ニーファイ第一書 15
    脚注

    第​15​章

    リーハイ​の​そん​は、まつじつ​に​ほうじん​から​ふくいん​を​ける。イスラエル​の​しゅうごう​は、オリーブ​の​​に​もと​の​ぜん​の​えだ​が​ぎ​もどされる​こと​に​たとえられる。ニーファイ、いのち​の​​の​げん​を​かし、また​じん​と​あくにん​を​ける​かみ​の​せい​に​ついて​かたる。げんぜんやく​六百​ねん​から​五百九十二​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​は、たま​に​れ​られて​じょう​の​こと​を​すべて​て​から、ちち​の​てんまく​に​かえって​た。

    2 ​そこで​あに​たち​に​う​と、かれら​は​ぜん​に​ちち​が​はなした​こと​に​ついて​あらそって​いた。

    3 ちち​は​まことに​だい​な​こと​を​おおく​あに​たち​に​かたった​が、それ​は​しゅ​に​たずねない​かぎり​かい​し​にくい​こと​で​あった。あに​たち​は、こころ​が​かたくな​で​あった​ので、とうぜん​なす​べき​こと​で​は​あった​が、しゅ​を​あおぎ​る​こと​を​しなかった。

    4 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、あに​たち​の​こころ​が​かたくな​で​あった​ため​に、また​いままで​いろいろ​な​こと​を​て​きた​ため​に​かなしく​おもった。わたし​は、ひと​の​ら​の​おかす​おおきな​あく​の​ため​に、それら​の​こと​が​ちがい​なく​こる​こと​を​った​の​で​ある。

    5 ​そして​わたし​は、わたし​の​たみ​が​たおれる​の​を​た​ので、かれら​の​めつぼう​の​ため​に​ぶん​の​なやみ​が​なに​に​も​して​おおきく​おもわれて、その​なやみ​の​ため​に​あっとう​されて​しまった。

    6 ​そして​そののち、わたし​は​ちから​を​もどす​と、あらそい​の​わけ​を​りたい​と​おもい、あに​たち​に​たずねた。

    7 ​すると​あに​たち​は、「よ、ちち​が​オリーブ​の​​の​もと​の​ぜん​の​えだ​と​ほうじん​に​ついて​かたった​が、その​​が​からない」と​こたえた。

    8 ​それで​わたし​は​かれら​に、「あなたがた​は​しゅ​に​たずねた​の​です​か」と​った。

    9 ​すると​かれら​は、「しゅ​に​たずねて​は​いない。しゅ​は​こんな​こと​を​我々われわれ​に​あきらか​に​して​くださらない​から​だ」と​こたえた。

    10 よ、わたし​は​かれら​に​った。「どうして​あなたがた​は、しゅ​の​いましめ​を​まもろう​と​しない​の​です​か。なぜ​こころ​を​​かたくな​に​して​ほろび​を​まねこう​と​する​の​です​か。

    11 しゅ​が​われた​こと​を​おぼえて​いない​の​です​か。しゅ​は、『もし​あなたがた​が​こころ​を​かたくな​に​せず、わたし​の​いましめ​を​熱心ねっしん​に​まもり​ながら、こたえ​を​あたえられる​と​しんじて​しんこう​を​もって​わたし​に​もとめれば、これら​の​こと​は​かならず​あなたがた​に​あきらか​に​される』​と​われ​ました。

    12 ​まことに、わたし​は​あなたがた​に​い​ます。ちち​は、ぶん​に​宿やどった​しゅ​の​たま​に​よって、イスラエル​の​いえ​を​オリーブ​の​​に​たとえ​ました。まことに、わたしたち​は、イスラエル​の​いえ​から​り​られた​もの​で​は​あり​ません​か。イスラエル​の​いえ​の​ひとえだ​で​は​あり​ません​か。

    13 ​ところで​わたしたち​の​ちち​は、ほうじん​が​ちみちる​めぐみ​に​あずかる​こと​に​よって、もと​の​ぜん​の​えだ​が​ぎ​もどされる​こと​に​ついて​かたり​ました​が、それ​は、​メシヤ​が​ひと​の​ら​に​にくたい​を​もって​姿すがた​を​あらわされた​のち​に、わたしたち​の​そん​が​まことに​ながい​あいだ、しかも​おおく​の​だい​に​わたって​しんこう​に​おちいる​よう​に​なった​まつじつ​に​おいて、メシヤ​の​完全かんぜん​な​ふくいん​が​ほうじん​に​あたえられ、いで​ほうじん​から​わたしたち​の​そん​の​のこり​の​もの​に​つたえられる​よう​に​なる​と​いう​こと​です。

