしはかれらをてきわたそう。かれらはれいになり,てきによってくるしめられるであろう。

22 そしてかれらは,わたしがしゅなるかみであり,わたしのたみざいあくばっするねたむかみであることをるようになる。

23 そしてこのたみは,あらためてしゅなるかみかえらなければ,れいになるであろう。そのときには,しゅなるぜんのうかみのほかに,だれもかれらをすくうことができない。

24 そして,かれらがわたしにさけもとめても,わたしはそのさけびをとどけることをおそし,かれらがてきたれるままにしよう。

25 かれらがあらぬのをまとい,はいをかぶってあらため,しゅなるかみねつれつさけもとめなければ,わたしはかれらのいのりをとどけずかれらをなんからすくすこともしない。』しゅはこのようにわれ,このようにわたしにめいじられた。」

26 さて,アビナダイがひとびとにこれらのことかたえると,ひとびとかれはらてて,かれいのちうばおうとした。しかししゅは,アビナダイをかれらのからすくされた。

27 ノアおうはアビナダイがひとびとかたったことつたくと,かれもまたはらててった。「わたしとわたしのたみさばくアビナダイとはなにものか。そのようにひどいなんをわたしのたみにもたらすしゅとはなにものか。

28 わたしがころすことのできるように,アビナダイをここにれてるよう,おまえたちにめいじる。そのおとこはわたしのたみせんどうしてたがいにいからせ,たみなかあらそいをしょうじさせようとして,これらのことをべた。だからわたしはそのおとこころそう。」

29 さて,ひとびとをくらまされていたので,アビナダイのことたいしてこころかたくなにした。それでかれらは,そのときからアビナダイをらえようとした。またノアおうは,しゅことたいしてこころをかたくなにし,ぶんわるおこないをあらためなかった。