創世記43
    脚注
    Theme

    第43章

    1 ききんはそのはげしかった。

    2 かれらがエジプトからたずさえてきた穀物こくもつつくしたときちちかれらにった、「またって、われわれのためにすこしの食糧しょくりょうってきなさい」。

    3 ユダはちちこたえてった、「あのひとはわれわれをきびしくいましめて、おとうと一緒いっしょでなければ、わたしのかおてはならないといました。

    4 もしあなたがおとうとをわれわれと一緒いっしょにやってくださるなら、われわれはくだってって、あなたのために食糧しょくりょうってきましょう。

    5 しかし、もしかれをやられないなら、われわれはくだってきません。あのひとがわれわれに、おとうと一緒いっしょでなければわたしのかおてはならないとったのですから」。

    6 イスラエルはった、「なぜ、もうひとりのおとうとがあるとあのひとって、わたしをくるしめるのか」。

    7 かれらはった、「あのひとがわれわれと一族いちぞくとのことをいただして、ちちはまだきているか、もうひとりのおとうとがあるかとったので、われるままにこたえましたが、そのひとが、おとうとれてこいとおうとは、どうしてることができたでしょう」。

    8 ユダはちちイスラエルにった、「あのをわたしと一緒いっしょにやってくだされば、われわれはってきましょう。そしてわれわれもあなたも、われわれの子供こどもらもきながらえ、まぬかれましょう。

    9 わたしがかれいます。わたしのからかれもとめなさい。もしわたしがかれをあなたのもとにかえって、あなたのまえかなかったら、わたしはあなたにたいして永久えいきゅうつみいましょう。

    10 もしわれわれがこんなにためらわなかったら、いまごろは二ってきたでしょう」。

    11 ちちイスラエルはかれらにった、「それではこうしなさい。このくに名産めいさんうつわれ、たずさくだってそのひとおくものにしなさい。すなわちすこしの乳香にゅうこうすこしのみつ香料こうりょう、もつやく、ふすだしう、あめんどう。

    12 そしてそのうえに、倍額ばいがくぎんってきなさい。またふくろくちかえしてあったぎんってってかえしなさい。たぶんそれはあやまりであったのでしょう。

    13 おとうとれ、って、またそのひとところきなさい。

    14 どうか全能ぜんのうかみがそのひとまえであなたがたをあわれみ、もうひとりの兄弟きょうだいとベニヤミンとを、かえさせてくださるように。もしわたしがうしなわなければならないのなら、うしなってもよい」。

    15 そこでその人々ひとびとおくものり、また倍額ばいがくぎんたずさえ、ベニヤミンをれ、ってエジプトへくだり、ヨセフのまえった。

    16 ヨセフはベニヤミンがかれらとともにいるのをて、いえづかさにった、「この人々ひとびといえれてき、けものをほふって、したくするように。この人々ひとびとひる、わたしと一緒いっしょ食事しょくじをします」。

    17 そのひとはヨセフのったようにして、この人々ひとびとをヨセフのいえれてった。

    18 ところがこの人々ひとびとはヨセフのいえれてかれたのでおそれてった、「はじめのときふくろかえしてあったあのぎんのゆえに、われわれをれたのです。そしてわれわれをおそい、め、とらえて奴隷どれいとし、われわれのろばをもうばうのです」。

    19 かれらはヨセフのいえづかさにちかづいて、いえ入口いりぐちで、った、

    20 「ああ、わがしゅよ、われわれは最初さいしょ食糧しょくりょううためにくだってきたのです。

    21 ところが宿やどってふくろをあけてると、めいめいのぎんふくろくちにあって、ぎんおもさはもとのままでした。それでわれわれはそれをってまいりました。

    22 そして食糧しょくりょううために、ほかのぎんをもってくだってきました。われわれのぎんふくろれたものが、だれであるかはわかりません」。

    23 かれった、「安心あんしんしなさい。おそれてはいけません。そのたからはあなたがたのかみ、あなたがたのちちかみが、あなたがたのふくろれてあなたがたにたまわったのです。あなたがたのぎんはわたしがりました」。そしてかれはシメオンをかれらのところれてきた。

    24 こうしてそのひとはこの人々ひとびとをヨセフのいえみちびき、みずあたえてあしあらわせ、また、ろばに飼葉かいばあたえた。

    25 かれらはそのところ食事しょくじをするのだとき、おくものととのえて、ひるにヨセフのるのをった。

    26 さてヨセフがいえかえってきたので、かれらはそのいえたずさえてきたおくものをヨセフにささげ、して、かれはいした。

    27 ヨセフはかれらの安否あんぴうてった、「あなたがたのちち、あなたがたがさきにはなしていたその老人ろうじん無事ぶじですか。なおきながらえておられますか」。

    28 かれらはこたえた、「あなたのしもべ、われわれのちち無事ぶじで、なおきながらえています」。そしてかれらは、とうをさげてはいした。

    29 ヨセフはをあげておなははであるおとうとベニヤミンをった、「これはあなたがたがまえにわたしにはなしたすえおとうとですか」。またった、「わがよ、どうかかみがあなたをめぐまれるように」。

    30 ヨセフはおとうとなつかしさにこころがせまり、いそいで場所ばしょをたずね、へやにはいっていた。

    31 やがてかれかおあらっててきた。そして自分じぶんせいしてった、「食事しょくじにしよう」。

    32 そこでヨセフはヨセフ、かれらはかれら、陪食ばいしょくのエジプトびとはエジプトびと、と別々べつべつせきいた。エジプトびとはヘブルびとととも食事しょくじすることができなかった。それはエジプトびとのむところであったからである。

    33 こうしてかれらはヨセフのまえに、長子ちょうし長子ちょうしとして、おとうとおとうととしてすわらせられたので、その人々ひとびとたがいおどろいた。

    34 またヨセフのまえから、めいめいのぶんはこばれたが、ベニヤミンのぶんのいずれのものぶんよりも五ばいおおかった。こうしてかれらはみ、ヨセフとともたのしんだ。