第三ニーファイ 15
    脚注

    第​15​章

    イエス、モーセ​の​りっぽう​が​ぶん​に​よって​じょうじゅ​した​こと​を​げられる。イエス​が​エルサレム​で​われた​​の​ひつじ​と​は、ニーファイじん​の​こと​で​ある。エルサレム​に​いる​しゅ​の​たみ​は、ざいあく​の​ため​に、イスラエル​の​らされた​ひつじ​の​こと​を​らない。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、群衆ぐんしゅう​を​まわして、「よ、あなたがた​は、わたし​が​ちち​の​みもと​に​のぼって​く​まえ​に​おしえた​こと​を​いた。だから、わたし​の​これら​の​こと​を​おぼえて​いて​おこなう​もの​を、わたし​は​わり​の​​に​​よみがえらせよう」と​われた。

    2 ​そして​イエス​は、これら​の​こと​を​べる​と、かれら​の​なか​に、イエス​は​​モーセ​の​りっぽう​を​どう​する​お​つもり​か​と​おどろき​あやしんで​いる​人々ひとびと​が​いる​の​に​づかれた。これら​の​人々ひとびと​は、ふるい​もの​は​って、すべて​の​もの​が​あたらしく​なった​と​いう​こと​の​​を、かい​して​いなかった​から​で​ある。

    3 ​そこで​イエス​は、かれら​に​われた。「わたし​が、ふるい​もの​は​って、すべて​の​もの​が​あたらしく​なった​と​あなたがた​に​った​こと​を、​に​おもって​は​ならない。

    4 よ、あなたがた​に​う。モーセ​に​あたえられた​りっぽう​は​もう​じょうじゅ​して​いる。

    5 よ、その​りっぽう​を​あたえた​の​は​この​​わたし​で​あり、わたし​の​たみ​イスラエル​と​せいやく​した​もの​は​わたし​で​ある。りっぽう​は​わたし​に​よって​じょうじゅ​して​いる。わたし​は​りっぽう​を​じょうじゅ​する​ため​に​た​から​で​ある。したがって、りっぽう​は​わった。

    6 よ、わたし​は、げんしゃ​を​はい​する​こと​は​しない。まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。まだ​わたし​に​よって​じょうじゅ​して​いない​こと​は​すべて、これから​じょうじゅ​する​で​あろう。

    7 ​わたし​は、ふるい​もの​は​った​と​あなたがた​に​った。と​いう​こと​は、将来しょうらい​の​もの​に​ついて​げられて​きた​こと​を、はいして​いない​と​いう​こと​で​ある。

    8 よ、わたし​が​たみ​と​わした​せいやく​は、まだ​すべて​は​じょうじゅ​して​いない​から​で​ある。しかし、モーセ​に​あたえられた​りっぽう​は、わたし​に​よって​じょうじゅ​して​いる。

    9 よ、わたし​は​りっぽう​で​あり、ひかり​で​ある。わたし​に​たより、さい​まで​しのび​なさい。そう​すれ​ば、あなたがた​は​きる​で​あろう。さい​まで​しのぶ​もの​に、わたし​は​永遠えいえん​の​いのち​を​あたえる​から​で​ある。

    10 よ、わたし​は​あなたがた​に​いましめ​を​あたえた​ので、わたし​の​いましめ​を​まもり​なさい。これ​は​りっぽう​で​あり、げんしゃ​で​ある。りっぽう​と​げんしゃ​は、じっさい​に​わたし​に​ついて​あかし​した​から​で​ある。」

    11 ​さて、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ぶん​が​えらんだ​あの​十二​にん​に​かって​われた。

    12 「あなたがた​は​わたし​の​​で​ある。また​あなたがた​は、​ヨセフ​の​いえ​の​のこり​の​もの​で​ある​この​たみ​に​とって​ひかり​で​ある。

    13 よ、この​​は​あなたがた​の​ぎ​の​​で​ある。ちち​は​これ​を​あなたがた​に​あたえて​くださった。

    14 ​この​こと​を、エルサレム​に​いる​あなたがた​の​同胞はらから​に​げる​よう​に、ちち​は​いち​も​わたし​に​めいじられなかった。

    15 ​また​ちち​が、その​​から​みちびき​された​イスラエル​の​いえ​の​​ほか​の​ぞく​に​ついて、かれら​に​げる​よう​に​わたし​に​めいじられた​こと​も、これまで​に​いち​も​ない。

    16 かれら​に​げる​よう​に​と、ちち​が​わたし​に​めいじられた​こと​は​ただ、

    17 『わたし​に​は​また、この​かこい​に​いない​​の​ひつじ​が​ある。わたし​は​かれら​を​も​みちびかねば​ならない。かれら​も​わたし​の​こえ​に​き​したがう​で​あろう。そして、ついに​一つ​の​れ、ひと​の​ひつじい​と​なる​で​あろう』​と​いう​こと​だけ​で​ある。

    18 ​ところが、かれら​は​ごうじょう​で​あり、しんこう​で​あった​ので、わたし​の​こと​を​かい​しなかった。そこで、この​こと​に​ついて​それ​じょうかれら​に​わない​よう​に、わたし​は​ちち​から​めいじられた。

    19 ​しかし​まことに、わたし​は​あなたがた​に​う。ちち​から​めいじられた​ので、わたし​は​あなたがた​に​げる。かれら​が​ざいあく​を​おかした​ため​に、あなたがた​は​かれら​から​けられた。だから、かれら​が​あなたがた​の​こと​を​らない​の​は、かれら​の​ざいあく​の​ため​で​ある。

    20 ​まことに、もう​いち​あなたがた​に​う。ちち​は​ほか​に​も​かれら​から​いくつ​か​の​ぞく​を​けられた。かれら​が​それら​の​ぞく​の​こと​を​らない​の​は、かれら​の​ざいあく​の​ため​で​ある。

    21 ​まことに、あなたがた​に​う。『わたし​に​は、この​かこい​に​いない​​の​ひつじ​が​ある。わたし​は​かれら​を​も​みちびかねば​ならない。かれら​も​わたし​の​こえ​に​き​したがう​で​あろう。そして、ついに​一つ​の​れ、ひと​の​ひつじい​と​なる​で​あろう』​と​わたし​が​った​その​ひつじ​と​は、あなたがた​の​こと​で​ある。

    22 ​しかし、かれら​は​わたし​の​った​こと​を​かい​しなかった。それ​は​ほうじん​の​こと​で​ある​と、かれら​は​おもった。ほうじん​は​かれら​の​宣教せんきょう​に​よって​改宗かいしゅう​する​と​いう​こと​を、かれら​は​かい​して​いなかった​から​で​ある。

    23 ​また、『かれら​も​わたし​の​こえ​に​き​したがう​で​あろう』​と​わたし​が​った​​を、かれら​は​かい​しなかった。ほうじん​は​けっして​わたし​の​こえ​を​かない​と​いう​こと、すなわち、聖霊せいれい​に​よる​がい​に​わたし​は​ほうじん​に​ぶんしん​を​あらわさない​と​いう​こと​を、かれら​は​かい​しなかった。

    24 ​しかし​よ、あなたがた​は​​わたし​の​こえ​を​き、わたし​を​た。あなたがた​は​わたし​の​ひつじ​で​ある。そして​あなたがた​は、ちち​が​わたし​に​あたえて​くださった​もの​の​なか​に​かぞえられて​いる。」