ニーファイ第一書 19
    脚注

    第​19​章

    ニーファイ、あらがね​で​はん​を​つくり、たみ​の​れき​を​ろく​する。イスラエル​の​かみ​は、リーハイ​が​エルサレム​を​って​から​六百​ねん​で​られる。ニーファイ、イスラエル​の​かみ​が​けられる​くるしみ​と​じゅう​の​けい​に​ついて​べる。ユダヤじん​は​まつじつ​に​なる​まで​さげすまれ、らされて、まつじつ​に​は​しゅ​に​ち​かえる。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​は​しゅ​に​めいじられた​ので、たみ​の​ろく​を​きざむ​ため​に​あらがね​で​はん​を​つくった。そして、その​はん​に​ちち​の​ろく​と​​で​の​たび​の​こと、ちち​の​げん、また​わたし​しん​が​かたった​おおく​の​げん​を​きざんだ。

    2 ​わたし​が​その​はん​を​つくった​とき​に​は、のち​に​しゅ​から、べつ​に​​この​はん​を​つくる​よう​に​めいじられる​と​は​らなかった。したがって、ちち​の​ろく​や​せん​の​けい、それに​​で​の​こうどう​の​だいぶん​は、わたし​が​さき​に​べた​さいしょ​の​はん​に​きざんで​ある。それで、わたし​が​​この​はん​を​つくる​まえ​に​こった​こと​は、まことに​いっそう​くわしく​さいしょ​の​はん​に​べられて​いる。

    3 しゅ​の​命令めいれい​に​よって​この​はん​を​つくった​あと​で、わたし​ニーファイ​は、つとめ​と​げん、すなわち​それら​の​なか​で​かり​やすくて​ちょう​な​ぶん​を、​この​はん​に​しるす​よう​に​めいじられた。また、これから​この​​を​しょゆう​する​わたし​の​たみ​を​おしえる​ため​に、それに​また​しゅ​が​ぞんじ​で​ある​賢明けんめい​な​もくてき​の​ため​に、この​はん​に​しるされた​こと​を​ぞん​する​よう​に​と​の​めい​を​けた。

    4 ​それで​わたし​ニーファイ​は、たみ​の​せんそう​と​あらそい​と​めつぼう​の​いきさつ​を​いっそう​くわしく​べる​はなし​を、ほか​の​はん​に​ろく​した。わたし​は​これ​を​おこなって​から、わたし​の​んだ​のち​に​なす​べき​こと​を​たみ​に​めいじ、また​しゅ​が​のち​に​めいじられる​まで​は、これら​の​はん​を​ゆずり​つたえ、また​げんしゃ​から​げんしゃ​へ​ゆずり​つたえる​よう​に​めいじた。

    5 ​わたし​は​また、のち​に​この​はん​を​つくった​いきさつ​を​べる​ので、よ、いま​は​わたし​が​これまで​はなした​こと​に​したがって​き​すすめる。わたし​が​こう​する​の​は、より​神聖しんせい​な​ことがら​が​ぞん​されて、それ​が​たみ​に​とって​しき​と​なる​よう​に​したい​と​おもう​から​で​ある。

    6 ​それでも​わたし​は、神聖しんせい​で​ある​と​おもう​こと​で​なければ、何事なにごと​も​はん​に​しるさない。その​よう​に​する​こと​で、もしも​わたし​が​あやまり​を​おかす​なら、むかし​の​ひと​で​も​あやまり​を​おかした​の​で​ある​が、にん​の​れい​を​いて​もうひらき​を​する​の​で​は​なく、ただ、にく​に​おいて​の​わたし​の​よわさ​の​ため​で​ある​と​もうひらき​を​しよう。

    7 ​ある​人々ひとびと​が​にくたい​に​も​れい​に​も​おおいに​​が​ある​と​おもう​こと​を、ほか​の​人々ひとびと​が​なんとも​おもわないで​あし​の​した​に​みつける​こと​が​ある。まことに、イスラエル​の​まこと​の​かみ​で​すら​人々ひとびと​は​あし​の​した​に​みつける。あし​の​した​に​みつける​と​った​が、い​えれば、かれら​は​かみ​を​る​に​りない​もの​と​し、その​すすめ​の​こえ​に​き​したがわない​と​いう​こと​で​ある。