    14 ​その​、わたしたち​の​そん​の​のこり​の​もの​は、ぶん​たち​が​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​しゅ​の​せいやく​の​たみ​で​ある​こと​を​る​でしょう。それから​かれら​は、ぶん​たち​の​せん​の​こと​を​って​かい​する​よう​に​なり、また​かれら​の​あがなぬし​に​よって​せん​に​あたえられた​あがなぬし​の​ふくいん​も​かい​する​よう​に​なる​でしょう。この​よう​に​して、かれら​は​あがなぬし​と​その​きょう​の​くわしい​てん​に​ついて​かい​する​よう​に​なり、どう​すれ​ば​あがなぬし​の​みもと​に​かえって​すくい​を​られる​か​を​る​の​です。

    15 ​その​かれら​は​ぶん​たち​の​いわ​で​あり​すくい​で​ある​永遠えいえん​の​かみ​を​よろこび、さん​せず​に​いられる​でしょう​か。まことに​その​、まこと​の​​ぶどう​の​​から​ちから​と​やしない​を​けないで​いられる​でしょう​か。まことに、かみ​の​まこと​の​ひつじ​の​れ​に​はいらないで​いられる​でしょう​か。

    16 ​まことに、わたし​は​あなたがた​に​い​ます。そう​です。かれら​は​イスラエル​の​いえ​の​なか​で​ふたたび​おぼえられ、また​オリーブ​の​​の​もと​の​ぜん​の​えだ​で​ある​ので、まこと​の​オリーブ​の​​に​ぎ​もどされる​の​です。

    17 ​これ​が、わたしたち​の​ちち​が​おう​と​した​こと​です。また​ちち​は、この​こと​は​かれら​が​ほうじん​に​よって​らされる​まで​こらない​と​って​います。また​ちち​は、この​こと​が​ほうじん​を​とおして​こり、しゅ​が​ユダヤじん、すなわち​イスラエル​の​いえ​に​よって​こばまれる​ので、しゅ​が​ぶん​の​ちから​を​ほうじん​に​あらわされる​ため​に​それ​が​こる​と​って​います。

    18 ​それで​ちち​は、まつじつ​に​じょうじゅ​する​せいやく​に​ついて​れ​ながら、わたしたち​の​そん​の​こと​だけ​で​なく、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​ついて​も​かたった​の​です。その​せいやく​と​は、しゅ​が​わたしたち​の​せん​アブラハム​に​てられた​もの​で、しゅ​は、『あなた​の​そん​に​より、​の​すべて​の​ぞく​は​しゅくふく​を​ける​で​あろう』​と​われ​ました。」

    19 ​さて、わたし​ニーファイ​は、これら​の​こと​に​ついて​あに​たち​に​たくさん​の​こと​を​かたった。まことに、わたし​は​まつじつ​に​おける​ユダヤじん​の​回復かいふく​に​ついて、かれら​に​かたった​の​で​あった。

    20 ​そして​わたし​は、​イザヤ​の​こと​を​あに​たち​に​くわしく​べた。イザヤ​は​ユダヤじん、すなわち​イスラエル​の​いえ​の​回復かいふく​に​ついて​かたり、また、かれら​が​回復かいふく​されて​から​は​もう​みだされる​こと​も​なければ、ふたたび​らされる​こと​も​ない、と​かたって​いる。そして、わたし​が​あに​たち​に​おおく​の​こと​を​べた​ので、あに​たち​は​こころ​が​やわらいで​しゅ​の​まえ​に​​へりくだった。

    21 ​そして、あに​たち​は​ふたたび​わたし​に、「ちち​が​ゆめ​の​なか​で​た​こと​は​なに​を​​する​の​か。ちち​の​た​​は​なに​を​​する​の​か」と​った。

    22 ​それで​わたし​は、「その​​は​いのち​の​​を​あらわす​もの​です」と​った。

    23 ​すると​あに​たち​は、「あの​​の​ところ​に​つうじて​いる、ちち​が​た​てつ​の​ぼう​は​なに​を​​する​の​か」と​った。

    24 ​わたし​は​あに​たち​に、それ​は​かみ​の​こと​で​あって、だれでも​かみ​の​こと​に​き​したがって、それ​に​​しっかり​つかまる​もの​は、けっして​ほろびる​こと​が​なく、また​敵対てきたい​する​もの​の​ゆうわく​や​​の​​も、かれら​を​やぶって​もうもく​と​し、ほろび​に​いたらせる​こと​は​ない​と​った。

