モルモン書 7
    脚注

    第​7​章

    モルモン、まつじつ​の​レーマンじん​に、キリスト​を​しんじ、キリスト​の​ふくいん​を​れて​すくわれる​よう​に​すすめる。『せいしょ』​を​しんじる​もの​は​すべて、『モルモンしょ』​も​しんじる​で​あろう。げんやく​三百八十五​ねん

    1 ​さて​よ、わたし​は​いのち​を​たすけられて​いる​この​たみ​の​のこり​の​もの​に、もしも​かみ​が​わたし​の​こと​を​かれら​に​つたえて​くださる​なら​ば、かれら​が​ぶん​たち​の​せん​の​こと​に​ついて​る​こと​が​できる​よう​に、少々しょうしょうべたい。イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの​よ、わたし​は​あなたがた​に​べる。わたし​が​げる​こと​は​つぎ​の​とおり​で​ある。

    2 ​あなたがた​は、ぶん​が​​イスラエル​の​いえ​に​ぞくして​いる​こと​を​り​なさい。

    3 ​あなたがた​は、あらため​なければ​すくわれない​こと​を​り​なさい。

    4 ​を​て、もはや​​を​ながす​こと​を​よろこび​と​せず、かみ​から​めいじられる​の​で​なければ、​と​​を​って​は​ならない​こと​を​り​なさい。

    5 せん​に​ついて​り、すべて​の​つみ​と​​を​あらため、イエス・​キリスト​を​しんじ​なければ​ならない​こと​を​り​なさい。イエス・​キリスト​は​かみ​の​おん​で​あり、また​イエス・​キリスト​は​ユダヤじん​に​よって​ころされ、御父おんちち​の​ちから​に​よって​ふたたび​よみがえって​はか​に​たいして​しょう​を​られた。そして、​の​とげ​は​イエス・​キリスト​に​のまれて​しまった。

    6 ​そして、イエス・​キリスト​は​しゃ​の​ふっかつ​を​もたらされる。したがって、ひと​は​よみがえって​イエス・​キリスト​の​さばき​の​​の​まえ​に​たなければ​ならない。

    7 ​そして、イエス・​キリスト​は​​の​あがない​を​もたらされた。その​ため、さばき​の​​に​イエス・​キリスト​の​まえ​に​つみ​が​ない​と​みとめられる​もの​は、かみ​の​おうこく​で​かみ​の​まえ​に​み、てん​の​せいたい​と​ともに、​一つ​の​かみ​で​ある​御父おんちち​と​おん​と​聖霊せいれい​に、​ない​さん​の​うた​を​うたう​こと​を​ゆるされ、けっして​わり​の​ない​こうふく​な​じょうたい​に​いる​こと​が​できる。

    8 ​だから、あらため、イエス​の​​に​よって​バプテスマ​を​け、キリスト​の​ふくいん​を​​に​しなさい。キリスト​の​ふくいん​は​この​ろく​だけ​で​なく、​ユダヤじん​から​ほうじん​に​つたわり、ほうじん​から​​あなたがた​に​つたわる​ろく​に​よって​も​あなたがた​に​らされる​で​あろう。

    9 よ、​この​ろく​を​しるして​いる​の​は、ユダヤじん​から​つたわる​ろく​を​あなたがた​に​しんじ​させる​ため​で​ある。また、あなたがた​は​それ​を​しんじる​なら​ば、これ​も​しんじる​で​あろう。そして、もし​これ​を​しんじる​なら​ば、あなたがた​の​せん​に​ついて​り、また​せん​の​なか​で​かみ​の​ちから​に​よって​おこなわれた​おどろく​べき​わざ​に​ついて​も​る​よう​に​なる​で​あろう。

    10 ​また​あなたがた​は、ぶん​が​ヤコブ​の​そん​の​のこり​の​もの​で​あり、その​ため​に​さいしょ​の​せいやく​の​たみ​の​なか​に​かぞえられる​と​いう​こと​も​る​よう​に​なる​で​あろう。もし​あなたがた​が​キリスト​を​しんじて、わたしたち​の​すくぬし​の​はん​に​したがって、すくぬし​が​わたしたち​に​めいじられた​とおり​に​まず​みず​で​バプテスマ​を​け、つぎ​に​​と​聖霊せいれい​に​よって​バプテスマ​を​ける​なら​ば、あなたがた​は​さばき​の​​に​さいわい​を​る​で​あろう。アーメン。

    True