ヒラマン書1
戻る 次へ

ヒラマンしょ

ニーファイじんについてのはなしかれらのせんそうあらそいと,かれらのについてのはなし。キリストのらいりんまえの,おおくのせいなるげんしゃたちのげんについてのはなし。ヒラマンのむすであるヒラマンのろく,およびかれむすたちのろくによるもので,キリストのらいりんときにまでいたる。また,おおくのレーマンじんかいしゅうする。かれらのかいしゅうについての。レーマンじん,およびニーファイじんあくまわしいおこないについての。ヒラマンとかれむすたちのろくによるもので,キリストのらいりんときにまでいたる。このろくはヒラマンしょばれる。

第1章

パホーラン二せいだいさばきつかさになり,キシクメンにころされる。パクメナイ,さばきつかさのしょくく。コリアンタマー,レーマンじんぐんたいひきいてゼラヘムラをうばい,パクメナイをころす。モロナイハ,レーマンじんやぶり,ゼラヘムラをかえす。コリアンタマー,ころされる。げんぜんやく五十二ねんから五十ねんいたる。

1 さてよ,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい四十ねんはじめに,ニーファイじんたみなかに一つのじゅうだいもんだいこった。

2 よ,パホーランんで,のすべてのひとみちってしまったので,だれがさばきつかさのしょくくべきかについて,パホーランのむすたちであるきょうだいなかしんこくあらそいがこったからである。

3 さばきつかさのしょくのためにあらそって,たみをもあらそわせたこのきょうだいたちのは,パホーラン,パアンカイ,パクメナイという。

4 パホーランのむすはこの三にんだけではない。(かれにはおおくのむすがいた。)しかし,さばきつかさのしょくのためにあらそったのはこの三にんであり,かれらはたみを三つのしゅうだんぶんれつさせてしまった。

5 それでも,パホーランがたみこえによってだいさばきつかさとなり,ニーファイのたみおさめるそうとくとなるようににんめいされた。

6 そしてパクメナイは,ぶんがさばきつかさのしょくられないことをると,たみこえどうした。

7 しかしよ,パアンカイと,かれそうとくになることをねがったたみいちものたちは,じょういかった。そのためかれは,そのひとびとにへつらって,同胞はらからたいしてほんこさせようとした。

8 そしてかれは,まさにそれをじっこうしようとしたときに,よ,らえられ,たみこえによってさばかれ,けいせんこくされた。かれほんこし,たみゆうそこなおうとしたからである。

9 ところが,かれそうとくになることをねがったものたちは,かれけいせんこくされたことをっていかった。そしてよ,かれらは,キシクメンというものをさばきつかさのしょくにあるパホーランのもとにつかわし,さばきつかさのせきいているパホーランをころした。

10 パホーランのじゅうしゃたちはキシクメンをいかけたが,よ,キシクメンのあしじょうはやかったので,だれもかれいつけなかった。

11 そして,かれぶんかせたものたちのところにかえり,かれらはぜんいんちかいをてた。すなわち,かれらはキシクメンがパホーランをころしたことをだれにもはなさないと,ぶんたちのえいえんつくぬしにかけてちかったのである。

12 そのためキシクメンは,パホーランをころしたときに姿すがたえていたので,ニーファイのたみられることはなかった。そしてキシクメンも,かれちかったなかも,つかることのないようにたみなかじっていたが,つかったものみなけいせんこくされた。

13 さてよ,パクメナイがたみこえによってだいさばきつかさとなり,たみそうとくとなるようににんめいされ,かれきょうだいパホーランにわっておさめることになった。それはかれけんにかなっていた。これはすべてさばきつかさのとうだい四十ねんにあったことであり,このとしわった。

14 さて,さばきつかさのとうだい四十一ねんに,レーマンじんはおびただしいかずへいあつめて,つるぎづきとうゆみ,かぶと,むねて,それにあらゆるたてそうさせていた。

15 そしてかれらは,ニーファイじんたたかうためにまたもややってた。かれらはコリアンタマーというおとこひきいられていた。このおとこはゼラヘムラのそんであり,ニーファイじんからのはんしゃであって,おおきなつよおとこであった。

