第三ニーファイ11
戻る 次へ

おおぜいひとがバウンティフルのあつまったとき,イエス・キリストはニーファイのたみしんあらわし,かれらをおしみちびかれた。イエス・キリストがかれらにしんあらわされただいは,つぎしるすとおりである。

つぎだい十一-二十六しょうがそれにそうとうする。

第11章

おんちちあいするおんについてあかしされる。キリストがあらわれ,ぶんしょくざいについてせんげんされる。ひとびと,キリストのりょうりょうあしとわきのきずあとれる。ひとびと,「ホサナ」とさけぶ。キリスト,バプテスマのようしきべられる。あらそいのこころあくのもの。キリストのきょうとは,ひとしんじてバプテスマをけ,せいれいけなければならないというものである。げんやく三十四ねん

1 さて,ニーファイのたみおおぜいぐんしゅうがバウンティフルのにあるしん殿でんまわりにあつまり,たがいにおどろき,おもい,またかくこったおおいなるおどろくべきへんについてたがいにはなっていた。

2 かれらはまた,すでにそのにかかわるしるしあらわれたイエス・キリストについてもかたっていた。

3 そして,かれらがたがいにかたっていたとき,てんからはっせられるようなこえこえた。しかしかれらは,ぶんたちにこえたそのこえげるからなかったので,あたりをまわした。それはみみざわりなこえではなく,おおきなこえでもなかったが,ちいさなこえでありながら,いたひとびとこころなかまでつらぬいたので,かれらのぜんしんはことごとくそれによってふるえた。まったく,それはたましいそのものにまでかれらをつらぬき,かれらのこころがらせた。

4 そしてかれらは,ふたたびそのこえいたが,それでもそのこえげるからなかった。

5 そのこえは三までこえ,かれらはこのたびみみひらいてそれをき,をそのこえのするほうけて,そのこえはっせられるてんめていた。

6 するとよ,三には,かれらはぶんたちにこえたそのこえげるかった。そのこえかれらにかたった。

7 「わたしのあいするなさい。わたしのこころかなうものである。わたしはかれによって,わたしのえいこうくわえた。かれきなさい。」

8 そして,かれらはそのかったので,ふたたてんげた。するとよ,てんから一人ひとりおとこかたくだってられるのがえた。このかたしろころもておられ,くだってぐんしゅうなかたれた。ぜんぐんしゅうがこのかたそそがれたが,かれらはたがいのあいだでさえ,あえてくちひらこうとはしなかった。またかれらは,ぶんたちに姿すがたあらわされたかたてん使であるとおもったが,これがどういうことなのかからなかった。

9 そこでこのかたは,かたべてひとびとわれた。

10 よ,わたしはイエス・キリストであり,るとげんしゃたちがあかししたものである。

11 よ,わたしはひかりでありいのちである。わたしは,ちちがわたしにくださったあのにがさかずきからみ,つみぶんことによってちちえいこうをささげた。わたしはつみうことによって,はじめから,すべてのことについてちちこころしたがってきた。」

12 さて,イエスがこれらのことかたえられると,ぐんしゅうぜんいんした。かれらは,キリストがてんのぼられたのちぶんたちにしんあらわされることがげんされていたのをおもしたからである。

13 そこで,しゅかれらにわれた。

14 ってわたしのもとにて,あなたがたのをわたしのわきに,またわたしのりょうりょうあしくぎあとれて,わたしがイスラエルのかみであり,ぜんかみであること,そしてつみのためにころされたことをりなさい。」

15 そこでぐんしゅうすすて,しゅのわきにれ,またしゅりょうりょうあしくぎあとれた。かれらは一人ひとりずつすすて,ぜんいんがこのようにし,ぶんぶんれ,このかたが,しょうらいられるとげんしゃたちによってしるされたしゅであられることを,たしかにってあかしした。

