第三ニーファイ 6
    脚注

    第​6​章

    ニーファイじんさかえる。こうまん​な​ものゆう​な​もの​が​て、階級かいきゅうべつ​が​しょうじる。​の​ため​に​きょうかい​が​分裂ぶんれつ​する。サタン、たみ​を​まどわして​こうぜん​と​ほん​を​こさせる。おおく​の​げんしゃ​たち、あらため​を​さけんで​ころされる。さつじんしゃ​たち、せい​の​り​を​くわだてる。げんやく​二十六​ねん​から​三十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい​二十六​ねん​に、ニーファイじん​の​たみ​は​みな各々おのおの​の​ぞく​を​ともない、大小だいしょう​の​ちく​の​れ、うまうし​を​れ、もの​を​すべて​たずさえて​ぶん​の​​へ​かえって​った。

    2 ​そして​かれら​は、食糧しょくりょう​を​べ​くして​いなかった​ので、のこって​いる​あらゆる​こくもつ​を、また​きんぎん​や​すべて​の​ちょう​な​品々しなじな​を​たずさえて、なんぼく​に​かれ、北方ほっぽう​の​​と​南方なんぽう​の​​の​それぞれ​の​しょゆう​に​かえって​った。

    3 ​また、くに​の​へい​を​まもる​と​せいやく​を​わし、つづき​レーマンじん​で​いたい​と​のぞんだ​ごうとう​たち​に​は、ぶん​の​ろうどう​で​きて​いく​こと​が​できる​よう​に、かれら​の​人数にんずう​に​おうじて​​が​あたえられた。この​よう​に​して、かれら​は​ぜん​に​へい​を​かくりつ​した。

    4 ​そして、かれら​は​ふたたび​さかえて​み​はじめた。だい​二十六​ねんだい​二十七​ねん​が​り、くに​の​ちつじょ​は​しっかり​たもたれて​いた。また​かれら​は、こうへい​かつ​こうせい​に​ほうりつ​を​制定せいてい​した。

    5 たみ​が​いましめ​に​そむく​こと​さえ​なければ、かれら​が​つづき​さかえる​の​を​さまたげる​もの​は​ぜん​に​なにひとつ​なかった。

    6 くに​に​この​おおいなる​へい​を​かくりつ​した​人々ひとびと​は、ギドギドーナイ​と、だい​さばきつかさ​の​ラコーニアス​と、どうしゃ​に​にんめい​された​人々ひとびと​で​ある。

    7 ​そして、おおく​の​まち​が​あらた​に​きずかれ、おおく​の​ふるい​まち​が​かいちく​され、

    8 まち​から​まち​へ、ほう​から​ほう​へ、いき​から​いき​へ​と​つうじる​おおく​の​かいどう​が​つくられ、おおく​の​どう​が​建設けんせつ​された。

    9 ​この​よう​に​して、だい​二十八​ねん​が​り、たみ​は​つづき​へい​を​たもって​いた。

    10 ​ところが​だい​二十九​ねん​に、たみ​の​なか​に​しょう​の​分裂ぶんれつ​が​こった。そして、ある​もの​たち​は​じょう​に​ゆたか​に​んで​いた​ため​に​こうまん​に​なって​ほこり、ひどい​はくがい​さえ​くわえる​よう​に​なった。

    11 くに​に​は​おおく​の​商人しょうにん​が​おり、また​おおく​の​ほうりつ​と​やくにん​も​いた。

    12 ​そして​たみ​は、かれら​の​とみ​と​がくもん​の​かい​の​しょう​に​おうじて​階級かいきゅう​に​べつ​され​はじめた。まことに、まずしい​ため​に​がく​な​もの​も​いれ​ば、んで​いた​ので​おおいに​教育きょういく​を​けた​もの​も​いた。

    13 こうまん​に​なった​もの​も​いれ​ば、じょう​に​謙遜けんそん​な​もの​も​いた。そしる​もの​に​そしり​かえす​もの​も​いれ​ば、そしり​や​はくがい​や​あらゆる​なん​を​け​ながら​も、なおって​​ののしり​かえす​こと​を​せず、かみ​の​まえ​に​へりくだって​いる​もの​も​いた。

    14 ​この​よう​に、ぜん​に​ひどい​びょうどう​が​しょうじた​ため​に、きょうかい​が​分裂ぶんれつ​し​はじめた。まことに​だい​三十​ねん​に​は、真実しんじつ​の​しんこう​に​​して​いる​しょうすう​の​レーマンじん​の​なか​の​きょうかい​を​のぞいて、ぜん​の​きょうかい​が​分裂ぶんれつ​して​しまった。この​しょうすう​の​レーマンじん​は​かたく​かっ​と​して​うごかず、よろこんで​ちから​の​かぎり​しゅ​の​いましめ​を​まもって​いた​ので、真実しんじつ​の​しんこう​から​はなれよう​と​しなかった。

    15 ​ところで、たみ​の​この​ざいあく​の​原因げんいん​は、あらゆる​ざいあく​を​おこなう​よう​に​たみ​を​そそのかし、たみ​を​ほこらせて​こうまん​に​し、たみ​を​ゆうわく​して​けんりょく​と​けんとみぞく​の​むなしい​もの​を​もとめ​させる​おおきな​ちから​を​サタン​が​って​いた​こと​で​ある。