16 それで,アモロンむすをツバロスというレーマンじんおうは,コリアンタマーがつよおとこであり,かれちからふかでニーファイじんかえるとおもったので,かれかせてニーファイじんはいするけんりょくようとした。

17 そこでツバロスは,レーマンじんせんどうしていからせ,ぶんぐんたいあつめ,コリアンタマーをぐんたいかんにんめいして,ニーファイじんたたかうためにかれらをゼラヘムラのしんぐんさせた。

18 さて,ニーファイじんは,せいないおおくのあらそいとおおくのもんだいがあったので,ゼラヘムラのじゅうぶんりのへいはいしていなかった。かれらはレーマンじんがあえてぶんたちのちゅうおうはいってて,このおおきなまちゼラヘムラをこうげきすることはないとおもっていたからである。

19 ところが,コリアンタマーはたいぐんひきいてすすみ,そのまちものおそったのである。しかも,かれらのしんぐんじょうはやかったので,ニーファイじんぐんたいあつめるひまがなかった。

20 そのためコリアンタマーは,まちぐちちかくでけいへいたおし,ぜんぐんひきいてまちはいった。そして,かれらはかうものをすべてころし,まち全体ぜんたいせんりょうした。

21 さて,だいさばきつかさであったパクメナイは,コリアンタマーからのがれてまちじょうへきところまでった。しかし,そこでじょうへきりかかったじょうたいでコリアンタマーにたれ,んだ。このようにして,パクメナイのしょうがいわった。

22 コリアンタマーは,ゼラヘムラのまちはいったのをて,またニーファイじんがレーマンじんまえからし,ころされ,らえられ,ろうれられなどして,ぶんぜんもっとけんなとりでのせんりょうえたのをて,こころふるち,ぜんかってこうとした。

23 そして,かれはゼラヘムラのながせず,たいぐんともなってバウンティフルのまちかってしんぐんした。それは,すすんでってつるぎみちひらき,くにほくれようとけつしていたからである。

24 またかれは,ニーファイじんぐんたいしゅりょくくにちゅうおうにいるとおもっていたので,ニーファイじんいくつかのちいさなぐんたいあつまるがいあつまるひまのないようにしんぐんした。このようにして,かれらはニーファイじんめ,たおしたのであった。

25 しかしよ,くにちゅうおうとおったこのコリアンタマーのしんぐんは,ころされたニーファイじんがおびただしいかずのぼったにもかかわらず,かれらにたいしてモロナイハをじょうゆうたちくことになった。

26 よ,モロナイハは,レーマンじんがあえてくにちゅうおうはいってることはなく,これまでおこなってきたように,さかいほうぼうまちこうげきしてるであろうとおもい,ニーファイじんつよぐんたいさかいほうぼうまもらせていたからである。

27 しかしよ,レーマンじんかれねがったようにはおそれず,くにちゅうおうはいってしゅであるゼラヘムラのまちうばい,くにもっとじゅうようほうけいしてすすみながら,おとこおんなどもべつなくたみおおぜいころし,おおくのまちおおくのとりでをせんりょうした。

28 モロナイハはこれをると,かれらがバウンティフルのたっするまえとおまわりしてかれらのしんつため,すぐにリーハイをぐんたいとともにけんした。

29 そして,リーハイはそのようにおこなった。かれはレーマンじんがバウンティフルのたっするまえに,かれらのしんってこうげきしたので,かれらはゼラヘムラのかって退たいきゃくはじめた。

30 そこでモロナイハも,退たいきゃくちゅうかれらの退たいってこうげきした。そのため,じょうなまぐさいたたかいになった。まことに,おおくのものころされ,ころされたものたちのなかコリアンタマーもいた。

31 さてよ,レーマンじんはあらゆるほうこうからニーファイじんかこまれたので,きたにも,みなみにも,ひがしにも,西にしにも,どのほうこうにも退たいきゃくできなかった。

32 このように,コリアンタマーがレーマンじんをニーファイじんのただなかとつにゅうさせたので,かれらはニーファイじんしゅちゅうちて,コリアンタマーしんころされてしまった。そして,レーマンじんはニーファイじんこうふくした。

33 そこでモロナイハは,ゼラヘムラのまちかえし,りょになったレーマンじんやすらかにこくがいらせた。

34 このようにして,さばきつかさのとうだい四十一ねんわった。