創世記35
    脚注
    Theme

    第35章

    1 ときにかみはヤコブにわれた、「あなたはってベテルにのぼり、そこにんで、あなたがさきにあにエサウのかおけてのがれるとき、あなたにあらわれたかみ祭壇さいだんつくりなさい」。

    2 ヤコブは、その家族かぞくおよびともにいるすべてのものった、「あなたがたのうちにあることなる神々かみがみて、きよめて着物きもの着替きがえなさい。

    3 われわれはってベテルにのぼり、そのところでわたしの苦難くなんにわたしにこたえ、かつわたしのみちともにおられたかみ祭壇さいだんつくろう」。

    4 そこでかれらはっていることなる神々かみがみと、みみにつけている耳輪みみわをことごとくヤコブにあたえたので、ヤコブはこれをシケムのほとりにあるテレビンのしためた。

    5 そしてかれらは、いでったが、おおいなるおそれが周囲しゅうい町々まちまちったので、ヤコブのらのあとをものはなかった。

    6 こうしてヤコブはともにいたすべての人々ひとびと一緒いっしょにカナンのにあるルズ、すなわちベテルにきた。

    7 かれはそこに祭壇さいだんきずき、そのところをエル・ベテルとづけた。かれあにかおけてのがれるときかみがそこでかれあらわれたからである。

    8 ときにリベカのうばデボラがんで、ベテルのしもの、かしのしたほうむられた。これによってそのをアロン・バクテとばれた。

    9 さてヤコブがパダンアラムからかえってきたときかみふたたかれあらわれてかれ祝福しゅくふくされた。

    10 かみかれわれた、「あなたのはヤコブである。しかしあなたのをもはやヤコブとんではならない。あなたのをイスラエルとしなさい」。こうしてかれをイスラエルとづけられた。

    11 かみはまたかれわれた、「わたしは全能ぜんのうかみである。あなたはめよ、またふえよ。一つの国民こくみん、またおおくの国民こくみんがあなたからて、おうたちがあなたのからるであろう。

    12 わたしはアブラハムとイサクとにあたえたを、あなたにあたえよう。またあなたののち子孫しそんにそのあたえよう」。

    13 かみかれかたっておられたその場所ばしょからかれはなれてのぼられた。

    14 そこでヤコブはかみ自分じぶんかたられたその場所ばしょに、一ぽんいしはしらて、そのうえ灌祭かんさいをささげ、またあぶらそそいだ。

    15 そしてヤコブはかみ自分じぶんかたられたその場所ばしょをベテルとづけた。

    16 こうしてかれらはベテルをったが、エフラタにくまでに、なおへだたりのあるところでラケルは産気さんけづき、そのさんおもかった。

    17 その難産なんざんあたって、産婆さんば彼女かのじょった、「心配しんぱいすることはありません。今度こんどおとこです」。

    18 彼女かのじょにのぞみ、たましいろうとするときをベノニとんだ。しかし、ちちはこれをベニヤミンとづけた。

    19 ラケルはんでエフラタ、すなわちベツレヘムのみちほうむられた。

    20 ヤコブはそのはかはしらてた。これはラケルのはかはしらであって、今日こんにちいたっている。

    21 イスラエルはまた、いでってミグダル・エダルのこうに天幕てんまくった。

    22 イスラエルがそのんでいたとき、ルベンはちちのそばめビルハのところへって、これとた。イスラエルはこれをいた。さてヤコブのらは十二にんであった。

    23 すなわちレアのらはヤコブの長子ちょうしルベンとシメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン。

    24 ラケルのらはヨセフとベニヤミン。

    25 ラケルのつかえめビルハのらはダンとナフタリ。

    26 レアのつかえめジルパのらはガドとアセル。これらはヤコブのらであって、パダンアラムでかれうまれたものである。

    27 ヤコブはキリアテ・アルバ、すなわちヘブロンのマムレにいるちちイサクのもとへった。ここはアブラハムとイサクとが寄留きりゅうしたところである。

    28 イサクのとしは百八十さいであった。

    29 イサクは年老としおい、ちていきえ、んで、そのたみくわえられた。そのエサウとヤコブとは、これをほうむった。