創世記一〇
    脚注

    第一〇章

    ノアのセム、ハム、ヤペテの系図けいずつぎのとおりである。洪水こうずいのちかれらにうまれた。

    ヤペテの子孫しそんはゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メセク、テラスであった。

    ゴメルの子孫しそんはアシケナズ、リパテ、トガルマ。

    ヤワンの子孫しそんはエリシャ、タルシシ、キッテム、ドダニムであった。

    これらから海沿うみぞいの国民こくみんわかれて、おのおのその土地とちにおり、その言語げんごにしたがい、その氏族しぞくにしたがって、その国々くにぐにんだ。

    ハムの子孫しそんはクシ、ミツライム、プテ、カナンであった。

    クシの子孫しそんはセバ、ハビラ、サブタ、ラアマ、サブテカであり、ラアマの子孫しそんはシバとデダンであった。

    クシのはニムロデであって、このニムロデは権力者けんりょくしゃとなった最初さいしょひとである。

    かれしゅまえちからある狩猟者しゅりょうしゃであった。これから「しゅまえちからある狩猟者しゅりょうしゃニムロデのごとし」ということわざがった。

    一〇 かれくに最初さいしょシナルのにあるバベル、エレク、アカデ、カルネであった。

    一一 かれはそのからアッスリヤにて、ニネベ、レホボテイリ、カラ、

    一二 およびニネベとカラとのあいだにあるおおいなるまちレセンをてた。

    一三 ミツライムからルデぞく、アナミぞく、レハビぞく、ナフトぞく

    一四 パテロスぞく、カスルぞく、カフトリぞくた。カフトリぞくからペリシテぞくた。

    一五 カナンからその長子ちょうしシドンがて、またヘテがた。

    一六 そのエブスびと、アモリびと、ギルガシびと、

    一七 ヒビびと、アルキびと、セニびと、

    一八 アルワデびと、ゼマリびと、ハマテびとがた。のちになってカナンびとの氏族しぞくがひろがった。

    一九 カナンびとのさかいはシドンからゲラルをてガザにいたり、ソドム、ゴモラ、アデマ、ゼボイムをて、レシャにおよんだ。

    二〇 これらはハムの子孫しそんであって、その氏族しぞくとその言語げんごとにしたがって、その土地とちと、その国々くにぐににいた。

    二一 セムにもうまれた。セムはエベルのすべての子孫しそん先祖せんぞであって、ヤペテのあにであった。

    二二 セムの子孫しそんはエラム、アシュル、アルパクサデ、ルデ、アラムであった。

    二三 アラムの子孫しそんはウヅ、ホル、ゲテル、マシであった。

    二四 アルパクサデのはシラ、シラのはエベルである。

    二五 エベルにふたりのうまれた。そのひとりのをペレグといった。これはかれたみわかれたからである。そのおとうとをヨクタンといった。

    二六 ヨクタンにアルモダデ、シャレフ、ハザルマウテ、エラ、

    二七 ハドラム、ウザル、デクラ、

    二八 オバル、アビマエル、シバ、

    二九 オフル、ハビラ、ヨバブがうまれた。これらはみなヨクタンのであった。

    三〇 かれらがんだところはメシャからひがし山地さんちセパルにおよんだ。

    三一 これらはセムの子孫しそんであって、その氏族しぞくとその言語げんごとにしたがって、その土地とちと、その国々くにぐににいた。

    三二 これらはノアのらの氏族しぞくであって、血統けっとうにしたがって国々くにぐにんでいたが、洪水こうずいのち、これらから地上ちじょうしょ国民こくみんわかれたのである。