第三ニーファイ 17
    脚注

    第​17​章

    イエス、たみ​に​ぶん​の​こと​に​ついて​ふかく​かんがえ、かいりょく​を​いのり​ねがう​よう​に​​される。イエス、たみ​の​びょう​を​いやされる。イエス、しるせない​こと​で​たみ​の​ため​に​いのられる。てん使​たち​は​おさない​ども​たち​に​めぐみ​を​ほどこし、おさない​ども​たち​は​​に​つつまれる。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて​よ、イエス​は​これら​の​こと​を​かたり​える​と、ふたたび​群衆ぐんしゅう​を​まわして​われた。「よ、わたし​の​とき​は​ちかづいた。

    2 ​あなたがた​は​よわく、あなたがた​に​いまげる​よう​に​と​ちち​から​めいじられて​いる​わたし​の​こと​を、すべて​は​かい​できない​こと​を、わたし​は​って​いる。

    3 ​だから、ぶん​の​いえ​に​かえり、わたし​が​べた​こと​を​ふかく​かんがえ​なさい。そして、かい​できる​よう​に、また​​の​ため​に​こころ​が​そなえられる​よう​に、わたし​の​​に​よって​ちち​に​ねがい​なさい。わたし​は​もう​いち​あなたがた​の​ところ​に​る​で​あろう。

    4 ​しかし、わたし​は​いま​は​ちち​の​みもと​に​かえり、また​イスラエル​の​ゆく​の​れない​ぞく​に​も​わたし​しん​を​あらわそう。かれら​は​ちち​に​とって​は​ゆくれず​で​は​ない。ちち​は​かれら​を​みちびいた​さき​を​ぞんじ​だから​で​ある。」

    5 ​さて、イエス​は​この​よう​に​う​と、もう​いち群衆ぐんしゅう​を​まわして、かれら​が​なみだ​を​ながし​ながら、もう​しばらく​とどまって​いて​ほしい​と​ねがう​か​の​よう​に、イエス​を​じっと​めて​いる​の​を​らん​に​なった。

    6 ​そこで、イエス​は​かれら​に​われた。「よ、わたし​の​こころ​は、あなたがた​に​たいする​あわれみ​に​たされて​いる。

    7 ​あなたがた​の​なか​に​びょう​の​もの​が​いる​か。かれら​を​ここ​に​れて​なさい。あし​の​ゆう​な​もの​の​えない​ものあし​の​わるい​もの​の​ゆう​な​ものおもい​皮膚ひふびょう​に​かかって​いる​ものからだ​の​まひ​して​いる​ものみみ​の​こえない​もの、あるいは​どんな​こと​で​も​くるしんで​いる​もの​が​いる​か。かれら​を​ここ​に​れて​なさい。いやして​あげよう。わたし​は​あなたがた​の​こと​を​あわれ​に​おもい、わたし​の​こころ​は​あわれみ​に​たされて​いる。

    8 ​あなたがた​は、わたし​が​エルサレム​に​いる​あなたがた​の​同胞はらから​に​しめした​こと​を、ぶん​たち​に​も​しめして​ほしい​と​おもって​いる。わたし​は​その​こと​を​って​いる。また、あなたがた​の​しんこう​が​わたし​から​いやし​を​ける​の​に​十分じゅうぶん​で​ある​こと​も、わたし​は​って​いる。」

    9 ​さて、イエス​が​この​よう​に​われる​と、群衆ぐんしゅう​は​こぞって、びょう​の​ものくるしんで​いる​ものあし​の​ゆう​な​もの​の​えない​ものくち​の​けない​もの、その​ほか​どんな​こと​で​も​くるしんで​いる​もの​たち​を​ともなって​まえ​に​すすみ​た。すると​イエス​は、ぶん​の​ところ​に​れてられた​もの​を​ことごとく​いやされた。

    10 ​そこで、かれら​は​みないやされた​もの​も​健康けんこう​な​もの​も、イエス​の​あしもと​に​ひれして、イエス​を​はいした。また、群衆ぐんしゅう​の​なか​を​ちかづく​こと​の​できた​もの​は​イエス​の​あし​に​くちづけ​し、なみだ​で​イエス​の​あし​を​ぬらした。