    16 ​この​よう​に、サタン​が​あらゆる​ざいあく​を​おこなう​よう​に​たみ​の​こころ​を​まどわした​ため、たみ​が​へい​を​きょうじゅ​した​の​は​ほんの​すうねん​に​すぎなかった。

    17 ​したがって、だい​三十​ねん​の​はじめ​に​は、たみ​は​すでに​あく​の​​に​わたされて​ひさしく​たって​おり、あく​が​かせたい​と​おもう​ところ​へ​は​どこ​へ​で​も​さそい​に​って​き、また​あく​が​おこなわせたい​と​おもう​ざいあく​は​どんな​こと​で​も​する​よう​に​なって​いた。その​ため​に​この​だい​三十​ねん​の​はじめ​に​は、かれら​は​おそろしい​じゃあく​な​じょうたい​に​あった。

    18 かれら​は​​で​つみ​を​おかした​の​で​は​ない。ぶん​たち​に​かんする​かみ​の​こころ​を​おしえられて​って​いた。したがって、かれら​は​​に​かみ​に​そむいた​の​で​ある。

    19 ​それ​は​ラコーニアス​の​むす​ラコーニアス​の​だい​の​こと​で​ある。この​ラコーニアス​は​その​とし​に​ちち​の​しょく​に​いて​たみ​を​おさめた​の​で​あった。

    20 ​また、何人なんにん​も​の​人々ひとびと​が​てん​から​霊感れいかん​を​け、つかわされて、ぜん​の​たみ​の​なか​に​って​おしえ​を​き、たみ​の​つみ​と​​に​ついて​大胆だいたん​に​証言しょうげん​し、また​しゅ​が​ぶん​の​たみ​の​ため​に​おこなわれる​あがない、い​えれば、キリスト​の​ふっかつ​に​かんして​かれら​に​あかし​した。さらに​かれら​は、キリスト​の​​と​くるしみ​に​ついて​も​大胆だいたん​に​あかし​した。

    21 ​ところが、たみ​の​なか​に​は、これら​の​こと​に​ついて​あかし​した​人々ひとびと​の​こと​を​じょう​に​いかる​もの​が​おおかった。この​よう​に​いかった​もの​たち​は、とくに​だい​さばきつかさ​たち​と、​かつて​だいさい​や​ほうりつ​を​つとめた​もの​たち​で​あった。まことに、とうほうりつ​で​あった​もの​も​みな、これら​の​こと​を​あかし​した​人々ひとびと​の​こと​を​いかった。

    22 ​しかし、ほうりつ​も​さばきつかさ​も​だいさい​も、くに​の​そうとく​が​宣言せんげんしょ​に​しょめい​しない​かぎり、だれ​に​たいして​も​けい​を​せんこく​する​ちから​を​たなかった。

    23 ​ところが、キリスト​に​かんする​こと​に​ついて​大胆だいたん​に​あかし​した​人々ひとびと​の​おおく​が、さばきつかさ​たち​に​よって​らえられ、ひそか​に​ころされて​しまった。その​ため、くに​の​そうとく​が​かれら​の​​に​ついて​った​の​は、かれら​が​んだ​のち​の​こと​で​あった。

    24 ​さて​よ、この​こと​は、くに​の​そうとく​から​権限けんげん​を​けない​かぎり​ひと​を​けい​に​して​は​ならない​と​いう​くに​の​ほうりつ​に​はんして​いた。

    25 ​そこで、ほうりつ​に​そむいて​しゅ​の​げんしゃ​たち​に​けい​を​せんこく​した​これら​の​さばきつかさ​たち​に​たいして、ゼラヘムラ​の​​に​いた​くに​の​そうとく​へ​の​うったえ​が​こされた。

    26 ​そして、かれら​は​らえられ、だい​さばきつかさ​の​まえ​に​されて、おかした​ざいあく​を、たみ​に​よって​さだめられた​ほうりつ​に​したがって​さばかれる​こと​に​なった。

    27 ​さて、それら​の​さばきつかさ​たち​に​は​おおく​の​友人ゆうじん​と​親族しんぞく​が​いた。また、ほか​の​もの​たち、すなわち​ほうりつ​たち​と​だいさい​たち​も​ほとんど​ぜんいん​が​あつまり、ほうりつ​に​よって​裁判さいばん​される​こと​に​なった​それら​の​さばきつかさ​たち​の​親族しんぞく​と​けっそく​した。

    28 ​そして、かれら​は​たがいに​ちかい​を​てた。すなわち、あらゆる​​に​敵対てきたい​して​けっそく​する​ため​に、むかし​の​人々ひとびと​に​よって​もうけられた​あの​ちかい、あく​に​よって​あたえられ​じっ​された​ちかい​を​てた​の​で​ある。

    29 ​この​ため​に​かれら​は、しゅ​の​たみ​に​敵対てきたい​して​けっそく​し、しゅ​の​たみ​を​ほろぼす​と​いう​ちかい​を​て、また​さつじんざい​を​おかした​もの​たち​を、ほうりつ​に​したがって​じっ​されよう​と​して​いる​ばつ​の​しっこう​から​すくい​す​と​いう​ちかい​も​てた。

    30 ​そして、かれら​は​くに​の​ほうりつ​と​けん​に​反抗はんこう​した。また​かれら​は​そうとく​を​ころし、くに​を​おさめる​おう​を​て、くに​を​もはや​ゆう​な​くに​で​は​なく、おう​の​はい​を​ける​ところ​に​しよう​と​たがいに​ちかい​を​てた。