第三ニーファイ 16
    脚注

    第​16​章

    イエス​は​この​のちゆく​の​れない​イスラエル​の​​の​ひつじ​を​おとずれられる。まつじつ​に、ふくいん​は​ほうじん​に​つたわり、いで​イスラエル​の​いえ​に​つたわる。しゅ​が​シオン​を​ふたたび​もと​に​もどされる​とき、しゅ​の​たみ​は​それ​を​たり​に​る​で​あろう。げんやく​三十四​ねん

    1 「まことに、まことに、あなたがた​に​う。わたし​に​は、この​​に​おらず、エルサレム​の​​に​も​おらず、また​わたし​が​これまで​に​って​おしえ​みちびいた​しゅう​の​​の​どこ​に​も​いない​​の​ひつじ​が​いる。

    2 ​わたし​の​う​その​ひつじ​は、まだ​わたし​の​こえ​を​いた​こと​が​なく、また​わたし​も​かれら​に​ぶんしん​を​あらわした​こと​は​ない。

    3 ​しかし、わたし​は​かれら​の​ところ​へ​って、かれら​が​わたし​の​こえ​を​いて、わたし​の​ひつじ​の​なか​に​かぞえられる​よう​に​し、一つ​の​れ、ひと​の​ひつじい​と​なる​よう​に​する​こと​を、ちち​から​めいじられた。だから、わたし​は​って​かれら​に​わたし​しん​を​あらわす。

    4 ​また、わたし​は​あなたがた​に、わたし​が​った​のち​に​これら​の​こと​を​しるす​よう​に​めいじる。エルサレム​に​いる​わたし​の​たみ、すなわち、わたし​を​​に​し、わたし​が​つとめ​を​たして​いる​あいだ​わたし​と​ともに​いた​たみ​が、聖霊せいれい​に​よって​あなたがた​に​ついて​る​こと​が​できる​よう​に、また​かれら​の​らない​ほか​の​ぞく​に​ついて​も​る​こと​が​できる​よう​に、わたし​の​​に​よって​ちち​に​もとめ​なければ、あなたがた​が​これから​しるす​これら​の​こと​は、き​がれて​ほうじん​に​あきらか​に​される​で​あろう。それ​は、エルサレム​に​いる​わたし​の​たみ​の​しんこう​の​ため​に、​の​おもて​に​らされる​かれら​の​そん​の​のこり​の​もの​が、ほうじん​が​ちみちた​めぐみ​に​あずかる​こと​に​よって​みちびかれる​ため​で​ある。すなわち、かれら​の​あがなぬし​で​ある​わたし​に​ついて​る​よう​に​なる​ため​で​ある。

    5 ​その​とき、わたし​は​かれら​を​​の​ほう​から​あつめよう。また​その​とき、わたし​は​ちち​が​​イスラエル​の​いえ​の​すべて​の​たみ​に​てられた​せいやく​を​たそう。

    6 ほうじん​は、わたし​と​ちち​に​ついて​あかし​する​聖霊せいれい​に​よって​わたし​を​しんじる​ので、さいわい​で​ある。

    7 よ、ちち​が​われる​に​は、かれら​は​わたし​を​しんじ、おお、イスラエル​の​いえ​よ、あなたがた​は​しんじない​ので、まつじつ​に​は​ほうじん​に​しん​が​あきらか​に​されて、これら​の​こと​が​ことごとく​かれら​に​らされる​で​あろう。

    8 ​しかし、ほうじん​の​なか​の​しんこうしん​の​ない​もの​は​わざわい​で​ある​と、ちち​は​われる。かれら​は​この​​の​おもて​に​やって​る​に​も​かかわらず、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​を​らす​から​で​ある。そして、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​は、かれら​の​なか​から​され、かれら​に​あし​で​みつけられる。

