第三ニーファイ 8
    脚注

    第​8​章

    ぼうふう​や​しん旋風せんぷうぜん​の​だいへんどう​で、キリスト​の​じゅう​の​けい​が​しょうめい​される。おおく​の​もの​が​ほろびる。くらやみ​が​みっかん​を​おおう。のこった​もの​たち、ぶん​の​運命うんめい​を​なげく。げんやく​三十三​ねん​から​三十四​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたしたち​の​ろく​に​よれ​ば、そして、わたしたち​は​この​ろく​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​いる​が、よ、それ​は​ろく​を​き​いだ​の​が​ただしい​ひと​で​あった​から​で​ある​--​その​ひと​は、​イエス​の​​に​よって​じっさい​に​おおく​の​せき​を​おこなった。そして、ぶん​の​ざいあく​から​ことごとく​きよめられ​なければ、イエス​の​​に​よって​せき​を​おこなえる​ひと​は​だれ​も​いなかった。--

    2 ​さて、わたしたち​の​とき​の​計算けいさん​に​ついて​この​ひと​が​ちがい​を​して​い​なければ、だい​三十三​ねん​が​った。

    3 ​そして​たみ​は、レーマンじん​の​げんしゃ​サムエル​に​よって​らされた​しるし、すなわち​​の​おもて​に​みっかんくらやみ​が​つづく​とき​を、おおきな​たい​を​もって​のぞむ​よう​に​なった。

    4 ​また、じょう​に​おおく​の​​しるし​が​あらわれて​いた​に​も​かかわらず、たみ​の​なか​に​ひどい​うたがい​と​ろんそう​が​こった。

    5 ​さて、だい​三十四​ねん​一がつよっ​に、ぜん​で​これまで​に​まったく​られて​いない​よう​な​おおきな​あらし​が​こった。

    6 ​また、はげしく​すさまじい​ぼうふう​も​あった。また、すさまじい​かみなり​が​あり、まさに​く​ほど​に​ぜん​を​うごかした。

    7 ​さらに、ぜん​で​これまで​に​まったく​られて​いない​よう​な​じょう​に​強烈きょうれつ​な​稲妻いなずま​が​あった。

    8 ​そして、​ゼラヘムラ​の​まち​に​​が​ついた。

    9 ​モロナイ​の​まち​は​う み​の​ふかみ​に​しずんで、そこ​に​む​もの​は​おぼれた。

    10 ​また、​が​モロナイハ​の​まち​の​うえ​に​がり、その​まち​の​あった​ところ​に​おおきな​やま​が​できた。

    11 南方なんぽう​の​​に​も​大変たいへん​な​おそろしい​かい​が​あった。

    12 ​しかし​よ、北方ほっぽう​の​​に​は​もっと​大変たいへん​な​おそろしい​かい​が​あった。よ、ぼうふう​と​旋風せんぷう​と​かみなり​と​稲妻いなずま​と​ぜん​の​じょう​に​はげしい​しんどう​の​ため​に、​の​全面ぜんめん​が​わって​しまった。

    13 かいどう​は​かい​され、平坦へいたん​な​みち​は​そこなわれ、おおく​の​たいら​な​しょ​が​ふく​の​はげしい​ところ​と​なり、

    14 おおく​の​おおきな​​の​れた​まち​が​しずみ、おおく​の​まち​が​け、また​おおく​の​まち​が​れ​うごいて​建物たてもの​が​​に​たおれ、そこ​に​む​もの​が​に、ほうぼう​の​​が​てる​に​まかされた。

    15 のこった​まち​も​しょう​あった​が、それでも​それら​の​まち​の​けた​がい​は​じょう​に​おおきく、それら​の​まち​の​おおく​の​もの​が​んだ。

    16 ​また、旋風せんぷう​に​よって​はこび​られた​もの​も​かなり​いた。人々ひとびと​は​かれら​が​はこび​られた​こと​は​って​いる​が、どこ​へ​はこばれて​った​の​か​だれ​も​らない。

    17 ​この​よう​に、ぼうふう​と​かみなり​と​稲妻いなずま​と​​の​しんどう​の​ため​に、ぜん​の​おもて​が​かたち​を​えて​しまった。

    18 ​そして​よ、ほうぼう​の​いわ​は​二つ​に​けて、ぜん​の​おもて​に​およんだ​ので、​の​全面ぜんめん​に​くだけた​へん​として、ひび​として、​として​られる​よう​に​なった。

    19 ​そして、かみなり​と​稲妻いなずまあらしぼうふう​の​しんどう​は​やんだ。よ、これら​は​およそ​​三​かんつづいた。その​かん​は​もっと​ながかった​と​う​人々ひとびと​も​いた​が、この​よう​な​大変たいへん​な​おそろしい​ごと​は​すべて、およそ​三​かんつづいた。そののちよ、​の​おもて​が​くらく​なった。

    20 ​そして、​の​全面ぜんめん​に​ふかい​くらやみ​が​あり、それ​まで​に​たおれなかった​たみ​が​その​あんこく​の​きり​に​れる​と、それ​を​かんじる​こと​が​できる​ほど​で​あった。

    21 ​また、くらやみ​の​ため​に​ひかり​は​まったく​そんざい​する​こと​が​できず、ろうそく​も、たいまつ​も​ともす​こと​が​できなかった。また、良質りょうしつ​の​十分じゅうぶん​に​乾燥かんそう​した​​に​も​​を​つける​こと​が​できなかった​ので、ひかり​は​まったく​なかった。

    22 ​の​おもて​に​ある​あんこく​の​きり​が​じょう​に​ふかかった​ので、どんな​ひかり​も​えず、​も、かすか​な​ひかり​も、太陽たいよう​も、つき​も、ほし​も​えなかった。

    23 ​そして、ひかり​の​まったく​えない​じょうたい​が​みっかんつづき、すべて​の​たみ​の​なか​に​おおきな​かなしみ​と​わめき​ごえ​と​ごえ​が​えなかった。まことに、たみ​に​およんだ​くらやみ​と​おおきな​かい​の​ため​に、たみ​の​うめき​ごえ​は​おおきかった。

    24 ​そして、ある​ところ​で​は​たみ​が、「おお、この​大変たいへん​な​おそろしい​​が​る​まえ​に​あらためて​おけ​ば​よかった。そう​すれ​ば、我々われわれ​の​同胞はらから​は​いのち​を​たすけられ、あの​おおきな​まち​ゼラヘムラ​で​かれる​こと​は​なかった​だろう」と​さけぶ​の​が​かれ、

    25 ​また​べつ​の​ところ​で​は、「おお、この​大変たいへん​な​おそろしい​​が​る​まえ​に​あらためて​おき、げんしゃ​たち​を​ころさず、いし​を​げつけず、さなければ​よかった。そう​すれ​ば、我々われわれ​の​はは​も、うるわしい​むすめ​たち​も、ども​たち​も​いのち​を​たすけられ、あの​おおきな​まち​モロナイハ​で​められる​こと​は​なかった​だろう」と​さけぶ​の​が​かれた。この​よう​に、たみ​は​おおいに、また​ひどく​うめき​くるしんだ。