第三ニーファイ 19
    脚注
    Theme

    第​19​章

    じゅうにん​の​たみ​を​おしえ​みちびき、聖霊せいれい​を​もとめて​いのる。じゅうにん​の​、バプテスマ​を​け、聖霊せいれい​を​さずかり、てん使​から​おしえ​と​みちびき​を​ける。イエス、しるせない​こと​で​いのられる。イエス、これら​の​ニーファイじん​の​しんこう​が​じょう​に​ふかい​こと​を​みとめられる。げんやく​三十四​ねん

    1 ​さて、イエス​が​てん​に​のぼって​かれる​と、群衆ぐんしゅう​は​解散かいさん​し、おとこ​たち​は​各々おのおのさい​を​れて​いえ​に​かえった。

    2 ​そして、群衆ぐんしゅう​が​イエス​に​お​い​した​こと​と、イエス​が​かれら​を​おしえ​みちびかれた​こと​と、イエス​が​よくじつ​も​群衆ぐんしゅう​に​しん​を​あらわされる​こと​が、くらく​なる​まえ​に、すぐに​たみ​の​なか​に​ひろく​げ​らされた。

    3 ​まことに、一晩ひとばんじゅう​イエス​の​こと​が​ひろく​げ​らされた。そして​かれら​は、たみ​に​使つかい​を​して、おおく​の​もの、まことに​じょう​に​おおぜい​の​もの​が​一晩ひとばんじゅうおおいに​はたらき、イエス​が​群衆ぐんしゅう​に​しん​を​あらわされる​しょ​に、よくじつ人々ひとびと​が​あつまる​こと​が​できる​よう​に​した。

    4 ​そして​その​よくじつ群衆ぐんしゅう​が​あつまった​とき​に、よ、ニーファイ​と、ニーファイ​が​しゃ​の​なか​から​よみがえらせた​かれ​の​きょうだい​テモテ​と、ヨナ​と​いう​​の​ニーファイ​の​むす​と、マソーナイ​と、その​きょうだい​マソーナイハ​と、クメン​と、クメノンハイ​と、エレミヤ​と、シェムノン​と、ヨナ​と、ゼデキヤ​と、イザヤ、じょう​は​イエス​が​えらばれた​​たち​の​​で​ある​が、さて、かれら​は​すすみ​る​と、群衆ぐんしゅう​の​なか​に​った。

    5 ​そして​よ、群衆ぐんしゅう​が​じょう​に​おおぜい​で​あった​ため、かれら​は​群衆ぐんしゅう​を​十二​くみ​に​けた。

    6 ​十二​にん​は​その​群衆ぐんしゅう​を​おしえ、また​よ、かれら​は​群衆ぐんしゅう​を​​の​おもて​に​ひざまずかせ、イエス​の​​に​よって​御父おんちち​に​いのらせた。

    7 ​また​​たち​も​イエス​の​​に​よって​御父おんちち​に​いのった。そして、かれら​は​がり、たみ​を​おしえ​みちびいた。

    8 かれら​は、イエス​が​われた​とおり​の​こと​を、イエス​が​おしえられた​こと​と​すこしも​ことなる​こと​なく​おしえる​と、よ、ふたたび​ひざまずいて、イエス​の​​に​よって​御父おんちち​に​いのった。

    9 かれら​は、ぶん​たち​が​もっとも​のぞんで​いる​もの​を​もとめて​いのった。聖霊せいれい​が​さずけられる​よう​に​と​のぞんで​いた​の​で​ある。

    10 かれら​は​この​よう​に​いのり​える​と、水際みずぎわ​に​りて​き、群衆ぐんしゅう​も​かれら​に​つづいた。

    11 ​そして、ニーファイ​が​みず​の​なか​に​はいって​き、バプテスマ​を​けた。

    12 ​そして​かれ​は、みず​の​なか​から​て​る​と、バプテスマ​を​ほどこし​はじめ、イエス​が​えらばれた​もの​たち​ぜんいん​に​バプテスマ​を​ほどこした。

    13 ​そして、かれら​が​みな​バプテスマ​を​けて、みず​から​がる​と、聖霊せいれい​が​かれら​に​くだられた。そして、かれら​は​聖霊せいれい​と​​に​たされた。

    14 よ、かれら​は​​の​よう​な​もの​に​つつまれた。それ​は​てん​から​くだって​た​もの​で​ある。群衆ぐんしゅう​は​それ​を​て​あかし​した。また、てん使​たち​が​てん​から​くだって​て、かれら​を​おしえ​みちびいた。

    15 ​さて、てん使​たち​が​​たち​を​おしえ​みちびいて​いた​とき​に、よ、イエス​が​られ、かれら​の​なか​に​って​おしえ​を​さずけられた。

    16 ​そして、イエス​は​群衆ぐんしゅう​に​かたり​かけ、もう​いち​に​ひざまずく​よう​に​めいじ、​たち​に​も​​に​ひざまずく​よう​に​われた。

    17 ​そして、かれら​が​みな​に​ひざまずく​と、イエス​は​​たち​に、いのる​よう​に​めいじられた。

    18 よ、かれら​は​いのり​はじめ、イエス​を​ぶん​たち​の​しゅぶん​たち​の​かみ​と​となえて、イエス​に​かって​いのった。

    19 ​そこで​イエス​は、かれら​の​なか​から​り、すこし​はなれた​ところ​に​って​ぶん​も​​に​して、われた。

    20 ちち​よ、わたし​が​えらんだ​これら​の​もの​に​聖霊せいれい​を​あたえて​くださり、感謝かんしゃ​いたし​ます。かれら​が​わたし​を​しんじた​ので、わたし​は​かれら​を​​から​えらび​し​ました。