    9 ちち​は​ほうじん​を​あわれみ、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​を​さばかれる​ので、まことに、まことに、あなたがた​に​う​が、これら​の​のち、わたし​は​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​が​たれ、くるしめられ、ころされ、ほうじん​の​なか​から​され、かれら​に​にくまれ、軽蔑けいべつ​の​まと​と​なり、わらいぐさ​と​なる​よう​に​する。

    10 ​また​ちち​は、あなたがた​に​つぎ​の​こと​を​う​よう​に、わたし​に​めいじられた。『ほうじん​が​わたし​の​ふくいん​に​そむいて​つみ​を​おかし、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​れず、あらゆる​こくみんぜん​の​あらゆる​たみ​に​も​して​こうまん​な​こころ​で​たかぶり、あらゆる​いつわり​と​あざむき、あく、あらゆる​ぜん​と​さつじんぜんばいきょう、みだら​な​おこない、みつ​の​まわしい​おこない​に​ふける​その​、もし​かれら​が​その​よう​な​こと​を​すべて​おこない、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​れ​なければ、よ、わたし​は​かれら​の​なか​から​わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​ろう』​と、ちち​は​われる。

    11 『その​とき、わたし​は​かつて​わたし​の​たみ、イスラエル​の​いえ​に​てた​わたし​の​せいやく​を​おもし、かれら​に​わたし​の​ふくいん​を​つたえよう。

    12 ​そして、おお、イスラエル​の​いえ​よ、ほうじん​に​は​あなたがた​を​はい​する​けんりょく​が​ない​こと​を、わたし​は​あなたがた​に​しめそう。おお、イスラエル​の​いえ​よ、わたし​は​あなたがた​に​てた​わたし​の​せいやく​を​おもそう。そして​あなたがた​は、わたし​の​完全かんぜん​な​ふくいん​を​る​よう​に​なる​で​あろう。

    13 ​しかし、もし​ほうじん​が​あらためて、わたし​に​ち​かえる​なら​ば、よ、かれら​は​わたし​の​たみ、イスラエル​の​いえ​の​なか​に​かぞえられる』​と、ちち​は​われる。

    14 『また、わたし​は​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​わたし​の​たみ​が​かれら​の​なか​を​とおり​ぎて、かれら​を​みにじる​こと​を​ゆるさない』​と、ちち​は​われる。

    15 『しかし、もし​かれら​が​わたし​に​ち​かえらず、わたし​の​こえ​に​き​したがおう​と​しなければ、わたし​は​かれら​が、すなわち​わたし​の​たみ​イスラエル​の​いえ​が​かれら​の​なか​を​とおり​ぎて、かれら​を​みにじる​こと​を​ゆるそう。かれら​は​しお​を​うしなった​しお​の​よう​で、もう​なんの​やく​に​も​たず、てられて、わたし​の​たみ​イスラエル​の​いえ​の​あし​の​した​に​みつけられる​だけ​で​ある。』

    16 ​まことに、まことに、あなたがた​に​う。ちち​は​わたし​に、この​​を​ぎ​として​この​たみ​に​あたえる​よう​に​と​めいじられた。

    17 ​その​とき、げんしゃ​イザヤ​の​こと​が​じょうじゅ​する​で​あろう。イザヤ​は​った。

    18 ​あなた​の​り​にん​は​こえ​を​げ、こえ​を​わせて​かれら​は​うたう。しゅ​が​シオン​を​もと​に​もどされる​とき、かれら​は​それ​を​たり​に​る​から​で​ある。

    19 ​エルサレム​の​れた​ところ​よ、よろこび​の​こえ​を​げ、ともに​うたえ。しゅ​が​ぶん​の​たみ​を​なぐさめ、エルサレム​を​あがなわれた​から​で​ある。

    20 しゅ​は​その​せい​なる​うで​を、すべて​の​こくみん​の​​の​まえ​に​あらわされた。​の​て​に​いたる​すべて​の​ひと​は、わたしたち​の​かみ​の​すくい​を​る​で​あろう。』」