創世記六
    脚注

    第六章

    ひとのおもてにふえはじめて、むすめたちがかれらにうまれたとき

    かみたちはひとむすめたちのうつくしいのをて、自分じぶんこのものつまにめとった。

    そこでしゅわれた、「わたしのれいはながくひとなかにとどまらない。かれにくにすぎないのだ。しかし、かれとしは百二十ねんであろう」。

    そのころ、またそののちにも、にネピリムがいた。これはかみたちがひとむすめたちのところにはいって、むすめたちにませたものである。かれらはむかし勇士ゆうしであり、有名ゆうめい人々ひとびとであった。

    しゅひとあくにはびこり、すべてそのこころおもいはかることが、いつもわることばかりであるのをられた。

    しゅうえひとつくったのをいて、こころいため、

    「わたしが創造そうぞうしたひとのおもてからぬぐいろう。ひとけものも、うものも、そらとりまでも。わたしは、これらをつくったことをいる」とわれた。

    しかし、ノアはしゅまえめぐみをた。

    ノアの系図けいずつぎのとおりである。ノアはその時代じだい人々ひとびとなかただしく、かつまったひとであった。ノアはかみとともにあゆんだ。

    一〇 ノアはセム、ハム、ヤペテの三にんんだ。

    一一 ときかみまえみだれて、暴虐ぼうぎゃくちた。

    一二 かみられると、それはみだれていた。すべてのひとうえでそのみちみだしたからである。

    一三 そこでかみはノアにわれた、「わたしは、すべてのひとやそうと決心けっしんした。かれらは暴虐ぼうぎゃくたしたから、わたしはかれらをとともにほろぼそう。

    一四 あなたは、いとすぎの箱舟はこぶねつくり、箱舟はこぶねなかにへやをもうけ、アスファルトでそのうちそとをりなさい。

    一五 そのつくかたつぎのとおりである。すなわち箱舟はこぶねながさは三百キュビト、はばは五十キュビト、たかさは三十キュビトとし、

    一六 箱舟はこぶね屋根やねつくり、うえへ一キュビトにそれを仕上しあげ、また箱舟はこぶね戸口とぐちをそのよこもうけて、一かいと二かいと三かいのある箱舟はこぶねつくりなさい。

    一七 わたしはうえ洪水こうずいおくって、いのちいきのあるにくなるものを、みなてんしたからほろぼしる。にあるものは、みなえるであろう。

    一八 ただし、わたしはあなたと契約けいやくむすぼう。あなたはらと、つまと、らのつまたちととも箱舟はこぶねにはいりなさい。

    一九 またすべてのもの、すべてのにくなるもののなかから、それぞれ二つずつを箱舟はこぶねれて、あなたとともにそのいのちたもたせなさい。それらはおすめすとでなければならない。

    二〇 すなわち、とりはその種類しゅるいにしたがいけものはその種類しゅるいにしたがい、またのすべてのうものも、その種類しゅるいにしたがって、それぞれ二つずつ、あなたのところにれて、いのちたもたせなさい。

    二一 また、すべての食物しょくもつとなるものをとって、あなたのところにたくわえ、あなたとこれらのものとの食物しょくもつとしなさい」。

    二二 ノアはすべてかみめいじられたようにした。