第三ニーファイ 27
    脚注

    第​27​章

    イエス、ぶん​の​​に​よって​きょうかい​を​ぶ​よう​に​めいじられる。イエス​の​使めい​と​あがない​の​せい​が​イエス​の​ふくいん​を​こうせい​する。人々ひとびと​は​聖霊せいれい​に​よって​きよめられる​ため​に、あらためて​バプテスマ​を​ける​よう​に​めいじられる。ひと​は​イエス​の​よう​に​なら​なければ​ならない。げんやく​三十四​ねん​から​三十五​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、イエス​の​​たち​は​たび​を​しながら、ぶん​たち​が​それ​まで​いたり​たり​した​こと​を​べ​つたえ、イエス​の​​に​よって​バプテスマ​を​ほどこして​いた。また、​たち​は​あつまり、​一つ​に​なって​熱烈ねつれつ​に​いのり、断食だんじき​を​した。

    2 ​そして、かれら​が​イエス​の​​に​よって​御父おんちち​に​いのって​いる​と、イエス​が​ふたたび​かれら​に​しん​を​あらわされた。イエス​は​て​かれら​の​なか​に​つ​と、「あなたがた​は​わたし​から​なに​を​あたえられたい​の​か」と​かれら​に​われた。

    3 ​そこで​かれら​は​イエス​に、「しゅ​よ、この​きょうかい​を​どの​よう​な​​で​ぶ​べき​か、わたしたち​に​お​おしえ​いただきたい​と​ぞんじ​ます。この​けん​に​ついて​たみ​の​なか​に​ろんそう​が​ござい​ます​から」と​った。

    4 ​すると​しゅ​は、かれら​に​われた。「まことに、まことに、あなたがた​に​う。たみ​が​この​こと​に​ついて​つぶやき、ろんじ​う​の​は​なぜ​か。

    5 かれら​は、『キリスト​の​​を​け​なければ​ならない』​と​いう​聖文せいぶん​を​んだ​こと​が​ない​の​か。キリスト​と​は​わたし​の​​で​ある。わり​の​​に​あなたがた​は、この​​に​よって​ばれる​の​で​ある。

    6 ​わたし​の​​を​け、さい​まで​しのぶ​もの​は、わり​の​​に​すくわれる​で​あろう。

    7 ​だから、あなたがた​が​おこなう​こと​は​何事なにごと​で​も、わたし​の​​に​よって​おこない​なさい。あなたがた​は​きょうかい​を​わたし​の​​で​び​なさい。また、ちち​が​わたし​の​ため​に​きょうかい​を​しゅくふく​して​くださる​よう​に、わたし​の​​に​よって​ちち​に​び​もとめ​なさい。

    8 ​わたし​の​​で​ばれ​なければ、どうして​​わたし​の​きょうかい​で​あろう​か。ある​きょうかい​が​モーセ​の​​で​ばれれ​ば、それ​は​モーセ​の​きょうかい​で​ある。あるいは、ある​ひと​の​​で​ばれれ​ば、それ​は​その​ひと​の​きょうかい​で​ある。しかし、わたし​の​​で​ばれ、人々ひとびと​が​わたし​の​ふくいん​の​うえ​に​きずかれて​いれ​ば、それ​は​わたし​の​きょうかい​で​ある。

    9 ​まことに、あなたがた​に​う。あなたがた​は​わたし​の​ふくいん​の​うえ​に​きずかれて​いる。だから、あなたがた​が​ぶ​もの​は​なん​で​あろう​と、わたし​の​​に​よって​び​なさい。あなたがた​が​きょうかい​の​ため​に、わたし​の​​に​よって​ちち​に​び​もとめる​なら​ば、ちち​は​あなたがた​の​いのり​を​いて​くださる。

    10 ​また、きょうかい​が​わたし​の​ふくいん​の​うえ​に​きずかれて​いれ​ば、ちち​は​きょうかい​の​なか​で​ぶん​の​わざ​を​しめされる​で​あろう。