    25 ​わたし​ニーファイ​は、しゅ​の​こと​を​こころ​に​める​よう​に​あに​たち​に​すすめた。まことに、わたし​は​あに​たち​が​かみ​の​こと​を​こころ​に​めて、何事なにごと​に​おいて​も​つねに​かみ​の​いましめ​を​まもる​こと​を​おぼえる​よう​に、ぜん精力せいりょく​を​かたむけ、のうりょく​の​かぎり​を​くして​あに​たち​に​すすめた。

    26 ​すると、かれら​は​わたし​に、「ちち​の​た​みず​の​ながれて​いる​かわ​は​なに​を​​する​の​か」と​った。

    27 ​わたし​は、ちち​の​た​みず​は​けがれ​で​ある​が、ちち​は​こころ​を​ほか​の​ものごと​に​うばわれて​いて、みず​の​けがれ​は​えなかった​と​った。

    28 ​また​わたし​は、それ​は​あくにん​を​いのち​の​​や​かみ​の​せい​から​へだてて​いる​おそろしい​ふち​で​ある​と​かれら​に​った。

    29 ​そして、それ​は​あくにん​の​ため​に​よう​されて​いる​と​てん使​が​かたった​あの​おそろしい​ごく​を​あらわして​いる​と、わたし​は​かれら​に​った。

    30 ​また、かみ​の​せい​も​あくにん​を​じん​から​へだてて​おり、それ​を​ちち​も​た​と、わたし​は​かれら​に​った。その​かがやき​は、とこしえ​に​いつまで​も​かみ​に​かって​のぼる、える​​の​かがやき​の​よう​で​あった。

    31 ​すると​あに​たち​は​わたし​に​った。「いまった​こと​は、この​ためし​の​生涯しょうがい​で​にくたい​が​ける​つう​を​す​の​か、または​にくたい​が​んで​から​のち​の、れい​の​さい​の​じょうたい​を​す​の​か、それとも​げん​の​こと​を​いう​の​か。」

    32 ​そこで​わたし​は、それ​は​げん​の​こと​に​も​霊的れいてき​な​こと​に​も​かかわる​こと​を​あらわして​いる​と​った。それ​は、あに​たち​が​ぶん​の​なした​おこない、すなわち、ためし​の​生涯しょうがい​に​おいて​にくたい​を​もって​なした​おこない​に​よって​さばかれ​なければ​ならない​​が、かならず​る​から​で​ある。

    33 ​したがって、もし​かれら​が​じゃあく​な​まま​で​ぬ​なら​ば、かれら​は​​に​かかわる​霊的れいてき​な​こと​から​も​てられ​なければ​ならない。したがって、かれら​は​ぶん​の​おこない​に​ついて​さばき​を​ける​ため​に、かみ​の​まえ​に​され​なければ​ならない。そして、もし​かれら​の​おこない​が​けがれて​いる​なら​ば、かれら​は​かならず​けがれて​いる​に​ちがいない。もし​かれら​が​けがれて​いる​なら​ば、けっして​かみ​の​おうこく​に​む​こと​は​できない。もし​かれら​が​める​と​したら、かみ​の​おうこく​も​また​けがれて​いる​に​ちがいない。

    34 「しかし​まことに、わたし​は​あなたがた​に​い​ます。かみ​の​おうこく​は​けがれて​は​いません。きよくない​もの​は、どの​よう​な​もの​で​も​かみ​の​おうこく​に​はいる​こと​が​できない​の​です。したがって、けがれた​もの​の​ため​に​は、けがれた​もの​の​しょ​が​かならず​よう​して​あり​ます。

    35 じつよう​された​しょ​が​一つ​あり​ます。まことに、それ​は​わたし​が​はなした​あの​おそろしい​ごく​で、それ​を​よう​した​の​は​あく​です。ですから、ひと​の​さい​の​じょうたい​は、かみ​の​おうこく​に​む​か、そう​で​なければ、わたし​が​はなした​あの​せい​に​よって​される​か​の​どちら​か​です。

    36 ​したがって、あくにん​は​じん​から​こばまれ、また​いのち​の​​から​も​こばまれ​ます。その​いのち​の​​の​​は​じょう​に​とうとく、ほか​の​あらゆる​​より​も​このましい​もの​で、また​それ​は、かみ​の​あらゆる​賜物たまもの​の​なか​で​もっとも​おおいなる​もの​です。」わたし​は​この​よう​に​あに​たち​に​かたった。アーメン。