    8 ​そして​よ、てん使​の​こと​に​よれ​ば、イスラエル​の​かみ​は、ちち​が​エルサレム​を​って​から​​六百​ねん​に​​おいで​に​なる。

    9 ​しかし、​の​人々ひとびと​は​ぶん​たち​の​ざいあく​の​ため​に、この​かた​を​る​に​りない​もの​と​判断はんだん​する。それで​かれら​は​この​かた​を​むちつ​が、この​かた​は​それ​に​えられる。また​かれら​は​その​かた​を​つ​が、この​かた​は​それ​に​も​えられる。まことに、かれら​は​この​かた​に​​つばき​を​き​かける​が、この​かた​は​それ​に​も​えられる。それ​は、この​かた​が​ひと​の​ら​に​たいして​あい​に​あふれた​やさしさ​と​寛容かんよう​に​んで​おられる​から​で​ある。

    10 ​わたしたち​の​せん​の​かみ、すなわち、わたしたち​の​せん​を​れい​の​じょうたい​から​すくって、エジプト​から​みちびき​し、​の​なか​で​かれら​を​まもられた​かみ、まことに、​アブラハム​の​かみ、イサク​の​かみ、ヤコブ​の​かみ​は、あの​てん使​の​こと​の​よう​に​ひと​の​ひと​として​あくにん​たち​の​​に​​を​ゆだねて、​ゼノク​の​こと​の​よう​に​げられ、ニアム​の​こと​の​よう​に​じゅう​に​つけられ、​ゼノス​の​こと​の​よう​に​はか​に​ほうむられる​の​で​ある。ゼノス​は​みっかん​の​くらやみ​に​ついて​かたった​が、それ​は​この​かた​が​くなられる​とき​の​しるし​で​あって、う み​の​島々しまじま​に​む​もの​たち、とくに​​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​もの​に​あたえられる​しるし​で​ある。

    11 げんしゃ​ゼノス​は​った。「その​しゅ​なる​かみ​は​かならず​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​に​のぞみ、ある​もの​に​は、かれら​の​​の​ゆえ​に​こえ​を​もって​のぞんで​おおきな​よろこび​と​すくい​を​あたえ、また​ほか​の​もの​に​は、ちから​の​こす​雷鳴らいめい​と​稲妻いなずま​を​もって、ぼうふうけむりあんこく​の​きりれ、がる​山々やまやま​を​もって​のぞまれる。」

    12 げんしゃ​ゼノス​は​さらに​う。「これら​の​こと​は、​すべて​かならず​こる。そして​​の​いわ​は​かならず​ける。また​だい​が​うなり​を​こす​ので、う み​の​島々しまじま​に​ある​おおく​の​おう​は​かみ​の​たま​に​うごかされて、『万物ばんぶつ​の​かみ​が​くるしみ​に​えて​おられる』​と​さけぶ。」

    13 ​また​その​げんしゃ​は​う。「エルサレム​に​いる​もの​たち​に​ついて​え​ば、かれら​は​イスラエル​の​かみ​を​じゅう​に​つけ、ぶん​たち​の​こころ​を​そむけて、しるし​も​​も、また​イスラエル​の​かみ​の​ちから​と​えいこう​を​も​かえりみない​ため​に、すべて​の​たみ​から​むちたれる。」

    14 ​その​げんしゃ​は​また​う。「かれら​は​こころ​を​そむけて、イスラエル​の​せいじゃ​を​​さげすむ​ので、にく​に​あって​さまよい、ほろび​うせ、すべて​の​こくみん​の​なか​で​​あざけられ、わらいぐさ​と​なり、にくまれる。」