    11 ​しかし、きょうかい​が​わたし​の​ふくいん​の​うえ​に​きずかれて​おらず、ひと​の​わざ​の​うえ​に、あるいは​あく​の​わざ​の​うえ​に​きずかれて​いれ​ば、まことに​あなたがた​に​う、かれら​は​しばらく​の​あいだ​は​ぶん​たち​の​わざ​を​たのしむ​が、やがて​さい​が​て、かれら​は​り​たおされて​​の​なか​に​まれ、そこ​から​​と​もどる​こと​が​できない。

    12 かれら​の​わざ​は​かれら​に​つきしたがい、かれら​は​その​わざ​の​ため​に​り​たおされる。だから、わたし​が​あなたがた​に​げた​こと​を​おぼえて​おき​なさい。

    13 よ、わたし​は​あなたがた​に、わたし​の​ふくいん​に​ついて​げた。わたし​が​あなたがた​に​げた​ふくいん​と​は、つぎ​の​とおり​で​ある。すなわち、ちち​が​わたし​を​つかわされた​ので、わたし​は​ちち​の​こころ​を​おこなう​ため​に​​に​た。

    14 ちち​は、わたし​が​じゅう​に​げられる​よう​に​と、わたし​を​つかわされた。じゅう​に​げられた​あと​で、わたし​は​すべて​の​ひと​を​わたし​の​もと​に​せた。わたし​は​人々ひとびと​に​よって​げられた​が、その​よう​に​人々ひとびと​は、ちち​に​よって​げられて​わたし​の​まえ​に​ち、ぶん​の​おこない​が​い​か​わるい​か​に​よって、おこない​を​さばかれる​の​で​ある。

    15 ​この​ため​に、わたし​は​げられた​の​で​ある。それで、ちち​の​ちから​に​よって​すべて​の​ひと​を​わたし​の​もと​に​せ、かれら​が​各々おのおの​の​おこない​に​おうじて​さばかれる​よう​に​する​の​で​ある。

    16 ​さて、あらためて、わたし​の​​に​よって​​バプテスマ​を​ける​もの​は​だれ​で​あろう​と、たされる​で​あろう。そして、さい​まで​しのぶ​なら​ば、よ、わたし​は​その​もの​を、わたし​が​って​​の​人々ひとびと​を​さばく​その​​に、わたし​の​ちち​の​まえ​で​つみ​の​ない​もの​と​しよう。

    17 ​また、さい​まで​しのばない​もの​は、り​たおされて​​の​なか​に​まれ、ちち​の​せい​の​ゆえ​に、そこ​から​​と​もどる​こと​が​できない。

    18 ​これ​は​ちち​が​ひと​の​ら​に​げられた​こと​で​ある。ちち​は​ぶん​の​せい​の​ゆえ​に、ぶん​が​げられた​こと​を​ことごとく​じょうじゅ​される。ちち​は​いつわらず、ぶん​の​こと​を​ことごとく​じょうじゅ​される。

    19 きよくない​もの​は、けっして​ちち​の​おうこく​に​はいる​こと​が​できない。したがって、しんこう​を​ち、つみ​を​すべて​あらため、さい​まで​ちゅうじつ​で​ある​こと​に​よって、わたし​の​​に​より​ころも​を​あらわれた​もの​の​ほか​に​は、ちち​の​あんそく​に​はいる​もの​は​いない。

    20 ​さて、いましめ​は​つぎ​の​とおり​で​ある。​の​て​に​いたる​すべて​の​もの​よ、あらためて、わたし​の​もと​に​て、わたし​の​​に​よって​​バプテスマ​を​け​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​聖霊せいれい​を​けて​きよめられ、わり​の​​に​わたし​の​まえ​に​み​の​ない​じょうたい​で​てる​で​あろう。

    21 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。じょう​が​わたし​の​ふくいん​で​ある。あなたがた​は、わたし​の​きょうかい​で​おこなわなければ​ならない​こと​を​って​いる。わたし​が​する​の​を​た​その​おこない​を、あなたがた​も​しなさい。わたし​が​おこなう​の​を​た​その​とおり​の​こと​を、あなたがた​も​おこない​なさい。

