ヤコブの手紙1
    脚注
    Theme

    ヤコブの手紙てがみ

    第1章

    1 かみしゅイエス・キリストとのしもべヤコブから、離散りさんしている十二部族ぶぞく人々ひとびとへ、あいさつをおくる。

    2 わたしの兄弟きょうだいたちよ。あなたがたが、いろいろな試錬しれんった場合ばあい、それをむしろ非常ひじょうよろこばしいこととおもいなさい。

    3 あなたがたのっているとおり、信仰しんこうがためされることによって、忍耐にんたいされるからである。

    4 だから、なんら欠点けってんのない、完全かんぜんな、できがったひととなるように、その忍耐力にんたいりょく十分じゅうぶんはたらかせるがよい。

    5 あなたがたのうち、知恵ちえ不足ふそくしているものがあれば、そのひとは、とがめもせずにしみなくすべてのひとあたえるかみに、ねがもとめるがよい。そうすれば、あたえられるであろう。

    6 ただ、うたがわないで、信仰しんこうをもってねがもとめなさい。うたがひとは、かぜくままにうごうみなみている。

    7 そういうひとは、しゅからなにかをいただけるもののようにおもうべきではない。

    8 そんな人間にんげんは、二心ふたごころものであって、そのすべての行動こうどう安定あんていがない。

    9 ひく身分みぶん兄弟きょうだいは、自分じぶんたかくされたことをよろこびなさい。

    10 また、んでいるものは、自分じぶんひくくされたことをよろこぶがよい。んでいるものは、草花くさばなのようにるからである。

    11 たとえば、太陽たいようのぼって熱風ねっぷうをおくると、くさらす。そしてそのはなち、そのうつくしい姿すがたえうせてしまう。それとおなじように、んでいるものも、その一生いっしょうたびなかばで没落ぼつらくするであろう。

    12 試錬しれんしのひとは、さいわいである。それをしのびとおしたなら、かみあいするものたちに約束やくそくされたいのちのかんむりけるであろう。

    13 だれでも誘惑ゆうわく場合ばあい、「この誘惑ゆうわくは、かみからきたものだ」とってはならない。かみあく誘惑ゆうわくおちいるようなかたではなく、またみずかすすんでひと誘惑ゆうわくすることもなさらない。

    14 ひと誘惑ゆうわくおちいるのは、それぞれ、よくかれ、さそわれるからである。

    15 よくがはらんでつみみ、つみじゅくしてす。

    16 あいする兄弟きょうだいたちよ。おもちがいをしてはいけない。

    17 あらゆるおくもの、あらゆる完全かんぜん賜物たまものは、うえから、ひかりちちからくだってる。ちちには、変化へんかとか回転かいてんかげとかいうものはない。

    18 ちちは、わたしたちを、いわば造物ぞうぶつ初穂はつほとするために、真理しんり言葉ことばによって御旨みむねのままに、してくださったのである。

    19 あいする兄弟きょうだいたちよ。このことをっておきなさい。ひとはすべて、くにはやく、かたるにおそく、いかるにおそくあるべきである。

    20 ひといかりは、かみまっとうするものではないからである。

    21 だから、すべてのけがれや、はなはだしいあくって、こころえつけられている御言みことばを、すなおにれなさい。御言みことばには、あなたがたのたましいをすくちからがある。

    22 そして、御言みことばおこなひとになりなさい。おのれをあざむいて、ただくだけのものとなってはいけない。

    23 おおよそ御言みことばくだけでおこなわないひとは、ちょうど、自分じぶんうまれつきのかおかがみうつしてひとのようである。

    24 かれ自分じぶんうつしててそこからると、そのとたんに、自分じぶん姿すがたがどんなであったかをわすれてしまう。

    25 これにはんして、完全かんぜん自由じゆう律法りっぽう一心いっしんつめてたゆまないひとは、いてわすれてしまうひとではなくて、実際じっさいおこなひとである。こういうひとは、そのおこないによって祝福しゅくふくされる。

    26 もしひと信心しんじんぶかものだと自任じにんしながら、したせいすることをせず、自分じぶんこころあざむいているならば、そのひと信心しんじんはむなしいものである。

    27 ちちなるかみのみまえにきよけがれのない信心しんじんとは、こまっている孤児こじや、やもめを見舞みまい、みずからはけがれにまずに、きよたもつことにほかならない。