    21 ちち​よ、どうか​かれら​の​こと​を​しんじる​すべて​の​もの​に​聖霊せいれい​を​お​あたえ​ください。

    22 ちち​よ、あなた​は​かれら​が​わたし​を​しんじて​いる​ので、かれら​に​聖霊せいれい​を​あたえて​ください​ました。かれら​が​いのる​の​を​お​き​に​なって​お​かり​の​よう​に、かれら​は​わたし​を​しんじて​います。かれら​は​わたし​に​いのって​います。わたし​が​かれら​と​ともに​いる​ので、かれら​は​わたし​に​いのって​います。

    23 ​さて、ちち​よ、わたし​は​かれら​の​ため​に、また​かれら​の​こと​を​しんじる​すべて​の​もの​の​ため​に​お​ねがい​します。かれら​が​わたし​を​しんじる​こと​が​できる​よう​に​して​ください。ちち​よ、​あなた​が​わたし​に​おられる​よう​に、わたし​が​かれら​に​いる​こと​が​でき、わたしたち​が​​一つ​と​なれる​よう​に​して​ください。」

    24 ​さて、イエス​は​この​よう​に​御父おんちち​に​いのり​える​と、​たち​の​ところ​に​られた。ところが​よ、かれら​は、​なく​なお​も​イエス​に​かって​いのり​つづけて​いた。かれら​は​ことかず​を​おおく​した​の​で​は​ない。いのる​べき​ことがら​が​かれら​に​しめされ、また​かれら​に​は、ねがい​ごと​が​いっぱい​あった​から​で​ある。

    25 ​そこで、​たち​が​イエス​に​いのって​いる​あいだ​に、イエス​は​かれら​を​しゅくふく​された。また、イエス​は​かれら​に​ほほえみ​かけ、イエス​の​かお​の​ひかり​が​かれら​を​らした。すると​かれら​も、イエス​の​かお​の​よう​に、また​イエス​の​ころも​の​よう​に​しろく​なった。そして​よ、その​しろさ​は​あらゆる​しろさ​に​まさって​おり、まことに、じょう​の​もの​で​これほど​しろい​もの​は​ありない​ほど​で​あった。

    26 ​また、イエス​は​かれら​に、「いのり​つづけ​なさい」と​われた。しかし、じつは​かれら​は​まだ​いのる​の​を​やめて​いなかった。

    27 ​イエス​は​かれら​から​また​なおり、すこし​はなれた​ところ​に​って​​に​された。そして、ふたたび​御父おんちち​に​いのって​われた。

    28 ちち​よ、わたし​が​えらんだ​もの​たち​を、かれら​の​しんこう​の​ゆえ​に​きよめて​くださり​感謝かんしゃ​します。わたし​は​かれら​の​ため​に、また​かれら​の​こと​を​しんじる​もの​たち​の​ため​に​も​お​ねがい​します。かれら​が​わたし​に​よって​きよめられて​いる​よう​に、かれら​の​こと​を​しんじる​もの​たち​も、かれら​の​こと​を​しんじる​こと​で​わたし​に​よって​きよめられる​よう​に​して​ください。

    29 ちち​よ、わたし​は​​の​ため​で​は​なく、しんこう​が​ある​と​いう​こと​で​あなた​が​​から​えらんで、わたし​に​あたえて​くださった​もの​たち​の​ため​に​お​ねがい​します。かれら​が​わたし​に​よって​きよめられる​よう​に​して​ください。ちち​よ、あなた​が​わたし​の​うち​に​おられる​よう​に、わたし​が​かれら​の​うち​に​いる​こと​が​でき、わたしたち​が​一つ​と​なり、わたし​が​かれら​に​よって​えいこう​を​ける​こと​が​できる​よう​に​して​ください。」

    30 ​イエス​は​これら​の​こと​を​かたる​と、また​​たち​の​ところ​に​られた。すると​かれら​は、​なく​つづけて​イエス​に​かって​いのって​いた。そこで​イエス​は、また​かれら​に​ほほえみ​かけられた。よ、かれら​は​イエス​の​よう​に​しろかった。

    31 ​さて、イエス​は​また​すこし​はなれた​ところ​に​って、御父おんちち​に​いのられた。

    32 ​イエス​が​いのられた​こと​を​した​は​かたる​こと​が​できない​し、イエス​が​いのられた​こと​を​ひと​は​しるす​こと​が​できない。

    33 群衆ぐんしゅう​は​いて、あかし​して​いる。かれら​の​こころ​は​ひらかれ、かれら​は​イエス​が​いのられた​こと​を​こころ​の​なか​で​かい​した。

    34 ​しかし、イエス​が​いのられた​こと​は、まことに​おおいなる​おどろく​べき​もの​で​あった​ので、ひと​は​それ​を​しるす​こと​も​でき​なければ、あらわす​こと​も​できない。

    35 ​さて、イエス​は​いのり​える​と、また​​たち​の​ところ​に​て​かれら​に​われた。「わたし​は​すべて​の​ユダヤじん​の​なか​で、これほど​の​ふかい​しんこう​を​た​こと​が​ない。わたし​は、かれら​の​しんこう​の​ゆえ​に、この​よう​に​おおきな​せき​を​かれら​に​あらわす​こと​が​できなかった。

    36 ​まことに、あなたがた​に​う。かれら​の​なか​に​は、あなたがた​が​た​よう​な​おおいなる​こと​を​た​もの、また​あなたがた​が​いた​よう​な​おおいなる​こと​を​いた​もの​は​ひと​も​いない。」