第三ニーファイ9
戻る 次へ


第9章

くらやみなかでキリストのこえこえ,たみあくのためにおおくのものほろび,おおくのまちかいされたことがせんげんされる。キリストはまた,ぶんしんせいせんげんし,モーセのりっぽうじょうじゅしたことをげ,ぶんのもとにすくわれるようにとひとびとまねかれる。げんやく三十四ねん

1 さて,このぜんめんで,むすべてのものつぎのようにげるこえこえた。

2 わざわいである,わざわいである,このたみわざわいである。ぜんたみあらためなければわざわである。わたしのたみうるわしいむすむすめたちがころされたことを,あくわらあく使つかいはよろこんでいる。わたしのたみうるわしいむすむすめたちがたおされたのは,かれらのざいあくまわしいおこないのためである。

3 よ,あのおおきなまちゼラヘムラとそこにものたちを,わたしはいた。

4 またよ,あのおおきなまちモロナイを,わたしはうみふかみにしずめ,そこにものたちをおぼれさせた。

5 またよ,あのおおきなまちモロナイハとそこにものたちをつちおおい,かれらのざいあくまわしいおこないをわたしのまえからかくして,げんしゃたちとせいたちのが,もはやかれらについてわたしにうったえることのないようにした。

6 よ,ギルガルのまちしずめ,そこにものたちをふかみにめた。

7 また,オナイハのまちとそのたみ,モクムのまちとそのたみ,エルサレムのまちとそのたみどうようであり,わたしはそれらのまちわってみずをわきがらせ,かれらのあくまわしいおこないをわたしのまえからかくして,げんしゃたちとせいたちのが,もはやかれらについてわたしにうったえることのないようにした。

8 またよ,ガデアンダイのまち,ガデオムナのまち,ヤコブのまち,ギムギムノのまち,これらをすべてしずめ,それらのしょおかたにつくった。また,それらのまちものたちをふかみにめ,かれらのあくまわしいおこないをわたしのまえからかくして,げんしゃたちとせいたちのが,もはやかれらについてわたしにうったえることのないようにした。

9 またよ,ヤコブおうたみんでいたあのおおきなまちヤコブガスを,ぜんのどんなあくおよばないかれらのつみあくのゆえに,またかれらのあんさつみつけっしゃのゆえに,わたしはかせた。わたしのたみへいやぶり,くにせいほろぼしたのはかれらである。したがって,わたしはかれらをかせ,わたしのまえからかれらをほろぼしてげんしゃたちとせいたちのが,もはやかれらについてわたしにうったえることのないようにした。

10 またよ,レーマンのまちと,ヨシのまちと,ガドのまちと,キシクメンのまちと,それらのまちものたちを,わたしはかせた。かれらがげんしゃたちをすというあく,またかれらのあくまわしいおこないのことをかれらにげさせるために,わたしがつかわしたものたちにいしげつけるというあくおこなったからである。

11 かれらがげんしゃたちをすべてし,かれらのなか一人ひとりじんがいなくなったので,わたしはくだしてかれらをほろぼし,かれらのあくまわしいおこないがわたしのまえからかくされて,わたしがかれらのなかつかわしたげんしゃたちとせいたちのが,からさけんでかれらについてわたしにうったえることのないようにした。

12 わたしは,おおくのひどいかいがこのとここにものたちにおよぶようにさせたが,それはかれらのあくまわしいおこないのゆえである。

13 おお,かれらよりもにかなっているために,いのちたすけられているすべてのものよ。わたしがあなたがたをいやことができるように,いまあなたがたはわたしにかえり,ぶんつみあらため,こころあらためようとしているか。

14 まことに,あなたがたにう。あなたがたは,わたしのもとにるならばえいえんいのちるであろう。よ,わたしのあわれみのうではあなたがたにけてべられている。わたしはものをだれでもれよう。わたしのもとにものさいわいである。

15 よ,わたしはかみイエス・キリストである。わたしはてんとそのなかにあるばんぶつそうぞうした。わたしははじめからちちとともにいた。わたしはちちにおりちちはわたしにおられる。そして,わたしによってちちえいこうけられた。

16 わたしはぶんたみのところにたのに,たみはわたしをれなかった。わたしのらいりんかんするせいぶんじょうじゅしている。

17 わたしをれたものに,わたしはかみとなることをゆるした。わたしのしんじるものにもどうようにしよう。よ,わたしによってあがなのうになっており,またわたしによってモーセのりっぽうじょうじゅしている。

18 わたしはひかりでありいのちである。わたしはアルパでありオメガであり,はじめでありわりである。

19 あなたがたは,もはやながすことをわたしへのささげものとしてはならない。あなたがたのせいはんさいりやめなさい。わたしはこれから,あなたがたのせいはんさいれないからである。

20 あなたがたはくだかれたこころいるれいを,せいとしてわたしにささげなさい。くだかれたこころいるれいをもってわたしのもとにものに,わたしはレーマンじんさずけたように,せいれいによってバプテスマさずけよう。レーマンじんかいしんしたときにわたしをしんじたので,せいれいによるバプテスマをけた。しかし,かれらはそれをらなかった。

21 よ,わたしは,あがないをもたらし,ひとびとつみからすくうためにた。

22 それゆえ,あらためておさなのようにわたしのもとにものを,わたしはだれでもれよう。かみおうこくはこのようなものくにである。よ,このようなもののために,わたしはぶんいのちふたたびそれをた。それゆえ,てにいたひとびとよ,あらため,わたしのもとにすくわれなさい。」