第三ニーファイ 24
    脚注
    Theme

    第​24​章

    しゅ​の​使しゃ​が​再臨さいりん​の​ため​に​みち​を​そなえる。キリスト、さばき​の​​に​かれる。イスラエル、じゅうぶん​の​いち​を​おさめ、ささげ​もの​を​する​よう​に​めいじられる。おぼえ​の​しょ​が​しるされる。マラキしょだい三​しょう​と​かく​せよ。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​は、ぶん​が​これから​げる​こと​を​しるす​よう​に、かれら​に​めいじられた。それ​は、御父おんちち​が​マラキ​に​あたえられた​こと​で​ある。そして、それら​の​こと​が​しるされた​のち、イエス​は​それ​を​かされた。イエス​が​かれら​に​げられた​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。「ちち​は​マラキ​に​つぎ​の​よう​に​われた。『「よ、わたし​は​使しゃ​を​つかわす。かれ​は​わたし​の​まえ​に​みち​を​そなえる。あなたがた​の​もとめる​しゅ、すなわち​あなたがた​の​よろこぶ​せいやく​の​使しゃ​は、とつじょしゅ​の​神殿しんでん​に​る。よ、しゅ​は​る」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    2 ​しかし、しゅ​の​る​​に​は、だれ​が​え​よう。しゅ​の​あらわれる​とき​に​は、だれ​が​ち​よう。しゅ​は​精錬せいれん​する​もの​の​​の​よう​で​あり、ぬの​さらし​の​​の​よう​で​ある。

    3 しゅ​は​ぎん​を​精錬せいれん​し​きよめる​もの​として​​に​き、​レビ​の​ら​を​きよめ、きんぎん​の​よう​に​かれら​を​きよめて、かれら​が​​を​もって​ささげ​もの​を​しゅ​に​​ささげられる​よう​に​される。

    4 ​その​とき、ユダ​と​エルサレム​の​ささげ​もの​は、むかし​の​​の​よう​に、また​さき​の​とし​の​よう​に​しゅ​に​よろこばれる。

    5 「そして、わたし​は​あなたがた​に​ちかづいて、さばき​を​なし、ほう​を​使つかう​もの姦淫かんいん​を​おこなう​ものいつわり​の​ちかい​を​てる​もの賃金ちんぎん​に​ついて​やとにん​を​しいたげる​もの、やもめ​と​ちち​の​いない​ども​を​しいたげる​ものがいらいしゃ​を​退しりぞける​もの、わたし​を​おそれない​もの​に​たいして​すみやか​に​あかし​を​てる」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    6 「わたし​は​しゅ​で​ある​の​で、わる​こと​が​ない。それゆえ、ヤコブ​の​ら​よ、あなたがた​は​き​くされる​こと​が​ない。

    7 ​あなたがた​は、せん​の​だい​から​わたし​の​さだめ​を​はなれて、それ​を​まもらなかった。​わたし​に​かえり​なさい。そう​すれ​ば、わたし​は​あなたがた​に​かえろう」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。「ところが、あなたがた​は、『どの​よう​に​して​かえり​ましょう​か』​と​う。

    8 ひと​は​かみ​から​ぬすむ​だろう​か。ところが、あなたがた​は​わたし​から​ぬすんで​いる。しかし、あなたがた​は、『わたしたち​は​どの​よう​に​して​あなた​から​ぬすんで​いる​の​でしょう​か』​と​う。じゅうぶん​の​いち​と​​ささげ​もの​に​よって​で​ある。

    9 ​あなたがた​は​のろい​を​もって​のろわれる。あなたがた、まことに​たみ​の​すべて​が​わたし​から​ぬすんで​いる​から​で​ある。

    10 ​わたし​の​いえ​に​食物しょくもつ​が​ある​よう​に、じゅうぶん​の​いち​を​すべて​わたし​の​くら​に​たずさえて​なさい。これ​を​もって​わたし​を​こころみ、わたし​が​てん​の​まど​を​ひらいて、れる​​が​ない​ほど​の​しゅくふく​を、あなたがた​に​そそぐ​か​どう​か​を​​なさい」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    11 「わたし​は​らす​もの​を​あなたがた​の​ため​に​おさえて、あなたがた​の​​の​産物さんぶつ​が​らされない​よう​に​しよう。また、あなたがた​の​ぶどう​の​​が​じゅくす​まえ​に、その​​を​はたけ​に​とす​こと​の​ない​よう​に​しよう」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    12 しょこく​の​たみ​は​みな、あなたがた​を​しゅくふく​された​もの​と​う​で​あろう。あなたがた​は​よろこばしい​くに​と​なる​から​で​ある」と、万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。

    13 「あなたがた​は​こと​を​はげしく​して​わたし​に​さからった」と、しゅ​は​う。ところが、あなたがた​は、「わたしたち​は​あなた​に​さからって​なに​を​い​ました​か」と​う。

    14 ​あなたがた​は​った。「かみ​に​つかえる​こと​は​えき​だ。かみ​の​さだめ​を​まもって​きた​こと​が、また​万軍ばんぐん​の​しゅ​の​まえ​を​かなしんで​あゆんで​きた​こと​が、どんな​えき​に​なって​いる​か。

    15 いま​わたしたち​は、たかぶる​もの​は​しあわせ​で​ある​と​う。まことに、あく​を​おこなう​もの​は​たかく​げられ、まことに、かみ​を​こころみる​もの​で​さえ​も​すくわれる」と。

    16 ​そのとき、しゅ​を​おそれる​もの​たち​は​しばしば​たがいに​かたい、しゅ​は​みみ​を​かたむけて​これ​を​かれた。そして、しゅ​を​おそれ、しゅ​の​​を​とうとんだ​もの​たち​の​ため​に、しゅ​の​まえ​で​一つ​の​おぼえ​の​しょ​が​しるされた。

    17 万軍ばんぐん​の​しゅ​は​う。「わたし​が​わたし​の​宝石ほうせき​を​あつめる​​に、かれら​は​わたし​の​もの​と​なる。ひと​が​ぶん​に​つかえる​むす​を​あわれむ​よう​に、わたし​は​かれら​を​あわれもう。

    18 ​その​とき、あなたがた​は​かえり、じん​と​あくにんかみ​に​つかえる​もの​と​かみ​に​つかえない​もの​と​の​べつ​を​る​よう​に​なる。」』」