創世記11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 ぜんおな発音はつおんおな言葉ことばであった。

    2 とき人々ひとびとひがしうつり、シナルの平野へいやて、そこにんだ。

    3 かれらはたがいった、「さあ、れんがをつくって、よくこう」。こうしてかれらはいしかわりに、れんがを、しっくいのかわりに、アスファルトをた。

    4 かれらはまたった、「さあ、まちとうとをてて、そのいただきてんとどかせよう。そしてわれわれはげて、ぜんのおもてにるのをまぬかれよう」。

    5 ときしゅくだって、ひとたちのてるまちとうとをて、

    6 われた、「たみは一つで、みなおな言葉ことばである。かれらはすでにこのことをしはじめた。かれらがしようとすることは、もはや何事なにごともとどめないであろう。

    7 さあ、われわれはくだってって、そこでかれらの言葉ことばみだし、たがい言葉ことばつうじないようにしよう」。

    8 こうしてしゅかれらをそこからぜんのおもてにらされたので、かれらはまちてるのをやめた。

    9 これによってそのまちはバベルとばれた。しゅがそこでぜん言葉ことばみだされたからである。しゅはそこからかれらをぜんのおもてにらされた。

    10 セムの系図けいずつぎのとおりである。セムは百さいになって洪水こうずいの二ねんのちにアルパクサデをんだ。

    11 セムはアルパクサデをんでのち、五百ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    12 アルパクサデは三十五さいになってシラをんだ。

    13 アルパクサデはシラをんでのち、四百三ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    14 シラは三十さいになってエベルをんだ。

    15 シラはエベルをんでのち、四百三ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    16 エベルは三十四さいになってペレグをんだ。

    17 エベルはペレグをんでのち、四百三十ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    18 ペレグは三十さいになってリウをんだ。

    19 ペレグはリウをんでのち、二百九ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    20 リウは三十二さいになってセルグをんだ。

    21 リウはセルグをんでのち、二百七ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    22 セルグは三十さいになってナホルをんだ。

    23 セルグはナホルをんでのち、二百ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    24 ナホルは二十九さいになってテラをんだ。

    25 ナホルはテラをんでのち、百十九ねんきて、男子だんし女子じょしんだ。

    26 テラは七十さいになってアブラム、ナホルおよびハランをんだ。

    27 テラの系図けいずつぎのとおりである。テラはアブラム、ナホルおよびハランをみ、ハランはロトをんだ。

    28 ハランはちちテラにさきだって、そのうまれた、カルデヤのウルでんだ。

    29 アブラムとナホルはつまをめとった。アブラムのつまはサライといい、ナホルのつまはミルカといってハランのむすめである。ハランはミルカのちち、またイスカのちちである。

    30 サライはうまずめで、がなかった。

    31 テラはそのアブラムと、ハランのであるまごロトと、アブラムのつまであるよめサライとをれて、カナンのこうとカルデヤのウルをたが、ハランにいてそこにんだ。

    32 テラのとしは二百五さいであった。テラはハランでんだ。