ヒラマン書 8
    脚注

    第​8​章

    じゃあく​な​さばきつかさ​たち、たみ​を​そそのかして​ニーファイ​の​こと​を​いからせよう​と​する。アブラハム、モーセ、ゼノス、ゼノク、イザイアス、イザヤ、エレミヤ、リーハイ、ニーファイ​は​みな、キリスト​に​ついて​あかし​した。ニーファイ、だい​さばきつかさ​が​ころされた​こと​を​霊感れいかん​に​よって​げる。げんぜんやく​二十三​ねん​から​二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、ニーファイ​が​これら​の​こと​を​かたり​えた​とき、よ、そこ​に​は、さばきつかさ​で​あり​ながら​ガデアントン​の​みつ​の​だん​に​も​しょぞく​して​いる​おとこ​たち​が​おり、かれら​は​いかって​ニーファイ​に​なん​の​こえ​を​げ、人々ひとびと​に​った。「なぜ​あなたがた​は​この​おとこ​を​らえて​れてて、この​おとこ​が​おかした​ざい​に​おうじて​つみ​に​さだめられる​よう​に​しない​の​か。

    2 ​なぜ​あなたがた​は​この​おとこ​に​とれて​いて、この​おとこ​が​この​たみ​と​我々われわれ​の​ほうりつ​を​なん​する​の​を​いて​いる​の​か。」

    3 よ、ニーファイ​が、かれら​の​ほうりつ​が​はい​して​いる​こと​に​ついて​かれら​に​かたった​から​で​ある。まことに、ニーファイ​は​ここ​に​しるせない​おおく​の​こと​を​かたった。しかし、かみ​の​いましめ​に​はんする​こと​は​なにひとつ​わなかった。

    4 ​ところが、ニーファイ​が​さばきつかさ​たち​の​かくれた​やみ​の​わざ​に​ついて、かれら​に​あからさま​に​かたった​ので、さばきつかさ​たち​は、かれ​に​たいして​いかった​の​で​ある。それでも​さばきつかさ​たち​は、あえて​かれ​を​らえよう​と​は​しなかった。かれら​は、人々ひとびと​が​ぶん​たち​に​なん​の​こえ​を​げる​の​で​は​ない​か​と​おそれた​から​で​ある。

    5 ​それで​かれら​は、人々ひとびと​に​かって​さけんだ。「なぜ​あなたがた​は​この​おとこ​が​我々われわれ​を​なん​する​の​を​ゆるして​おく​の​か。この​おとこ​は​この​たみ​の​ぜんいん​に​めつぼう​を​せんこく​して​いる。そのうえ、これら​の​だい​な​まち​が​我々われわれ​から​うばわれ、そこ​に​我々われわれ​の​しょ​が​なくなる​と​も​って​いる。

    6 我々われわれ​は、この​よう​な​こと​が​ありない​の​を​って​いる。まことに、我々われわれ​は​つよく、まち​は​だい​で​ある​ので、てき​は​我々われわれ​を​はい​する​けんりょく​を​てない​から​だ。」

    7 ​そして、かれら​は​人々ひとびと​を​せんどう​して​ニーファイ​の​こと​を​いからせ、人々ひとびと​の​なか​に​あらそい​を​しょうじ​させた。と​いう​の​は、つぎ​の​よう​に​さけんだ​人々ひとびと​も​いた​から​で​ある。「この​ひと​を​その​まま​に​して​おけ。この​ひと​は​りっ​な​ひと​だ。我々われわれ​が​あらため​なければ、この​ひと​の​う​こと​は​かならず​こる​だろう。

    8 ​そして​よ、この​ひと​が​我々われわれ​に​あかし​した​さばき​は、すべて​我々われわれ​に​くだる​だろう。我々われわれ​は、この​ひと​が​我々われわれ​の​ざいあく​に​ついて​ただしく​あかし​した​の​を​って​いる。よ、我々われわれ​の​ざいあく​は​おおい。この​ひと​は、我々われわれ​の​ざいあく​を​って​いる​よう​に、将来しょうらい我々われわれ​に​こる​すべて​の​こと​も​って​いる。

