聖典
創世記32
戻る 次へ

第32章

1 さて、ヤコブが旅路たびじすすんだとき、かみ使つかいたちがかれった。

2 ヤコブはかれらをて、「これはかみ陣営じんえいです」とって、そのところをマハナイムとづけた。

3 ヤコブはセイルの、エドムのあにエサウのもとに、さきだって使者ししゃをつかわした。

4 すなわちそれにめいじてった、「あなたがたはわたしの主人しゅじんエサウにこういなさい、『あなたのしもべヤコブはこういました。わたしはラバンのもとに寄留きりゅうしていままでとどまりました。

5 わたしはうし、ろば、ひつじ男女だんじょ奴隷どれいっています。それでわがしゅもうげて、あなたのまえめぐみをようとひとをつかわしたのです』」。

6 使者ししゃはヤコブのもとにかえってった、「わたしたちはあなたのあにエサウのもとへきました。かれもまたあなたをむかえようと四百にんひきいてきます」。

7 そこでヤコブはおおいにおそれ、くるしみ、ともにいるたみおよびひつじうし、らくだを二つのくみけて、

8 った、「たとい、エサウがきて、一つのくみっても、のこりのくみはのがれるであろう」。

9 ヤコブはまたった、「ちちアブラハムのかみちちイサクのかみよ、かつてわたしに『おまえのくにかえり、おまえの親族しんぞくけ。わたしはおまえをめぐもう』とわれたしゅよ、

10 あなたがしもべにほどこされたすべてのめぐみとまことをわたしはけるにりないものです。わたしは、つえのほかなにたないでこのヨルダンをわたりましたが、いまは二つのくみにもなりました。

11 どうぞ、あにエサウのからわたしをおすくいください。わたしはかれがきて、わたしをち、はは子供こどもたちにまでおよぶのをおそれます。

12 あなたは、かつて、『わたしはかならずおまえをめぐみ、おまえの子孫しそんうみすなかぞえがたいほどおおくしよう』とわれました」。

13 かれはそのそこに宿やどり、もののうちからあにエサウへのおくものえらんだ。

14 すなわちやぎ二百、やぎ二十、ひつじ二百、雄羊おひつじ二十、

15 ちちらくだ三十とその雌牛めうし四十、雄牛おうし十、ろば二十、ろば十。

16 かれはこれらをそれぞれのれにけて、しもべたちのにわたし、しもべたちにった、「あなたがたはわたしのさきすすみなさい、そしてれとれとのあいだにはへだたりをおきなさい」。

17 また先頭せんとうものめいじてった、「もし、あにエサウがあなたにって『だれのしもべで、どこへくのか。あなたのまえにあるこれらのものはだれのものか』とたずねたら、

18 『あなたのしもべヤコブのもので、わがしゅエサウにおくるおくものです。かれもわたしたちのうしろにおります』といなさい」。

19 かれだい二のものにも、だい三のものにも、またれについてくすべてのものにもめいじてった、「あなたがたがエサウにうときは、おなじようにかれげて、

20 『あなたのしもべヤコブもわれわれのうしろにおります』といなさい」。ヤコブは、「わたしがさきにおくおくものをもってまずかれをなだめ、それから、かれかおよう。そうすれば、かれはわたしをむかえてくれるであろう」とおもったからである。

21 こうしておくものかれ先立さきだってわたり、かれはその宿営しゅくえいにやどった。

22 かれはそのきて、ふたりのつまとふたりのつかえめと十一にんどもとをれてヤボクのわたしをわたった。

23 すなわちかれらをみちびいてかわわたらせ、またかれものわたらせた。

24 ヤコブはひとりあとにのこったが、ひとりのひとが、夜明よあけまでかれ組打くみうちした。

25 ところでそのひとはヤコブにてないのをて、ヤコブのもものつがいにさわったので、ヤコブのもものつがいが、そのひと組打くみうちするあいだにはずれた。

26 そのひとった、「けるからわたしをらせてください」。ヤコブはこたえた、「わたしを祝福しゅくふくしてくださらないなら、あなたをらせません」。

27 そのひとかれった、「あなたのはなんといますか」。かれこたえた、「ヤコブです」。

28 そのひとった、「あなたはもはやをヤコブとわず、イスラエルといなさい。あなたがかみひととに、ちからあらそってったからです」。

29 ヤコブはたずねてった、「どうかわたしにあなたのらせてください」。するとそのひとは、「なぜあなたはわたしのをきくのですか」とったが、そのところかれ祝福しゅくふくした。

30 そこでヤコブはそのところをペニエルとづけてった、「わたしはかおかおをあわせてかみたが、なおきている」。

31 こうしてかれがペニエルをぎるときかれうえにのぼったが、かれはそのもものゆえにびっこをいていた。

32 そのため、イスラエルのらは今日こんにちまで、もものつがいのうえにあるこしすじべない。かのひとがヤコブのもものつがい、すなわちこしすじにさわったからである。