創世記四九
    脚注

    第四九章

    ヤコブはそのらをんでった、「あつまりなさい。のちに、あなたがたのうえおこることを、げましょう、

    ヤコブのらよ、あつまってけ。ちちイスラエルのことばをけ。

    ルベンよ、あなたはわが長子ちょうし、わがいきおい、わがちからのはじめ、威光いこうのすぐれたもの権力けんりょくのすぐれたもの

    しかし、みずのようだから、もはや、すぐれたものではありない。あなたはちちゆかのぼってけがした。ああ、あなたはわが寝床ねどこのぼった。

    シメオンとレビとは兄弟きょうだいかれらのつるぎは暴虐ぼうぎゃく武器ぶき

    わがたましいよ、かれらの会議かいぎのぞむな。わがさかえよ、かれらのつどいにつらなるな。かれらはいかりにまかせてひところし、ほしいままに雄牛おうしあしすじった。

    かれらのいかりは、はげしいゆえにのろわれ、かれらのいきどおりは、はなはだしいゆえにのろわれる。わたしはかれらをヤコブのうちにけ、イスラエルのうちにらそう。

    ユダよ、兄弟きょうだいたちはあなたをほめる。あなたのてきのくびをおさえ、ちちらはあなたのまえをかがめるであろう。

    ユダは、ししの。わがよ、あなたは獲物えものをもってのぼってる。かれじしのようにうずくまり、じしのようにせる。だれがこれをおこすことができよう。

    一〇 つえはユダをはなれず、立法りっぽうしゃのつえはそのあしあいだはなれることなく、シロのときまでにおよぶであろう。もろもろのたみかれしたがう。

    一一 かれはそのろばのをぶどうのにつなぎ、そのろばのきぶどうのにつなぐ。かれはその衣服いふくをぶどうしゅあらい、その着物きものをぶどうのしるあらうであろう。

    一二 そのはぶどうしゅによってあかく、そのちちによってしろい。

    一三 ゼブルンはうみべにみ、ふねまるみなととなって、そのさかいはシドンにおよぶであろう。

    一四 イッサカルはたくましいろば、かれひつじのおりのあいだしている。

    一五 かれ定住ていじゅうしとし、そのくにたのしとした。かれはそのかたげてにない、奴隷どれいとなって使つかわれる。

    一六 ダンはおのれのたみをさばくであろう、イスラエルのほかの部族ぶぞくのように。

    一七 ダンはみちのかたわらのへび、みちのほとりのまむし。うまのかかとをかんで、ものをうしろにおとすであろう。

    一八 しゅよ、わたしはあなたのすくいのぞむ。

    一九 ガドには略奪者りゃくだつしゃせまる。しかしかれはかえっててきのかかとにせまるであろう。

    二〇 アセルはその食物しょくもつがゆたかで、おう美味びみをいだすであろう。

    二一 ナフタリははなたれたじか、かれうつくしいじかをむであろう。

    二二 ヨセフはむす若木わかぎいずみのほとりのむす若木わかぎ。そのえだは、かきねをえるであろう。

    二三 ものかれはげしくめ、かれかれをいたくなやました。

    二四 しかしかれゆみはなおつよく、かれうで素早すばやい。これはヤコブの全能者ぜんのうしゃにより、イスラエルのいわなる牧者ぼくしゃにより、

    二五 あなたをたすけるちちかみにより、またうえなるてん祝福しゅくふくしたよこたわるふち祝福しゅくふくぶさとたい祝福しゅくふくをもって、あなたをめぐまれる全能者ぜんのうしゃによる。

    二六 あなたのちち祝福しゅくふく永遠えいえんやま祝福しゅくふくにまさり、永久えいきゅうおか賜物たまものにまさる。これらの祝福しゅくふくはヨセフのかしらにし、その兄弟きょうだいたちのきみたるものあたまいただきする。

    二七 ベニヤミンはかきくおおかみ、あさにその獲物えものらい、ゆうにそのぶん捕物とりものけるであろう」。

    二八 すべてこれらはイスラエルの十二の部族ぶぞくである。そしてこれはかれらのちちかれらにかたり、かれらを祝福しゅくふくしたもので、かれ祝福しゅくふくすべきところにしたがって、かれらおのおのを祝福しゅくふくした。

    二九 かれはまたかれらにめいじてった、「わたしはわがたみくわえられようとしている。あなたがたはヘテびとエフロンのはたけにあるほらあなに、わたしの先祖せんぞたちとともにわたしをほうむってください。

    三〇 そのほらあなはカナンののマムレのひがしにあるマクペラのはたけにあり、アブラハムがヘテびとエフロンからはたけともり、所有しょゆう墓地ぼちとしたもので、

    三一 そこにアブラハムとつまサラとがほうむられ、イサクとつまリベカもそこにほうむられたが、わたしはまたそこにレアをほうむった。

    三二 あのはたけとそのなかにあるほらあなとはヘテの人々ひとびとからったものです」。

    三三 こうしてヤコブはらにめいおわって、あしゆかにおさめ、いきえて、そのたみくわえられた。