    9 ​まことに​よ、もし​この​ひと​が​げんしゃ​で​なかった​なら​ば、それら​の​こと​に​ついて​あかし​が​できなかった​だろう。」

    10 ​そして、ニーファイ​を​ころそう​と​した​もの​たち​は​おそれ、かれ​を​らえる​こと​は​どうしても​できなかった。そこで​かれ​は、ある​人々ひとびと​が​ぶん​に​こう​を​せ、また​その​こと​で​ほか​の​もの​が​おそれて​いる​の​を​て、人々ひとびと​に​ふたたび​はなし​はじめた。

    11 かれ​は​もっと​はなす​よう​に​つよく​うながされて、人々ひとびと​に​った。「よ、同胞はらから​よ、あなたがた​は​かみ​が​ひと​の​ひと​モーセ​に、こうかい​の​みず​を​つ​ちから​を​あたえられた​こと​を​んだ​こと​が​ない​の​か。こうかい​の​みず​は​みぎ​と​ひだり​に​かれた​ので、わたしたち​の​せん​で​ある​イスラエルじん​は、かわいた​​を​とおって​て​た。また、その​みず​は​エジプトじん​の​軍勢ぐんぜい​の​うえ​に​じ、かれら​を​のみ​くして​しまった。

    12 ​そして​よ、かみ​が​かつて​この​よう​な​ちから​を​この​ひと​に​あたえられた​の​で​あれ​ば、なぜ​あなたがた​は​たがいに​ろんじ​う​の​か。あなたがた​が​あらためなければ​あなたがた​に​およぶ​こと​に​なる​さばき​に​ついて、る​こと​の​できる​ちから​を、かみ​が​わたし​に​あたえられなかった​と​う​の​か。

    13 ​しかし​よ、あなたがた​は、わたし​の​こと​を​てい​して​いる​だけ​で​なく、わたしたち​の​せん​が​かたった​すべて​の​こと​と、この​よう​な​だい​な​ちから​を​あたえられた​この​モーセ​が​かたった​こと、まことに、かれ​が​メシヤ​の​らいりん​に​かんして​かたった​こと​を​も​てい​して​いる。

    14 ​まことに​かれ​は、かみ​の​おん​が​将来しょうらいられる​こと​を​あかし​しなかった​か。かれ​が​​で​青銅せいどう​の​へび​を​げた​よう​に、将来しょうらいられる​かみ​の​おん​も​げられる​で​あろう。

    15 ​また、その​へび​を​あおぎ​る​もの​が​みなきた​よう​に、いる​れい​を​いだいて、しんこう​を​もって​かみ​の​おん​を​あおぎ​る​もの​は​みなきる​こと​が​でき、永遠えいえん​で​ある​あの​いのち​に​あずかる​で​あろう。

    16 ​さて​よ、これら​の​こと​を​あかし​した​の​は​モーセ​だけ​で​は​ない。かれ​の​だい​から​アブラハム​の​だい​に​さかのぼる​せい​なる​げんしゃ​たち​も​みなあかし​した。

    17 ​そして​よ、​アブラハム​は、かみ​の​おん​の​らいりん​を​て、よろこび​に​たされ、うれしく​おもった。

    18 よ、あなたがた​に​う​が、これら​の​こと​を​って​いた​の​は​アブラハム​だけ​で​は​ない。アブラハム​の​だいぜん​に​も、かみ​の​くらい​に​したがって、すなわち​かみ​の​おん​の​くらい​に​したがって​された​人々ひとびと​が​すう​いた。これ​は、かみ​の​おん​の​らいりん​に​さきつ​なんぜんねん​も​まえ​に、将来しょうらいあがない​が​あたえられる​と​いう​こと​を​たみ​に​しめす​ため​で​あった。

    19 ​また​あなたがた​は、アブラハム​の​だいこう​に​も​これら​の​こと​を​あかし​した​げんしゃ​が​おおく​いた​と​いう​こと​を​って​ほしい。まことに、げんしゃ​ゼノス​は​大胆だいたん​に​あかし​し、その​ため​に​ころされた。

