創世記19
    脚注
    Theme

    第19章

    1 そのふたりのみ使つかい夕暮ゆうぐれにソドムにいた。そのときロトはソドムのもんにすわっていた。ロトはかれらをて、ってむかえ、して、

    2 った、「わがしゅよ、どうぞしもべのいえ立寄たちよってあしあらい、おまりください。そしてあさはやきておちください」。かれらはった、「いや、われわれは広場ひろばごします」。

    3 しかしロトがしいてすすめたので、かれらはついにかれところり、いえにはいった。ロトはかれらのためにふるまいをもうけ、たねれぬパンをいてべさせた。

    4 ところがかれらのないうちに、ソドムのまち人々ひとびとは、わかもの老人ろうじんも、たみがみな四方しほうからきて、そのいえかこみ、

    5 ロトにさけんでった、「今夜こんやおまえのところにきた人々ひとびとはどこにいるか。それをここにしなさい。われわれはかれらをるであろう」。

    6 ロトは入口いりぐちにおるかれらのところき、うしろのじて、

    7 った、「兄弟きょうだいたちよ、どうかわることはしないでください。

    8 わたしにまだおとこらないむすめがふたりあります。わたしはこれをあなたがたに、さししますから、きなようにしてください。ただ、わたしの屋根やねしたにはいったこのひとたちには、なにもしないでください」。

    9 かれらはった、「退しりぞけ」。またった、「このおとこわたってきたよそものであるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、われわれはかれらにくわえるよりも、おまえにおおくのがいくわえよう」。かれらはロトのはげしくせまり、すすってやぶろうとした。

    10 そのとき、かのふたりはべてロトをいえうちれ、じた。

    11 そしていえ入口いりぐちにおる人々ひとびとを、老若ろうにゃくべつなくってをくらましたので、かれらは入口いりぐちさがすのにつかれた。

    12 ふたりはロトにった、「ほかにあなたの身内みうちものがここにおりますか。あなたのむこ、むすこ、むすめおよびこのまちにおるあなたの身内みうちものを、みなここからしなさい。

    13 われわれがこのところほろぼそうとしているからです。人々ひとびとさけびがしゅまえおおきくなり、しゅはこのところほろぼすために、われわれをつかわされたのです」。

    14 そこでロトはって、そのむすめたちをめとるむこたちにげてった、「ってこのところからなさい。しゅがこのまちほろぼされます」。しかしそれはむこたちにはたわむむれごとにおもえた。

    15 けて、み使つかいたちはロトをうながしてった「って、ここにいるあなたのつまとふたりのむすめとをしなさい。そうしなければ、あなたもこのまち不義ふぎのためにほろぼされるでしょう」。

    16 かれはためらっていたが、しゅかれにあわれみをほどこされたので、かのふたりはかれと、そのつまと、ふたりのむすめってし、まちそといた。

    17 かれらをそとしたときそのひとりはった、「のがれて、自分じぶんいのちすくいなさい。うしろをふりかえっててはならない。低地ていちにはどこにもまってはならない。やまにのがれなさい。そうしなければ、あなたはほろびます」。

    18 ロトはかれらにった、「わがしゅよ、どうか、そうさせないでください。

    19 しもべはすでにあなたのまえめぐみをました。あなたはわたしのいのちすくって、おおいなるいつくしみをほどこされました。しかしわたしはやままではのがれることができません。わざわいせまってわたしはぬでしょう。

    20 あのまちをごらんなさい。げていくのにちかく、またちいさいまちです。どうかわたしをそこにのがれさせてください。それはちいさいではありませんか。そうすればわたしのいのちたすかるでしょう」。

    21 使つかいかれった、「わたしはこのことでもあなたのねがいをいれて、あなたのうそのまちほろぼしません。

    22 いそいでそこへのがれなさい。あなたがそこにくまでは、わたしは何事なにごともすることができません」。これによって、そのまちはゾアルとばれた。

    23 ロトがゾアルにいたときうえにのぼった。

    24 しゅ硫黄いおうとをしゅところすなわちてんからソドムとゴモラのうえらせて、

    25 これらのまちと、すべての低地ていちと、その町々まちまちのすべての住民じゅうみんと、そのにはえているものを、ことごとくほろぼされた。

    26 しかしロトのつまはうしろをかえりみたのでしおはしらになった。

    27 アブラハムはあさはやき、さきにしゅまえったところって、

    28 ソドムとゴモラのほう、および低地ていち全面ぜんめんをながめると、そのけむりが、かまどのけむりのようにちのぼっていた。

    29 こうしてかみ低地ていち町々まちまちをこぼたれたとき、すなわちロトのんでいた町々まちまちほろぼされたときかみはアブラハムをおぼえて、そのほろびのなかからロトをすくされた。

    30 ロトはゾアルをのぼり、ふたりのむすめともやまんだ。ゾアルにむのをおそれたからである。かれはふたりのむすめともに、ほらあななかんだ。

    31 ときあねいもうとった、「わたしたちのちちい、またこのにはのならわしのように、わたしたちのところおとこはいません。

    32 さあ、ちちさけませ、ともて、ちちによってのこしましょう」。

    33 彼女かのじょたちはそのちちさけませ、あねがはいってちちともた。ロトはむすめたのも、きたのもらなかった。

    34 あくるあねいもうとった、「わたしは昨夜さくやちちました。わたしたちは今夜こんやもまたちちさけませましょう。そしてあなたがはいってともなさい。わたしたちはちちによってのこしましょう」。

    35 かれらはそのもまたちちさけませ、いもうとってちちともた。ロトはむすめたのも、きたのもらなかった。

    36 こうしてロトのふたりのむすめたちはちちによってはらんだ。

    37 あねむすめみ、そのをモアブとづけた。これはいまのモアブびとの先祖せんぞである。

    38 いもうともまたんで、そのをベニアンミとづけた。これはいまのアンモンびとの先祖せんぞである。