創世記37
    脚注
    Theme

    第37章

    1 ヤコブはちち寄留きりゅう、すなわちカナンのんだ。

    2 ヤコブの子孫しそんつぎのとおりである。ヨセフは十七さいとき兄弟きょうだいたちとともひつじれをっていた。かれはまだ子供こどもで、ちちつまたちビルハとジルパとのらとともにいたが、ヨセフはかれらのわるいうわさをちちげた。

    3 ヨセフは年寄としよであったから、イスラエルはのどのよりもかれあいして、かれのためにながそでの着物きものをつくった。

    4 兄弟きょうだいたちはちちがどの兄弟きょうだいよりもかれあいするのをて、かれにくみ、おだやかにかれかたることができなかった。

    5 あるとき、ヨセフはゆめて、それを兄弟きょうだいたちにはなしたので、かれらは、ますますかれにくんだ。

    6 ヨセフはかれらにった、「どうぞわたしがゆめいてください。

    7 わたしたちがはたけなかたばわえていたとき、わたしのたばきてつと、あなたがたのたばがまわりにきて、わたしのたばおがみました」。

    8 すると兄弟きょうだいたちはかれかって、「あなたはほんとうにわたしたちのおうになるのか。あなたは実際じっさいわたしたちをおさめるのか」とって、かれゆめとその言葉ことばのゆえにますますかれにくんだ。

    9 ヨセフはまた一つのゆめて、それを兄弟きょうだいたちにかたってった、「わたしはまたゆめました。つきと十一のほしとがわたしをおがみました」。

    10 かれはこれをちち兄弟きょうだいたちにかたったので、ちちかれをとがめてった、「あなたがたそのゆめはどういうのか。ほんとうにわたしとあなたのははと、兄弟きょうだいたちとがってし、あなたをおがむのか」。

    11 兄弟きょうだいたちはかれをねたんだ。しかしちちはこの言葉ことばこころにとめた。

    12 さて兄弟きょうだいたちがシケムにって、ちちひつじれをっていたとき、

    13 イスラエルはヨセフにった、「あなたの兄弟きょうだいたちはシケムでひつじっているではないか。さあ、あなたをかれらのところへつかわそう」。ヨセフはちちった、「はい、きます」。

    14 ちちかれった、「どうか、って、あなたの兄弟きょうだいたちは無事ぶじであるか、またれは無事ぶじであるかてきて、わたしにらせてください」。ちちかれをヘブロンのたにからつかわしたので、かれはシケムにった。

    15 ひとりのひとかれい、かれをさまよっていたので、そのひとかれたずねてった、「あなたはなにさがしているのですか」。

    16 かれった、「兄弟きょうだいたちをさがしているのです。かれらが、どこでひつじっているのか、どうぞわたしにらせてください」。

    17 そのひとった、「かれらはここをりました。かれらが『ドタンへこう』とうのをわたしはきました」。そこでヨセフは兄弟きょうだいたちのあとをってって、ドタンでかれらにった。

    18 ヨセフがかれらにちかづかないうちに、かれらははるかにヨセフをて、これをころそうとはかり、

    19 たがいった、「あの夢見ゆめみものがやってる。

    20 さあ、かれころしてあなれ、わるけものかれったとおう。そしてかれゆめがどうなるかよう」。

    21 ルベンはこれをいて、ヨセフをかれらのからすくそうとしてった、「われわれはかれいのちってはならない」。

    22 ルベンはまたかれらにった、「ながしてはいけない。かれ荒野あらののこのあなれよう。かれをくだしてはならない」。これはヨセフをかれらのからすくいだしてちちかえすためであった。

    23 さて、ヨセフが兄弟きょうだいたちのもとへくと、かれらはヨセフの着物きものかれていたながそでの着物きものをはぎとり、

    24 かれとらえてあなれた。そのあなはからで、そのなかみずはなかった。

    25 こうしてかれらはすわってパンをべた。ときかれらがをあげてると、イシマエルびとの隊商たいしょうが、らくだに香料こうりょうと、乳香にゅうこうと、もつやくとをわせてエジプトへくだこうとギレアデからやってきた。

    26 そこでユダは兄弟きょうだいたちにった、「われわれがおとうところし、そのかくしてなにえきがあろう。

    27 さあ、われわれはかれをイシマエルびとにろう。かれはわれわれの兄弟きょうだい、われわれのにくだから、かれくだしてはならない」。兄弟きょうだいたちはこれをれた。

    28 ときにミデアンびとの商人しょうにんたちがとおりかかったので、かれらはヨセフをあなからげ、ぎん二十シケルでヨセフをイシマエルびとにった。かれらはヨセフをエジプトへれてった。

    29 さてルベンはあなかえってたが、ヨセフがあななかにいなかったので、かれ衣服いふくき、

    30 兄弟きょうだいたちのもとにかえってった、「あのはいない。ああ、わたしはどこへくことができよう」。

    31 かれらはヨセフの着物きものり、やぎをころして、着物きものをそのひたし、

    32 そのながそでの着物きものちちかえってった、「わたしたちはこれをつけましたが、これはあなたの着物きものか、どうかさだめてください」。

    33 ちちはこれをさだめてった、「わが着物きものだ。わるけものかれったのだ。たしかにヨセフはかみかれたのだ」。

    34 そこでヤコブは衣服いふくき、荒布あらぬのこしにまとって、ながあいだそののためになげいた。

    35 らとむすめらとはみなってかれなぐさめようとしたが、かれなぐさめられるのをこばんでった、「いや、わたしはなげきながら陰府よみくだって、わがのもとへこう」。こうしてちちかれのためにいた。

    36 さて、かのミデアンびとらはエジプトでパロの役人やくにん侍衛じえいちょうポテパルにヨセフをった。