    20 ​また​よ、​ゼノク​も、イザイアス​も、​イザヤ​も、​エレミヤ​も​いた。(エレミヤ​と​は、​エルサレム​の​めつぼう​に​ついて​あかし​した​あの​げんしゃ​で​ある。)そして​わたしたち​は、エルサレム​が​エレミヤ​の​こと​の​とおり​に​ほろぼされた​こと​を​って​いる。おお、それなら​ば、どうして​かれ​の​こと​の​とおり​に​かみ​の​おん​が​られない​こと​が​あろう​か。

    21 ​あなたがた​は​​エルサレム​が​ほろぼされた​と​いう​じつ​に​反論はんろん​する​つもり​か。あなたがた​は、ゼデキヤ​の​むす​たち​が​​ミュレク​の​ほか​みなころされた​の​に、ころされなかった​と​う​つもり​か。ゼデキヤ​の​そん​が​エルサレム​の​​を​われ、いま​わたしたち​と​ともに​いる​の​を、あなたがた​は​て​いない​の​か。しかし​よ、これだけ​で​は​ない。

    22 ​わたしたち​の​せん​リーハイ​は、これら​の​こと​を​あかし​した​ため​に​エルサレム​から​された。ニーファイ​も​これら​の​こと​を​あかし​し、現在げんざい​に​いたる​まで​の​せん​たち​も​ほとんど​みなあかし​した。かれら​は​キリスト​の​らいりん​に​ついて​あかし​し、将来しょうらい​を​とおし、将来しょうらいる​キリスト​の​​を​よろこんだ。

    23 よ、キリスト​は​かみ​で​あり、いま​わたしたち​の​せん​と​ともに​おられる。また、キリスト​は​かれら​に​しん​を​あらわし、かれら​が​キリスト​に​よって​あがなわれる​こと​を​げられた。そこで​かれら​は、将来しょうらいこる​こと​の​ため​に、キリスト​に​えいこう​を​した。

    24 ​あなたがた​は​これら​の​こと​を​って​おり、いつわり​を​う​の​で​なければ​これら​の​こと​を​てい​できない​ので、この​こと​に​おいて​あなたがた​は​つみ​を​おかした。あなたがた​は、この​よう​に​おおく​の​しょう​を​あたえられて​きた​に​も​かかわらず、これら​の​こと​を​すべて​れなかった​から​で​ある。まことに、あなたがた​は​これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​と​いう​しょう​として、万物ばんぶつ​を、すなわち​てん​に​ある​もの​と​​に​ある​万物ばんぶつ​を、ともに​あたえられて​きた。

    25 ​しかし​よ、あなたがた​は​真実しんじつ​を​れず、せい​なる​かみ​に​そむいて​きた。そして、いま​で​さえ​あなたがた​は、なにもの​も​ちない、また​きよくない​もの​は​なにひとつ​はいれない​てん​に、ぶんしん​の​ため​に​たから​を​たくわえる​の​で​は​なく、さばき​の​​に​たいして​ぶんしん​の​ため​に​はげしい​いかり​を​かさねて​いる。

    26 ​まことに、いま​で​さえ​あなたがた​は、さつじん​と​てい​と​あく​の​ため​に​永遠えいえん​の​ほろび​の​​を​じゅく​させ​つつ​ある。あらため​なければ、それ​は​もなく​あなたがた​に​およぶ​で​あろう。

    27 ​まことに​よ、それ​は​いま​まさに​あなたがた​の​ぐち​に​ある。さばきつかさ​の​いる​ところ​へ​って​調しらべて​み​なさい。よ、あなたがた​の​さばきつかさ​は​ころされて​おり、​の​なか​に​よこたわって​いる。かれ​は​さばきつかさ​の​しょく​に​く​こと​を​もとめて​いる​ぶん​の​きょうだい​に​ころされた​の​で​ある。

    28 よ、かれら​は​ふた​と​も、あなたがた​の​みつ​の​だん​に​しょぞく​して​いる。その​みつ​の​だん​の​そうせつしゃ​は、ガデアントン​と、人々ひとびと​の​れい​を​ほろぼそう​と​して​いる​しき​もの​で​ある。」