    22 ​あなたがた​は、これら​の​こと​を​おこなう​なら​ば、さいわい​で​ある。わり​の​​に​たかく​げられる​から​で​ある。

    23 ​あなたがた​が​た​こと、いた​こと​を、きんじられて​いる​もの​を​のぞいて​すべて​しるし​なさい。

    24 ​これまで​しるされて​きた​よう​に、これから​も​この​たみ​の​おこない​を​しるし​なさい。

    25 よ、これまで​しるされて​きた​数々かずかず​の​しょ​と、これから​しるされる​数々かずかず​の​しょ​に​よって、この​たみ​は​さばかれる​で​あろう。これら​の​しょ​に​よって​かれら​の​おこない​が​人々ひとびと​に​られる​から​で​ある。

    26 ​また​よ、すべて​の​こと​は​ちち​に​よって​しるされて​いる。したがって、これから​しるされる​数々かずかず​の​しょ​に​よって、​の​人々ひとびと​は​さばかれる​で​あろう。

    27 ​あなたがた​が​って​いる​よう​に、将来しょうらい​あなたがた​は、わたし​が​あなたがた​に​あたえる​こうせい​な​判断はんだんりょく​に​よって、この​たみ​を​さばく​もの​と​なる​で​あろう。したがって、あなたがた​は​​どの​よう​な​人物じんぶつ​で​ある​べき​か。まことに、あなたがた​に​う。​わたし​の​よう​で​なければ​ならない。

    28 ​さて、わたし​は​ちち​の​みもと​に​く​が、まことに、あなたがた​に​って​おく。あなたがた​が​わたし​の​​に​よって​ちち​に​もとめる​もの​は​なん​で​あろう​と、あなたがた​に​あたえられる。

    29 ​だから、もとめ​なさい。そう​すれ​ば​あたえられる​で​あろう。たたき​なさい。そう​すれ​ば​ひらかれる​で​あろう。もとめる​もの​に​は​あたえられ、たたく​もの​に​は​ひらかれる​から​で​ある。

    30 ​さて​よ、あなたがた​と​この​だい​の​人々ひとびと​に​ついて​の​わたし​の​よろこび​は、おおきくて​かぎり​が​ない。また​ちち​も、あなたがた​と​この​だい​の​人々ひとびと​の​こと​を​よろこんで​おられ、すべて​の​せい​なる​てん使​たち​も​よろこんで​いる。​だれ​ひとうしなわれて​いない​から​で​ある。

    31 よ、あなたがた​に​かい​して​もらいたい。わたし​が​って​いる​の​は、いま​この​だい​に​きて​いる​人々ひとびと​の​こと​で​ある。かれら​は​だれ​ひとうしなわれて​いない。そして、かれら​の​こと​で​わたし​は​ちみちる​よろこび​を​て​いる。

    32 ​しかし​よ、この​だい​から​​四​だい​の​人々ひとびと​に​ついて、わたし​は​かなしむ。かれら​は​ほろび​の​​が​らえられた​よう​に、あく​に​らえられる​から​で​ある。かれら​は​ぎん​や​きん、また​むし​の​つく​もの​や​盗人ぬすびと​が​って​ぬすむ​もの​の​ため​に​わたし​を​る​で​あろう。その​、わたし​は​かれら​に​むくい​を​くだし、かれら​の​わざ​を​かれら​しん​の​じょう​に​びせよう。」

    33 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、​たち​に​われた。「せまい​もん​から​はいり​なさい。いのち​に​いたる​もん​は​せまく、その​みち​は​ほそい。そして、それ​を​いだす​もの​が​すくない。しかし、​に​いたる​もん​は​ひろく、その​みち​も​ひろい。そして、だれ​も​はたらく​こと​の​できない​よる​が​る​まで、そこ​から​はいって​く​もの​が​おおい。」