ヤコブの手紙3
戻る 次へ


第3章

1 わたしの兄弟きょうだいたちよ。あなたがたのうちおおくのものは、教師きょうしにならないがよい。わたしたち教師きょうしが、ひとたちよりも、もっときびしいさばきをけることが、よくわかっているからである。

2 わたしたちはみなおおくのあやまちをおかすものである。もし、言葉ことばうえであやまちのないひとがあれば、そういうひとは、全身ぜんしんをもせいぎょすることのできる完全かんぜんひとである。

3 うまぎょするために、そのくちにくつわをはめるなら、その全身ぜんしんきまわすことができる。

4 またふねるがよい。船体せんたい非常ひじょうおおきく、またはげしいかぜきまくられても、ごくちいさなかじ一つで、操縦者そうじゅうしゃおもいのままに運転うんてんされる。

5 それとおなじく、したちいさな器官きかんではあるが、よく大言壮語たいげんそうごする。よ、ごくちいさなでも、非常ひじょうおおきなもりやすではないか。

6 したである。不義ふぎ世界せかいである。したは、わたしたちの器官きかんの一つとしてそなえられたものであるが、全身ぜんしんけがし、生存せいぞん車輪しゃりんやし、みずからは地獄じごくかれる。

7 あらゆる種類しゅるいけものとりうもの、うみ生物せいぶつは、すべて人類じんるいせいせられるし、またせいせられてきた。

8 ところが、したせいしうるひとは、ひとりもいない。それは、せいしにくいあくであって、どくちている。

9 わたしたちは、このしたちちなるしゅをさんびし、また、そのおなしたで、かみにかたどってつくられた人間にんげんをのろっている。

10 おなくちから、さんびとのろいとがる。わたしの兄弟きょうだいたちよ。このようなことは、あるべきでない。

11 いずみが、あまみずにがみずとを、おなあなからふきすことがあろうか。

12 わたしの兄弟きょうだいたちよ。いちじくのがオリブのむすび、ぶどうのがいちじくのむすぶことができようか。塩水しおみずも、あまみずすことはできない。

13 あなたがたのうちで、知恵ちえがありものわかりのよいひとは、だれであるか。そのひとは、知恵ちえにかなう柔和にゅうわおこないをしていることを、よい生活せいかつによってしめすがよい。

14 しかし、もしあなたがたのこころなかに、苦々にがにがしいねたみや党派心とうはしんをいだいているのなら、ほこたかぶってはならない。また、真理しんりにそむいていつわってはならない。

15 そのような知恵ちえは、うえからくだってきたものではなくて、につくもの、にくぞくするもの、悪魔あくまてきなものである。

16 ねたみと党派心とうはしんとのあるところには、混乱こんらんとあらゆるむべき行為こういとがある。

17 しかしうえからの知恵ちえは、だい一にきよく、つぎ平和へいわ寛容かんよう温順おんじゅんであり、あわれみととにち、かたよりず、いつわりがない。

18 は、平和へいわつくりだひとたちによって、平和へいわのうちにまかれるものである。