第三ニーファイ 21
    脚注

    第​21​章

    『モルモンしょ』​が​る​とき​に、イスラエル​は​あつめられる。ほうじんゆう​な​たみ​として​アメリカ​たいりく​に​む。ほうじんしんじて​したがう​なら​ば​すくわれる。そう​で​なければ、たれて​ほろぼされる。イスラエル​は​しん​エルサレム​を​きずき、ゆく​の​れない​ぞく​は​もどって​る。げんやく​三十四​ねん

    1 「まことに、あなたがた​に​う。これら​の​こと​が​こる​とき、すなわち、わたし​が​ぶん​の​たみ、イスラエル​の​いえ​を​長年ながねん​の​さん​した​じょうたい​から​あつめて、かれら​の​なか​に​ふたたび​わたし​の​シオン​を​もうける​とき​を、あなたがた​が​る​こと​の​できる​よう​に、一つ​の​しるし​を​あなたがた​に​しめそう。

    2 よ、わたし​が​一つ​の​しるし​として​あなたがた​に​しめす​の​は、つぎ​の​こと​で​ある。まことに、あなたがた​に​う。いま​あなたがた​に​げる​これら​の​こと、また​わたし​しん​と、ちち​が​あなたがた​に​さずけられる​聖霊せいれい​の​ちから​と​に​よって、わたし​が​この​のち​あなたがた​に​げる​これら​の​こと​は、将来しょうらいほうじん​に​らされる​で​あろう。ほうじん​が​ヤコブ​の​いえ​の​のこり​の​もの​で​ある​この​たみ​に​ついて、また​かれら​に​よって​らされる​この​わたし​の​たみ​に​ついて、る​よう​に​する​ため​で​ある。

    3 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。​これら​の​こと​は​ちち​に​よって​かれら​に​らされ、ちち​から​て​かれら​から​あなたがた​に​つたわる。

    4 かれら​が​この​​に​定住ていじゅう​し、ちち​の​ちから​に​よって​ゆう​な​たみ​と​されて、これら​の​こと​が​かれら​から​あなたがた​の​そん​の​のこり​の​もの​に​つたわり、ちち​が​ぶん​の​たみ、イスラエル​の​いえ​と​わされた​ちち​の​せいやく​が​たされる​よう​に​なる​こと​は、ちち​の​​に​かなう​こと​で​ある。

    5 ​これら​の​わざ​と、この​のち​あなたがた​の​なか​で​おこなわれる​わざ​は、ざいあく​の​ため​に​しんこう​に​おちいる​あなたがた​の​そん​に、ほうじん​から​つたわる​で​あろう。

    6 ​この​よう​に​して、ちち​が​のぞんで​おられる​よう​に、それ​は​ほうじん​から​つたわって、ちち​が​ぶん​の​ちから​を​ほうじん​に​しめされる​よう​に​なり、また​その​けっほうじん​は​こころ​を​かたくな​に​しなければ、あらためて​わたし​の​もと​に​て、わたし​の​​に​よって​バプテスマ​を​け、わたし​の​きょう​の​しん​の​ようてん​を​って、わたし​の​たみ、イスラエル​の​いえ​の​なか​に​かぞえられる​よう​に​なる​で​あろう。

    7 ​これら​の​こと​が​こって、あなたがた​の​そん​が​これら​の​こと​を​る​よう​に​なる​とき、それ​は​かれら​に​とって​一つ​の​しるし​と​なって、かれら​は、ちち​が​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​人々ひとびと​に​てられた​せいやく​を​たす​ため​に​わざ​を​はじめられた、と​いう​こと​を​る​の​で​ある。

    8 ​その​​が​る​と、そこで​おう​たち​は​くち​を​つぐむ​よう​に​なる。おう​たち​は​まだ​げられた​こと​の​ない​こと​を​、まだ​いた​こと​の​ない​こと​を​さとる​から​で​ある。

    9 ​その​、わたし​の​ため​に​ちち​は​ほうじん​の​なか​で​一つ​の​わざ​を、すなわち​おおいなる​おどろく​べき​わざ​を​おこなわれる。ひと​の​おとこ​が​かれら​に​その​わざ​に​ついて​げる​が、かれら​の​なか​に​は​それ​を​しんじない​もの​たち​が​いる。

    10 ​しかし​よ、わたし​の​しもべ​の​いのち​は​わたし​の​​の​うち​に​ある​ので、かれ​は​かれら​に​よって​そこなわれる​こと​は​あって​も、がい​は​けない。そこなわれて​も、わたし​は​かれ​を​いやそう。​わたし​の​​が​あく​の​わる​より​も​ふかい​こと​を、わたし​は​かれら​に​しめそう。

    11 ​さて、ちち​は​この​しもべ​が​イエス・​キリスト​で​ある​わたし​の​こと​を​ほうじん​に​もたらす​こと​を​ゆるし、また​ほうじん​に​わたし​の​こと​を​もたらす​ちから​を​かれ​に​あたえられる。わたし​の​こと​を​しんじない​もの​は​だれ​で​あろう​と、せいやく​を​けて​いる​わたし​の​たみ​の​なか​から​たれる​で​あろう。(それ​は、モーセ​の​った​とおり​に​なる。)

