第三ニーファイ12
戻る 次へ

第12章

イエス,じゅうしてちからさずけられる。イエス,ニーファイじんさんじょうすいくんせっきょうをし,ふくおしえをかれる。イエスのおしえはモーセのりっぽうをしのぎ,モーセのりっぽうゆうせんする。イエスとおんちちかんぜんであられるようにかんぜんになることが,ひとびとめいじられる。マタイによるふくいんしょだいしょうかくげんやく三十四ねん

1 さて,イエスはこれらのことをニーファイとまえされたひとびとされてバプテスマをほどこちからけんのうさずけられたひとびとかず十二にんであった)にかたえると,よ,ぐんしゅうばして,おおきなこえわれた。「わたしがあなたがたのなかからえらんで,あなたがたにつかえ,またあなたがたのしもべとなるようにしたこの十二にんことちゅうはらうならば,あなたがたはさいわである。わたしはみずであなたがたにバプテスマをほどこちからをこの十二にんさずけた。あなたがたがみずでバプテスマをけたのちよ,わたしはあなたがたにせいれいによってバプテスマをさずけよう。あなたがたはすでにわたしをており,わたしがじつざいすることをっているので,わたしをしんじてバプテスマをけるならば,あなたがたはさいわいである。

2 さらにまた,あなたがたがわたしにったとあかしし,わたしがじつざいすることをっているとあかしするとき,あなたがたのそのことしんじるひとびとは,なおさらさいわいである。まことに,あなたがたのことしんじて,しんそこけんそんなってバプテスマをけるひとびとは,さいわいである。かれらはせいれいさずかり,つみゆるしをけるからである。

3 まことに,わたしのもとにこころまずしいひとびとは,さいわいである。てんおうこくかれらのものだからである。

4 また,かなしむひとびとみなさいわいである。かれらはなぐさめられるからである。

5 にゅうひとびとは,さいわいである。かれらはぐからである。

6 かわいているひとびとみなさいわいである。かれらはせいれいたされるからである。

7 あわれみぶかひとびとは,さいわいである。かれらはあわれみをけるからである。

8 こころきよひとびとみなさいわいである。かれらはかみからである。

9 へいをつくりひとびとみなさいわいである。かれらはかみばれるからである。

10 わたしののためにはくがいされるひとびとみなさいわいである。てんおうこくかれらのものだからである。

11 わたしのためにひとびとがあなたがたをののしり,またはくがいし,またあなたがたにたいしていつわってあっこううときには,あなたがたはさいわいである。

12 あなたがたはおおきなよろこびをて,じょうよろこぶようになる。てんにおいてあなたがたのけるむくおおきいからである。あなたがたよりまえにいたげんしゃたちも,おなじようにはくがいされたのである。

13 まことに,まことに,あなたがたにう。わたしはあなたがたをしおとする。しかし,もししおがそのしおうしなったら,なにによってしおあじをつけられようか。そのしおはもはやなんやくにもたず,ただそとてられて,ひとびとみつけられるだけである。

14 まことに,まことに,あなたがたにう。わたしはあなたがたをこのたみひかりとする。おかうえにあるまちかくれることができない。

15 よ,ひとろうそくをつけてますしたくだろうか。そのようなことはせず,しょくだいてて,いえなかのすべてのものをらす。

16 だから,あなたがたのひかりをこのたみまえかがやかせて,このたみがあなたがたのおこないをて,てんにおられるあなたがたのちちをあがめるようにしなさい。

17 わたしがりっぽうげんしゃはいするためにた,とおもってはならない。わたしがたのははいするためでなく,じょうじゅするためである。

18 まことに,あなたがたにう。りっぽういってんいっかくもむなしくなることがなく,わたしによってすべてじょうじゅした。

19 そしてよ,わたしはあなたがたに,わたしをしんじ,つみあらためて,くだかれたこころいるれいをもってわたしのもとにるようにというちちりっぽういましめをあたえた。よ,あなたがたのまえにはいましめがあり,りっぽうはすでにじょうじゅしている。