    11 ​さて、イエス​は、おさない​ども​たち​を​れてる​よう​に​めいじられた。

    12 ​そこで、かれら​は​おさない​ども​たち​を​れてて、イエス​の​かたわら​に​ろした。イエス​は​その​なか​に​って​おられた。また、群衆ぐんしゅう​は​みち​を​ゆずって、おさない​ども​たち​が​みな、イエス​の​もと​に​られる​よう​に​した。

    13 ​さて、おさない​ども​たち​が​みなれてられる​と、イエス​は​その​なか​に​ち、​に​​ひざまずく​よう​に​群衆ぐんしゅう​に​めいじられた。

    14 ​そして、かれら​が​​に​ひざまずく​と、イエス​は​こころ​の​なか​で​のう​され、「ちち​よ、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​たみ​の​あく​の​ため​に、いま​わたし​は​こころ​が​さわいで​います」と​われた。

    15 ​そして、イエス​は​この​よう​に​われる​と、ぶん​も​​に​ひざまずき、よ、御父おんちち​に​いのられた。イエス​が​いのられた​ことがら​を​しるす​こと​は​できない​が、イエス​の​いのり​を​いた​群衆ぐんしゅう​は​その​こと​を​あかし​した。

    16 かれら​は​つぎ​の​よう​に​あかし​した。「わたしたち​は​イエス​が​御父おんちち​に​はなされる​の​を​き​した​が、それ​は​​が​まだ​た​こと​も​なく、みみ​が​まだ​いた​こと​も​ない​ほど、おおいなる​おどろく​べき​こと​で​あった。

    17 ​わたしたち​は​イエス​が​はなされる​の​を​き​した​が、それ​は​どんな​した​も​かたる​こと​が​できず、どんな​ひと​も​しるす​こと​が​できず、人々ひとびと​の​こころ​が​そうぞう​できない​ほど、おおいなる​おどろく​べき​こと​で​あった。また​わたしたち​は、イエス​が​わたしたち​の​ため​に​御父おんちち​に​いのって​くださる​の​を​いた​が、その​とき​に​わたしたち​の​こころ​に​ちた​よろこび​は、だれ​も​そうぞう​する​こと​が​できない。」

    18 ​さて、イエス​は​御父おんちち​に​いのり​える​と、がられた。しかし、群衆ぐんしゅう​は​よろこび​が​じょう​に​おおきかった​ので​ちから​を​うしなって​いた。

    19 ​そこで、イエス​は​かれら​に​かたり、がる​よう​に​めいじられた。

    20 ​そこで、かれら​は​​から​がった。すると、イエス​は​かれら​に、「あなたがた​は​しんこう​が​ある​ので、さいわい​で​ある。よ、わたし​の​よろこび​は​ちて​いる」と​われた。

    21 ​そして、イエス​は​これら​の​こと​を​かたる​と、なみだ​を​ながされた。群衆ぐんしゅう​は​その​こと​を​あかし​した。また、イエス​は​おさない​ども​たち​を​ひと人​ひといて​しゅくふく​し、かれら​の​ため​に​御父おんちち​に​いのられた。

    22 ​そして、イエス​は​これ​を​える​と、また​なみだ​を​ながされた。

    23 ​また、イエス​は​群衆ぐんしゅう​に​かたって、「あなたがた​の​おさない​ども​たち​を​​なさい」と​われた。

    24 ​そこで​かれら​は、よう​と​して​てん​に​​を​けた​とき、てん​が​ひらく​の​を​た。そして、てん使​が​まるで​​の​なか​に​いる​か​の​よう​な​ありさま​で​てん​から​くだって​る​の​を​た。てん使​は​くだって​る​と、おさない​ども​たち​を​かこみ、おさない​ども​たち​も​​に​つつまれた。そして、てん使​は​おさない​ども​たち​に​めぐみ​を​ほどこした。

    25 群衆ぐんしゅう​は​それ​を​き​して、あかし​した。かれら​は​みなぶんしん​で​き​した​ので、その​あかし​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる。群衆ぐんしゅう​の​人数にんずう​は​およそ​二千五百​にん​で​あり、おとこ​と​おんな​と​ども​から​って​いた。