創世記4
    脚注

    第4章

    1 ひとはそのつまエバをった。彼女かのじょはみごもり、カインをんでった、「わたしはしゅによって、ひとりのひとた」。

    2 彼女かのじょはまた、そのおとうとアベルをんだ。アベルはひつじものとなり、カインはつちたがやものとなった。

    3 がたって、カインは産物さんぶつってきて、しゅそなものとした。

    4 アベルもまた、そのれのういごとえたものとをってきた。しゅはアベルとそのそなものとをかえりみられた。

    5 しかしカインとそのそなものとはかえりみられなかったので、カインはおおいにいきどおって、かおせた。

    6 そこでしゅはカインにわれた、「なぜあなたはいきどおるのですか、なぜかおせるのですか。

    7 ただしいことをしているのでしたら、かおをあげたらよいでしょう。もしただしいことをしていないのでしたら、つみ門口かどぐちせています。それはあなたをしたもとめますが、あなたはそれをおさめなければなりません」。

    8 カインはおとうとアベルにった、「さあ、野原のはらこう」。かれらがにいたとき、カインはおとうとアベルにちかかって、これをころした。

    9 しゅはカインにわれた、「おとうとアベルは、どこにいますか」。カインはこたえた、「りません。わたしがおとうと番人ばんにんでしょうか」。

    10 しゅわれた、「あなたはなにをしたのです。あなたのおとうとこえつちなかからわたしにさけんでいます。

    11 いまあなたはのろわれてこの土地とちはなれなければなりません。この土地とちくちをあけて、あなたのからおとうとけたからです。

    12 あなたが土地とちたがやしても、土地とちは、もはやあなたのためにむすびません。あなたは地上ちじょう放浪者ほうろうしゃとなるでしょう」。

    13 カインはしゅった、「わたしのばつおもくていきれません。

    14 あなたは、きょう、わたしをのおもてから追放ついほうされました。わたしはあなたをはなれて、地上ちじょう放浪者ほうろうしゃとならねばなりません。わたしを見付みつけるひとはだれでもわたしをころすでしょう」。

    15 しゅはカインにわれた、「いや、そうではない。だれでもカインをころものは七ばい復讐ふくしゅうけるでしょう」。そしてしゅはカインを見付みつけるものが、だれもかれころすことのないように、かれに一つのしるしをつけられた。

    16 カインはしゅまえって、エデンのひがし、ノドのんだ。

    17 カインはそのつまった。彼女かのじょはみごもってエノクをんだ。カインはまちて、そのまちをそのにしたがって、エノクとづけた。

    18 エノクにはイラデがうまれた。イラデのはメホヤエル、メホヤエルのはメトサエル、メトサエルのはレメクである。

    19 レメクはふたりのつまをめとった。ひとりのはアダといい、ひとりのはチラといった。

    20 アダはヤバルをんだ。かれ天幕てんまくんで、家畜かちくもの先祖せんぞとなった。

    21 そのおとうとはユバルといった。かれことふえるすべてのもの先祖せんぞとなった。

    22 チラもまたトバルカインをんだ。かれ青銅せいどうてつのすべての刃物はものきたえるものとなった。トバルカインのいもうとをナアマといった。

    23 レメクはそのつまたちにった、「アダとチラよ、わたしのこえけ、レメクのつまたちよ、わたしの言葉ことばみみかたむけよ。わたしはけるきずのために、ひところし、けるきずのために、わたしは若者わかものころす。

    24 カインのための復讐ふくしゅうが七ばいならば、レメクのための復讐ふくしゅうは七十七ばい」。

    25 アダムはまたそのつまった。彼女かのじょおとこみ、そのをセツとづけてった、「カインがアベルをころしたので、かみはアベルのかわりに、ひとりのをわたしにさづけられました」。

    26 セツにもまたおとこうまれた。かれはそのをエノスとづけた。このとき人々ひとびとしゅはじめた。