20 だから,わたしのもとにすくいをなさい。まことに,あなたがたにう。いまあなたがたにめいじたわたしのいましめをまもらなければ,あなたがたはけっしててんおうこくはいれないであろう。

21 むかしひとびとにより,『あなたがたはころしてはならない。ころものはだれでも,かみさばきをけるおそれがある』とわれてきたことは,あなたがたのいているところであり,またそれは,あなたがたのまえしるされている。

22 しかし,あなたがたにう。ぶんきょうだいたいしていかものはだれであろうと,かみさばきをけるおそれがある。ぶんきょうだいかって『おろもの』とものはだれでも,かいわたされるおそれがある。また,『ばかもの』とものはだれでも,ごくまれるおそれがある。

23 だから,あなたはわたしのもとにるとき,またはわたしのもとにたいとおもうとき,きょうだいがあなたにたいしてなにうらみをいだいていることをおもしたら,

24 あなたのきょうだいのところにって,まずそのきょうだいかいし,それからじゅうぶんかたけつをもってわたしのもとになさい。そうすれば,わたしはあなたをれよう。

25 ぶんてきいだいているものと,いっしょにいるあいだはやなかなおりしなさい。そうしないと,いつかかれはあなたをらえるであろう。そして,あなたはろうれられるであろう。

26 まことに,まことに,あなたにう。あなたはさいの一セナインをはらってしまうまで,けっしてそこからることはできない。あなたはろうなかにいて一セナインでもはらえるだろうか。まことに,まことに,あなたにう。『はらうことはできない』と。

27 よ,むかしひとびとは,『あなたはかんいんしてはならない』といている。

28 しかし,あなたがたにう。じょうよくいだいておんなものはだれでも,こころなかですでにかんいんおこなったのである。

29 よ,わたしはあなたがたに,これらのことをけっしてこころなかれないようにとめいじる。

30 あなたがたは,これらのことをってぶんじゅうほうが,ごくまれるよりもよいからである。

31 つまものえんじょうわたせ』とかれている。

32 まことに,まことに,あなたがたにう。だれでも,ていがいゆうぶんつまものは,かんいんおこなわせるのである。またされたおんなをめとるものも,かんいんおこなうのである。

33 さらに,『いつわちかうな。ちかったことは,すべてしゅたいしてたせ』とかれている。

34 しかし,まことに,まことに,あなたがたにう。いっさいちかってはならない。てんにかけてちかってはならない。そこはかみであるから。

35 また,にかけてちかってはならない。そこはかみあしだいであるから。

36 また,ぶんあたまにかけてちかってはならない。あなたはかみひとすじさえくろくもしろくもすることができない。

37 あなたがたのことはただ,『はい,はい』『いいえ,いいえ』であるべきだ。それじょうのものからるものはすべてあくである。

38 またよ,『にはにはを』とかれている。

39 しかし,あなたがたにう。あくにんかってはならない。もし,だれかがあなたのみぎほおつなら,ほかのほおをもけてやりなさい。

40 あなたをうったえて,したろうとするものには,うわをもあたえなさい。

41 もし,だれかが,あなたをいて一マイルかせようとするなら,そのひととともに二マイルきなさい。

42 もとめるものにはあたりようとするものことわらないようにしなさい。

43 またよ,『りんじんあいし,てきにくめ』ともかれている。

44 しかしよ,わたしはあなたがたにう。あなたがたのてきあいし,あなたがたをのろうものしゅくふくし,あなたがたをにくものぜんをなし,あなたがたをとうあつかはくがいするもののためにいのなさい。

45 こうして,てんにおられるあなたがたのちちとなるためである。てんちちは,わるものうえにもものうえにもたいようのぼらせてくださるからである。

46 ぜんりっぽうもとにあったことはすべて,わたしによってじょうじゅしている。

47 ふるいものはいされて,すべてのものがあたらしくなったのである。

48 わたしやてんにおられるあなたがたのちちかんぜんであるように,あなたがたもかんぜんになることを,わたしはのぞんでいる。」