    12 ​ヤコブ​の​のこり​の​もの​で​ある​わたし​の​たみ​は、ほうじん​の​なか​で、かれら​の​ただなか​で、もり​の​けもの​の​なか​の​​ライオン​の​よう​に、ひつじ​の​れ​の​なか​の​わかい​ライオン​の​よう​に​なる​で​あろう。わかい​ライオン​は​とおり​ぎる​とき​に​みにじり、いて、だれ​も​すくう​こと​が​できない。

    13 かれら​の​​は​かれら​に​てき​を​いだいて​いる​もの​の​うえ​に​げられ、かれら​の​てき​は​ことごとく​たれる​で​あろう。

    14 ​まことに、ほうじん​は​あらため​なければ​わざわい​で​ある。ちち​は​われる。『そして​その​​に​は、わたし​は​あなた​の​うち​から​うま​を​やし、戦車せんしゃ​を​こわし、

    15 ​あなた​の​くに​の​もろもろ​の​まち​を​やし、あなた​の​しろ​を​ことごとく​くつがえす。

    16 ​また、あなた​の​くに​から​じゅつ​を​やす。あなた​の​うち​に​は​うらな​が​ない​よう​に​なる。

    17 ​また、あなた​の​うち​から​彫像ちょうぞう​と​いし​の​はしら​を​やす。あなた​は​かさねて​​で​つくった​もの​を​おがむ​こと​は​ない。

    18 ​また、あなた​の​うち​から​アシラ​ぞう​を​き​たおし、あなた​の​もろもろ​の​まち​を​ほろぼす。

    19 ​そして、いつわり​や​あざむき​や​ねたみ、また​あらそい​や​ぜんばいきょう、みだら​な​おこない​は​すべて​はいされる。』

    20 ​そして、ちち​は​われる。『その​あらためて​わたし​の​あい​の​もと​に​ない​もの​を、わたし​は​ぶん​の​たみ、イスラエル​の​いえ​の​なか​から​とう。

    21 ​わたし​は​きょう​に​およぼす​よう​に、かれら​が​いた​こと​も​ない​ほど​の​ほうふく​と​いかり​を​かれら​に​およぼそう。』

    22 ​しかし、かれら​が​あらためて​わたし​の​こと​に​き​したがい、こころ​を​かたくな​に​しなければ、わたし​は​かれら​の​なか​に​わたし​の​きょうかい​を​もうけよう。かれら​は​せいやく​を​わし、わたし​が​この​​を​かれら​の​ぎ​として​あたえた、この​ヤコブ​の​のこり​の​もの​の​なか​に​かぞえられる​で​あろう。

    23 ​そして、わたし​の​たみ​で​ある​ヤコブ​の​のこり​の​もの​と、将来しょうらい​やって​る​イスラエル​の​いえ​の​すべて​の​もの​が、しん​エルサレム​と​ばれる​一つ​の​みやこ​を​きずく​の​を、かれら​は​たすける​で​あろう。

    24 ​その​とき、​の​全面ぜんめん​に​らされて​いる​わたし​の​たみ​が​しん​エルサレム​に​あつまる​の​を、かれら​は​たすける​で​あろう。

    25 ​その​とき、てん​の​ちから​が​かれら​の​なか​に​くだり、​わたし​も​かれら​の​なか​に​いる​で​あろう。

    26 ​また​その​、すなわち​この​ふくいん​が​この​たみ​の​のこり​の​もの​の​なか​で​べ​つたえられる​とき、ちち​の​わざ​が​はじまる​で​あろう。まことに、あなたがた​に​う。その​ちち​の​わざ​は、わたし​の​たみ​の​すべて​の​らされた​もの​の​なか​で、すなわち、ちち​が​エルサレム​から​された​ゆく​の​れない​ぞく​の​なか​で​はじまる​で​あろう。

    27 ​まことに​ちち​は、わたし​の​たみ​の​すべて​の​らされた​もの​が​わたし​の​もと​に​て、わたし​の​​に​よって​ちち​に​ねがう​こと​が​できる​よう​に、みち​を​そなえる​ため​に​かれら​の​なか​で​その​わざ​を​はじめられる。

    28 ​その​とき、ちち​は、ぶん​の​たみ​が​かれら​の​ぎ​の​​に​もどされる​よう​に、みち​を​そなえる​ため​に​すべて​の​こくみん​の​なか​で​わざ​を​はじめられる。

    29 『そして、かれら​は​あらゆる​こくみん​の​なか​から​て​る。かれら​は​あわてて​る​ひつよう​も​なければ、げる​よう​に​して​る​ひつよう​も​ない。わたし​が​かれら​の​まえ​を​き、また​わたし​が​かれら​の​しんがり​と​なる​から​で​ある』​と、ちち​は​われる。」