16 かれらはぜんいんすすて,みずかかくにんしたのちいっせいさけんだ。

17 「ホサナ。いとたかかみがほめたたえられますように。」そして,かれらはイエスのあしもとにして,イエスをはいした

18 そして,イエスは(ニーファイがぐんしゅうなかにいたので)ニーファイかたりかけ,すするようにめいじられた。

19 そこでニーファイは,がってすすて,しゅまえにひれし,しゅりょうあしくちづけした。

20 するとしゅは,がるようにかれめいじられた。そこでかれは,こしてしゅまえった。

21 するとしゅかれに,「わたしはあなたにちからさずける。わたしがふたたてんげられるとき,あなたはこのちからをもってこのたみバプテスマほどこしなさい」とわれた。

22 さらにしゅは,ほかのひとびとして,かれらにもおなじようにわれた。そしてしゅは,バプテスマをほどこちからをこれらのひとさずけられた。それから,しゅかれらにわれた。「つぎほうほうであなたがたはバプテスマをほどこしなさい。あなたがたのなかけっしてろんそうがあってはならない。

23 まことに,あなたがたにう。あなたがたのことによってつみあらため,わたしのによってバプテスマをけたいとのぞひとに,つぎほうほうでバプテスマをほどこしなさい。よ,あなたがたはみずなかりてって,わたしのによってかれらにバプテスマをほどこしなさい。

24 さてよ,そのときにあなたがたのことつぎのとおりである。まず,バプテスマをけるひとんで,

25 『わたしはイエス・キリストよりけんのうけたので,おんちちおんせいれいによって,あなたにバプテスマをほどこします。アーメン』といなさい。

26 それから,あなたがたはそのひとすいちゅうしずみずからがりなさい。

27 このようなほうほうで,わたしのによってバプテスマをほどこしなさい。よ,まことに,あなたがたにう。ちちせいれい一つである。わたしはちちにおり,ちちはわたしにおられ,ちちとわたしは一つである。

28 わたしがめいじたとおり,あなたがたはこのようにバプテスマをほどこしなさい。これまであったようなろんそうが,こんけっしてあなたがたのなかにあってはならない。また,わたしのきょうようてんについて,これまでにあったようなろんそうが,こんけっしてあなたがたのなかにあってはならない。

29 まことに,まことに,あなたがたにう。あらそこころものはわたしにつくものではなく,あらそいのちちであるあくにつくものである。あくたがいにいかってあらそうようにひとびとこころをあおりてる。

30 よ,たがいにいかるようにひとびとこころをあおりてるのは,わたしのきょうではない。このようなことをやめるようにというのが,わたしのきょうである。

31 よ,まことに,まことに,あなたがたにう。あなたがたにわたしのきょうげよう。

32 これからべるのがわたしのきょうであり,ちちがわたしにあたえてくださったきょうである。わたしはちちのことをあかしし,ちちはわたしのことをあかしされ,せいれいちちとわたしのことをあかしする。ちちは,どこにいるひとでもすべてのひとに,あらためてわたしをしんじるようにめいじておられることを,わたしはあかしする。

33 わたしをしんじてバプテスマけるものは,だれでもすくわれるかみおうこくのはこれらのものである。

34 また,わたしをしんじないでバプテスマをけないものは,だれでもばつさだめをける。

35 まことに,まことに,あなたがたにう。これがわたしのきょうである。わたしは,ちちからげられたとおりにこれをあかしする。わたしをしんじるものちちをもしんじるのである。そのものに,ちちはわたしのことをあかしされるであろう。ちちはそのものせいれいあたえられる。

36 このようにして,ちちはわたしのことをあかしされ,せいれいはそのものちちとわたしのことをあかしする。ちちとわたしとせいれいは一つである。

37 もういちあなたがたにう。あなたがたはあらため,おさなのようになり,わたしのによってバプテスマをけなければならない。そうしなければ,あなたがたはけっしてこれらのものをけることができない。

38 もういちあなたがたにう。あなたがたはあらため,わたしのによってバプテスマをけ,おさなのようにならなければならない。そうしなければ,あなたがたはけっしてかみおうこくぐことができない。

39 まことに,まことに,あなたがたにう。これがわたしのきょうである。このきょううえてるものはわたしのいわうえてるのである。ごくもんもこれらのものつことはない。

40 また,これじょうのこと,あるいはこれにおよばないことをらせて,それをわたしのきょうとするものは,あくからものであり,わたしのいわうえてられてはいない。このようなものは,すなだいうえてているのである。ごくもんひらかれており,こうずいこり,かぜちつけるときにこのようなものむかれる。

41 したがって,あなたがたはこのたみなかき,わたしのかたったことてまでらせなさい。」