ニーファイ第一書11
戻る 次へ

第11章

ニーファイ,しゅたまにし,げんなかいのちせられる。かれかみおんははにし,かみしんひくくされることをる。またかみひつじのバプテスマとつとめ,じゅうけいる。かれはまた,ひつじじゅう使しとつとめをる。げんぜんやく六百ねんから五百九十二ねんいたる。

1 さて,わたしは,ちちたことをりたいとおもい,またしゅがそれをあきらかにしてくださるとしんじて,おもいにふけりながらこしろしていたとき,しゅたまらえられて,まことに,じょうたかやまれてかれた。それは,まだいちたことがなく,いちあしれたことのないやまであった。

2 そしてたまがわたしに,「よ,あなたはなにのぞんでいるのか」とわれた。

3 それでわたしは,「ちちことをわたしもたいとのぞんでいます」とった。

4 するとたまはわたしに,「あなたは,ちちかたったちちじっさいたとしんじるか」とわれた。

5 それでわたしは,「はい,わたしがちちことをすべてしんじていることは,あなたもぞんじです」とこたえた。

6 わたしがこれらのことかたると,たまこえたからかにさけんでわれた。「いとたかかみにましますしゅに,ホサナ。しゅぜんはいされるかみ,まことにすべてのもののうえにましますかみであられる。ニーファイよ,あなたはいとたかかみおんしんじているのでさいわいである。それゆえ,あなたはのぞんでいたものをるであろう。

7 そしてよ,このことが一つのしるしとしてあなたにさずけられる。すなわち,あなたはちちあじわったむすてから,一人ひとりおとこひとてんからくだってるのをる。そのひとをあなたはる。そしてそのひとのち,あなたはそのひとかみおんであることをあかしする。」

8 そして,たまはわたしに「なさい」とわれた。そこでわたしがると,一ぽんえた。そのはちょうどちちのようであって,そのうつくしさはほかにくらべようがなく,まことにあらゆるうつくしいものをしのいでいた。またそのしろは,かぜゆきしろさにもまさっていた。

9 そこでわたしは,そのてからたまった。「わたしは,あなたがあらゆるものにまさってとうとせてくださったことがかります。」

10 するとたまはわたしに,「なにのぞむか」とわれた。

11 それでわたしはたまに,「そのかしることです」とった。わたしはひとひとかたるようにたまかたった。たまひとかたちをしておられるのをたからである。にもかかわらず,わたしはそのかたしゅたまであられることをっていた。そしてたまもわたしに,ひとひとかたるようにかたられた。

12 さて,たまがわたしに「なさい」とわれた。それでたまあおるようにながめると,その姿すがたえなかった。すでにわたしのまえっておられたからである。

13 そこでわたしがながめると,おおきなみやこのエルサレムをはじめ,そのほかのもろもろのまちえた。またナザレのまちえた。そしてわたしはナザレまち一人ひとりおとめたが,それはまことにいろしろうつくしいおとめであった。

14 そしてわたしは,てんひらくのをた。そして,一人ひとりてん使くだっててわたしのまえち,「ニーファイよ,なにえるか」とった。

15 それでわたしはった。「ほかのどんなおとめにもまさってうつくしく,またうるわしいおとめがえます。」

16 するとてん使はわたしに,「かみしんひくくされることがあなたにかるか」とった。

17 それでわたしは,「わたしは,かみがそのどもたちをあいしておられることはっていますが,すべてのことのっているわけではありません」とった。

18 するとてん使った。「よ,あなたがているおとめは,にくかんしてかみおんははである。」

19 そしてわたしは,そのおとめがたまれてかれるのをた。そのおとめがたまれてかれてからしばらくして,てん使がわたしに「なさい」とった。

20 それでながめると,うでおさないたおとめがえた。

21 するとてん使がわたしにった。「かみひつじ,まことにえいえんちちなるかみおんなさい。あなたはちちっているか。」

22 それでわたしはこたえてった。「はい,そのひとらのこころにあまねくそそがれるかみあいです。だから,どんなものよりもこのましいものです。」

23 するとてん使はわたしに,「そのとおり。それはひとにとってもっとよろこばしいものである」とった。

24 てん使はこれらのことをってから,またわたしに「なさい」とった。ながめると,かみおんひとらのなかすすんでかれるのがえた。またおおくのひとがそのあしもとにして,おんおがむのがえた。

25 そしてわたしは,ちちてつぼうけるみずみなもとすなわちいのちみちびかみことであることをった。そのみずかみあいあらわれである。そして,いのちかみあいあらわれであることもった。

26 そして,てん使がまたわたしに,「かみしんひくくされるようながめてみなさい」とった。

27 それでながめると,ちちかたったあがなぬし,またあがなぬしまえみちそなえるげんしゃえた。またかみひつじすすて,そのげんしゃからバプテスマけられた。バプテスマをけられると,てんひらいてせいれいはとかたちってくだってて,かみひつじのうえにとどまられるのがえた。

28 またわたしには,ひつじき,ちからおおいなるえいこうをもってひとびとにおつかえになるのがえた。また,いくつものおおぜいひとびとれが,そのひつじことくためにあつまるのがえた。そして,かれらがぶんたちのなかからひつじすのがえた。

29 そして,ほかに十二にんひとひつじしたがうのもえた。すると,この十二にんひとは,わたしのまえからたまによってられ,姿すがたえなくなった。

30 そこで,てん使がまた「なさい」とうのでながめると,てんがまたひらいて,てん使たちがひとらのもとにくだってて,かれらにつかえるのがえた。

31 てん使がまたわたしに,「なさい」とうのでながめると,かみひつじひとらのなかかれるのがえた。またびょうひとびとや,さまざまわずらいにくるしんでいるひとびとあくれいけがれたれいにつかれてくるしんでいるひとびとれがえた。てん使はこれらのことをすべてわたしにかたり,またせてくれたが,これらのひとびとかみひつじちからによっていやされ,またあくれいけがれたれいされた。

32 さて,てん使がもういちなさい」とうのでながめると,かみひつじひとびとらえられるのがえた。まことに,えいえんかみおんさばかれた。わたしはこれをたので,そのあかしをする。

33 わたしニーファイは,かみひつじつみのためにじゅうにつけられてころされたのをた。

34 またかみひつじころされてから,いくつものおおぜいひとびとれがあつまって,しゅてん使ひつじ使ぶあの十二にんひとびとたたかいをしようとするのがえた。

35 このように,おおぜいひとびとあつまっていたが,かれらが,ちちたてもののようなおおきくひろびろとしたたてものなかにいるのがえた。このとき,しゅてん使がまたわたしにった。「ひとびとかれらのなさい。まことに,イスラエルのいえひつじじゅう使たたかうためにあつまっているのをなさい。」

36 そこでわたしは,あのおおきくひろびろとしたたてものひとびとこうまんであることをて,そのあかしをする。そのたてものくずれて,そのくずかたじょうはなはだしかった。しゅてん使ふたたび,わたしにかってった。「ひつじじゅう使たたかうすべてのこくみんぞくこくたみみんぞくめつぼうは,まさにこのようになるであろう。」