    15 ​その​げんしゃ​は​さらに​う。「それでも、かれら​が​​もはや​イスラエル​の​せいじゃ​に​こころ​を​そむけなく​なる​​が​れば、イスラエル​の​せいじゃ​は​かれら​の​せん​と​わした​せいやく​を​おもこされる。」

    16 ​まことに​その​とき​に、イスラエル​の​せいじゃ​は​う み​の​島々しまじま​を​おもこされる。そして​しゅ​は、げんしゃ​ゼノス​の​こと​の​よう​に、「わたし​は​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​たみ​を、すべて​​の​ほう​から​あつめよう」と​われる。

    17 ​その​げんしゃ​は、「ぜん​の​人々ひとびと​は​しゅ​の​すくい​を​る​よう​に​なり、すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​が​しゅくふく​される」と​う。

    18 ​わたし​ニーファイ​が​これら​の​こと​を​たみ​に​しるして​きた​の​は、しゅ​なる​かれら​の​あがなぬし​を​おぼえる​よう​に​かれら​を​説得せっとく​できる​と​おもった​から​で​ある。

    19 ​したがって​わたし​は、イスラエル​の​いえ​の​すべて​の​もの​が​​これら​の​ろく​を​​に​れた​とき​の​ため​に、イスラエル​の​いえ​の​すべて​の​もの​に​かって​かたる​の​で​ある。

    20 よ、エルサレム​に​いる​人々ひとびと​の​ため​に、わたし​の​こころ​は​おおいに​ち​さわいで​おり、全身ぜんしん​の​関節かんせつ​が​ゆるむ​ほど、わたし​は​つかれ​てて​いる。もし​しゅ​が、むかし​の​げんしゃ​たち​に​しめされた​よう​に、わたし​を​あわれんで、エルサレム​に​いる​人々ひとびと​の​こと​を​わたし​に​も​しめされなかったら、わたし​も​また​ほろびて​しまって​いた​から​で​ある。

    21 しゅ​は​たしか​に、むかし​の​げんしゃ​たち​に、​エルサレム​に​いる​人々ひとびと​に​ついて​すべて​の​こと​を​しめされ、また​わたしたち​に​ついて​も​おおく​の​げんしゃ​に​しめされた。それで​これら​の​こと​は、真鍮しんちゅう​の​はん​に​しるされて​いる​ので、とうぜん​の​こと​ながら、わたしたち​は​かれら​に​ついて​って​いる​の​で​ある。

    22 ​さて、わたし​ニーファイ​は、あに​たち​に​これら​の​こと​を​おしえた。そして、しゅ​が​ほか​の​​で​むかし​の​人々ひとびと​の​なか​で​おこなわれた​こと​を、あに​たち​も​る​こと​が​できる​よう​に、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざまれて​いる​おおく​の​こと​を​んで​かせた。

    23 ​わたし​は​また、​モーセ​の​しょ​に​しるして​ある​おおく​の​こと​を​んで​かせた​が、しゅ​なる​あがなぬし​を​しんじる​よう​さらに​十分じゅうぶん​に​すすめる​ため​に、げんしゃ​イザヤ​が​しるした​こと​を​かれら​に​んで​かせた。すべて​の​聖文せいぶん​を​ぶん​たち​に​てはめて、それ​が​ぶん​たち​の​えき​と​なり、しき​と​なる​よう​に​する​ため​で​あった。

    24 ​それで​わたし​は​あに​たち​に​った。「この​げんしゃ​の​こと​を​いて​ください。イスラエル​の​いえ​の​のこり​の​もの​で​あって、もと​から​られた​一ぽん​の​えだ​で​ある​にいさん​たち、イスラエル​の​いえ​の​すべて​の​もの​に​けて​しるされた​げんしゃ​の​こと​を​いて​ください。そして​あなたがた​の​同胞はらから、すなわち​あなたがた​は​その​同胞はらから​から​り​られた​もの​です​が、その​同胞はらから​と​どうよう​に​のぞみ​を​いだく​こと​が​できる​よう​に、その​こと​を​ぶんしん​に​てはめて​ください。この​げんしゃ​は​その​よう​に​しるして​いる​から​です。」