創世記24
    脚注
    Theme

    第24章

    1 アブラハムはとしすすんで老人ろうじんとなった。しゅはすべてのことにアブラハムをめぐまれた。

    2 さてアブラハムは所有しょゆうのすべてを管理かんりさせていたいえ年長ねんちょうのしもべにった、「あなたのをわたしのもものしたれなさい。

    3 わたしはあなたに天地てんちかみしゅをさしてちかわせる。あなたはわたしがいま一緒いっしょんでいるカナンびとのうちから、むすめをわたしのつまにめとってはならない。

    4 あなたはわたしのくにき、親族しんぞくところって、わたしのイサクのためにつまをめとらなければならない」。

    5 しもべはかれった、「もしそのおんながわたしについてこのることをこのまないときは、わたしはあなたのをあなたの出身しゅっしんかえるべきでしょうか」。

    6 アブラハムはかれった、「わたしのけっしてこうへかえってはならない。

    7 てんかみしゅはわたしをちちいえ親族しんぞくからみちびしてわたしにかたり、わたしにちかって、おまえの子孫しそんにこのあたえるとわれた。しゅは、み使つかいをあなたのまえにつかわされるであろう。あなたはあそこからわたしのつまをめとらねばならない。

    8 けれどもそのおんながあなたについてることをこのまないなら、あなたはこのちかいをかれる。ただわたしのこうへかえってはならない」。

    9 そこでしもべは主人しゅじんアブラハムのもものしたれ、このことについてかれちかった。

    10 しもべは主人しゅじんのらくだのうちから十とうのらくだをってかけた。すなわち主人しゅじんのさまざまのものたずさえ、ってアラム・ナハライムにむかい、ナホルのまちった。

    11 かれはらくだをまちそとの、みず井戸いどのそばにさせた。とき夕暮ゆうぐれで、おんなたちがみずをくみに時刻じこくであった。

    12 かれった、「主人しゅじんアブラハムのかみしゅよ、どうか、きょう、わたしにしあわせをさづけ、主人しゅじんアブラハムにめぐみをほどこしてください。

    13 わたしはいずみのそばにっています。まち人々ひとびとむすめたちがみずをくみにてきたとき、

    14 むすめかって『おねがいです、あなたのみずがめをかたむけてわたしにませてください』とい、むすめこたえて、『おみください。あなたのらくだにもませましょう』とったなら、そのものこそ、あなたがしもべイサクのためにさだめられたものということにしてください。わたしはこれによって、あなたがわたしの主人しゅじんめぐみをほどこされることをりましょう」。

    15 かれがまだおわらないうちに、アブラハムの兄弟きょうだいナホルのつまミルカのベトエルのむすめリベカが、みずがめをかたせててきた。

    16 そのむすめ非常ひじょううつくしく、おとこらぬ処女しょじょであった。彼女かのじょいずみりて、みずがめをたし、がってきたとき

    17 しもべははしって、彼女かのじょってった、「おねがいです。あなたのみずがめのみずすこませてください」。

    18 すると彼女かのじょは「わがしゅよ、おみください」とって、いそいでみずがめを自分じぶんりおろしてかれませた。

    19 ませおわって、彼女かのじょった、「あなたのらくだもみなおわるまで、わたしはみずをくみましょう」。

    20 彼女かのじょいそいでかめのみずみずぶねにあけ、ふたたみずをくみに井戸いどはしってって、すべてのらくだのためにみずをくんだ。

    21 そのかんそのひとしゅかれたび祝福しゅくふくされるか、どうかをろうと、だまって彼女かのじょつめていた。

    22 らくだがおわったとき、そのひとおもはんシケルのきん鼻輪はなわ一つと、おもさ十シケルのきん腕輪うでわ二つをって、

    23 った、「あなたはだれのむすめか、わたしにはなしてください。あなたのちちいえにわたしどものまる場所ばしょがありましょうか」。

    24 彼女かのじょかれった、「わたしはナホルのつまミルカのベトエルのむすめです」。

    25 またかれった、「わたしどもには、わらも、飼葉かいばもたくさんあります。またまる場所ばしょもあります」。

    26 そのひととうげ、しゅはいして、

    27 った、「主人しゅじんアブラハムのかみしゅはほむべきかな。しゅはわたしの主人しゅじんにいつくしみと、まこととをしまれなかった。そしてしゅたびにあるわたしを主人しゅじん兄弟きょうだいいえみちびかれた」。

    28 むすめはしってって、ははいえのものにこれらのことげた。

    29 リベカにひとりのあにがあって、をラバンといった。ラバンはいずみのそばにいるそのひとところはしってった。

    30 かれ鼻輪はなわいもうとにある腕輪うでわとを、またいもうとリベカが「そのひとはわたしにこうった」というのをいて、そのひとところってみると、そのひといずみのほとりで、らくだのそばにっていた。

    31 そこでそのひとった、「しゅ祝福しゅくふくされたひとよ、おはいりください。なぜそとっておられますか。わたしはいえ準備じゅんびし、らくだのためにも場所ばしょ準備じゅんびしておきました」。

    32 そのひといえにはいった。ラバンはらくだのいて、わらと飼葉かいばをらくだにあたえ、またみずあたえてそのひとあしと、その従者じゅうしゃたちのあしあらわせた。

    33 そしてかれまえ食物しょくもつそなえたが、かれった、「わたしは用向ようむきをはなすまではべません」。ラバンはった、「おはなしください」。

    34 そこでかれった、「わたしはアブラハムのしもべです。

    35 しゅはわたしの主人しゅじんおおいに祝福しゅくふくして、おおいなるものとされました。しゅはまたかれひつじうしぎんきん男女だんじょ奴隷どれい、らくだ、ろばをあたえられました。

    36 主人しゅじんつまサラは年老としおいてから、主人しゅじんおとこみました。主人しゅじんはその所有しょゆうみなこれにあたえました。

    37 ところで主人しゅじんはわたしにちかわせていました、『わたしのんでいるのカナンびとのむすめを、わたしのつまにめとってはならない。

    38 おまえはわたしのちちいえ親族しんぞくところって、わたしのつまをめとらなければならない』。

    39 わたしは主人しゅじんいました、『もしそのおんながわたしについてこないときはどういたしましょうか』。

    40 主人しゅじんはわたしにいました、『わたしのつかえているしゅは、み使つかいをおまえと一緒いっしょにつかわして、おまえのたびにさいわいをあたえられるであろう。おまえはわたしの親族しんぞく、わたしのちちいえからわたしのつまをめとらなければならない。

    41 そのとき、おまえはわたしにしたちかいからかれるであろう。またおまえがわたしの親族しんぞくときかれらがおまえにそのむすめあたえないなら、おまえはわたしにしたちかいからかれるであろう』。

    42 わたしはきょう、いずみのところにきていました、『主人しゅじんアブラハムのかみしゅよ、どうかいまわたしのゆくみちにさいわいをあたえてください。

    43 わたしはこのいずみのそばにっていますが、みずをくみにてくるむすめかって、「おねがいです。あなたのみずがめのみずすこませてください」とい、

    44 「おみください。あなたのらくだのためにも、くみましょう」とわたしにうなら、そのむすめこそ、しゅがわたしの主人しゅじんのためにさだめられたおんなということにしてください』。

    45 わたしがこころのうちでそうおわらないうちに、リベカがみずがめをかたせててきて、みずをくみにいずみりたので、わたしは『おねがいです、ませてください』といますと、

    46 彼女かのじょいそいでみずがめをかたからおろし、『おみください。わたしはあなたのらくだにもませましょう』といました。それでわたしはみましたが、彼女かのじょはらくだにもませました。

    47 わたしは彼女かのじょたずねて、『あなたはだれのむすめですか』といますと、『ナホルとそのつまミルカのベトエルのむすめです』とこたえました。そこでわたしは彼女かのじょはな鼻輪はなわをつけ、腕輪うでわをつけました。

    48 そしてわたしはあたまをさげてしゅはいし、主人しゅじんアブラハムのかみしゅをほめたたえました。しゅ主人しゅじん兄弟きょうだいむすめにめとらせようと、わたしをただしいみちみちびかれたからです。

    49 あなたがたが、もしわたしの主人しゅじんにいつくしみと、まことをつくそうとおもわれるなら、そうとわたしにおはなしください。そうでなければ、そうでないとおはなしください。それによってわたしはみぎひだりめましょう」。

    50 ラバンとベトエルはこたえてった、「このことしゅからたことですから、わたしどもはあなたによしあしをうことができません。

    51 リベカがここにおりますかられてって、しゅわれたように、あなたの主人しゅじんつまにしてください」。

    52 アブラハムのしもべはかれらの言葉ことばいて、し、しゅはいした。

    53 そしてしもべはぎんかざりと、きんかざり、および衣服いふくしてリベカにあたえ、そのあにははとにもあたいたか品々しなじなあたえた。

    54 かれ従者じゅうしゃたちはいして宿やどったが、あくるあさかれらがきたとき、しもべはった、「わたしを主人しゅじんのもとにかえらせてください」。

    55 リベカのあにははとはった、「むすめ数日すうじつすくなくとも十、わたしどもとともにいて、それからかせましょう」。

    56 しもべはかれらにった、「しゅはわたしのみちにさいわいをあたえられましたから、わたしをきとめずに、主人しゅじんのもとにかえらせてください」。

    57 かれらはった、「むすめんでいてみましょう」。

    58 かれらはリベカをんでった、「あなたはこのひと一緒いっしょきますか」。彼女かのじょった、「きます」。

    59 そこでかれらはいもうとリベカと、そのうばと、アブラハムのしもべと、その従者じゅうしゃとをおくらせた。

    60 かれらはリベカを祝福しゅくふくして彼女かのじょった、「いもうとよ、あなたは、ちよろずのひとははとなれ。あなたの子孫しそんはそのてきもんれ」。

    61 リベカはって侍女じじょたちとともにらくだにり、そのひとしたがってった。しもべはリベカをれてった。

    62 さてイサクはベエル・ラハイ・ロイからきて、ネゲブのんでいた。

    63 イサクは夕暮ゆうぐれあるいていたが、をあげて、らくだのるのをた。

    64 リベカはをあげてイサクを、らくだからおりて、

    65 しもべにった、「わたしたちにかって、あるいてるあのひとはだれでしょう」。しもべはった、「あれはわたしの主人しゅじんです」。するとリベカは、被衣かずきをおおった。

    66 しもべは自分じぶんがしたことのすべてをイサクにはなした。

    67 イサクはリベカを天幕てんまくれてき、リベカをめとってつまとし、彼女かのじょあいした。こうしてイサクははは死後しごなぐさめをた。