聖典
ヒラマン書 1

ヒラマンしょ

ニーファイじん​に​ついて​の​はなしかれら​の​せんそう​と​あらそい​と、かれら​の​​に​ついて​の​はなし。キリスト​の​らいりんまえ​の、おおく​の​せい​なる​げんしゃ​たち​の​げん​に​ついて​の​はなし。ヒラマン​の​むす​で​ある​ヒラマン​の​ろく、および​かれ​の​むす​たち​の​ろく​に​よる​もの​で、キリスト​の​らいりん​の​とき​に​まで​いたる。また、おおく​の​レーマンじん​が​改宗かいしゅう​する。かれら​の​改宗かいしゅう​に​ついて​の​。レーマンじん​の​、および​ニーファイじん​の​あく​と​まわしい​おこない​に​ついて​の​。ヒラマン​と​かれ​の​むす​たち​の​ろく​に​よる​もの​で、キリスト​の​らいりん​の​とき​に​まで​いたる。この​ろく​は​ヒラマンしょ​と​ばれる。

第​1​章

パホーラン​二せいだい​さばきつかさ​に​なり、キシクメン​に​ころされる。パクメナイ、さばきつかさ​の​しょく​に​く。コリアンタマー、レーマンじん​の​ぐんたい​を​ひきいて​ゼラヘムラ​を​うばい、パクメナイ​を​ころす。モロナイハ、レーマンじん​を​やぶり、ゼラヘムラ​を​かえす。コリアンタマー、ころされる。げんぜんやく​五十二​ねん​から​五十​ねん​に​いたる。

1 ​さて​よ、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​四十​ねん​の​はじめ​に、ニーファイじん​の​たみ​の​なか​に​一つ​の​じゅうだい​な​問題もんだい​が​こった。

2 よ、​パホーラン​が​んで、​の​すべて​の​ひと​の​く​みち​を​って​しまった​ので、だれ​が​さばきつかさ​の​しょく​に​く​べき​か​に​ついて、パホーラン​の​むす​たち​で​ある​きょうだい​の​なか​で​しんこく​な​あらそい​が​こった​から​で​ある。

3 ​さばきつかさ​の​しょく​の​ため​に​あらそって、たみ​を​も​あらそわせた​この​きょうだい​たち​の​​は、パホーラン、パアンカイ、パクメナイ​と​いう。

4 ​パホーラン​の​むす​は​この​三にん​だけ​で​は​ない。(かれ​に​は​おおく​の​むす​が​いた。)しかし、さばきつかさ​の​しょく​の​ため​に​あらそった​の​は​この​三にん​で​あり、かれら​は​たみ​を​三つ​の​しゅうだん​に​分裂ぶんれつ​させて​しまった。

5 ​それでも、パホーラン​が​たみ​の​こえ​に​よって​だい​さばきつかさ​と​なり、ニーファイ​の​たみ​を​おさめる​そうとく​と​なる​よう​に​にんめい​された。

6 ​そして​パクメナイ​は、ぶん​が​さばきつかさ​の​しょく​を​られない​こと​を​る​と、たみ​の​こえ​に​どう​した。

7 ​しかし​よ、パアンカイ​と、かれ​が​そうとく​に​なる​こと​を​ねがった​たみ​の​いち​の​もの​たち​は、じょう​に​いかった。その​ため​かれ​は、その​人々ひとびと​に​へつらって、同胞はらから​に​たいして​ほん​を​こさせよう​と​した。

8 ​そして​かれ​は、まさに​それ​を​じっこう​しよう​と​した​とき​に、らえられ、たみ​の​こえ​に​よって​さばかれ、けい​を​せんこく​された。かれ​が​ほん​を​こし、たみ​の​ゆう​を​そこなおう​と​した​から​で​ある。

9 ​ところが、かれ​が​そうとく​に​なる​こと​を​ねがった​もの​たち​は、かれ​に​けい​が​せんこく​された​こと​を​って​いかった。そして​かれら​は、キシクメン​と​いう​もの​を​さばきつかさ​の​しょく​に​ある​パホーラン​の​もと​に​つかわし、さばきつかさ​の​せき​に​いて​いる​パホーラン​を​ころした。

10 ​パホーラン​の​従者じゅうしゃ​たち​は​キシクメン​を​いかけた​が、キシクメン​の​あし​が​じょう​に​はやかった​ので、だれ​も​かれ​に​いつけなかった。

11 ​そして、かれ​は​ぶん​を​かせた​もの​たち​の​ところ​に​かえり、かれら​は​ぜんいんちかい​を​てた。すなわち、かれら​は​キシクメン​が​パホーラン​を​ころした​こと​を​だれ​に​も​はなさない​と、ぶん​たち​の​永遠えいえん​の​つくぬし​に​かけて​ちかった​の​で​ある。

12 ​その​ため​キシクメン​は、パホーラン​を​ころした​とき​に​姿すがた​を​えて​いた​ので、ニーファイ​の​たみ​に​られる​こと​は​なかった。そして​キシクメン​も、かれ​と​ちかった​なか​も、つかる​こと​の​ない​よう​に​たみ​の​なか​に​じって​いた​が、つかった​もの​は​みなけい​を​せんこく​された。

13 ​さて​よ、パクメナイ​が​たみ​の​こえ​に​よって​だい​さばきつかさ​と​なり、たみ​の​そうとく​と​なる​よう​に​にんめい​され、かれ​の​きょうだい​パホーラン​に​わって​おさめる​こと​に​なった。それ​は​かれ​の​けん​に​かなって​いた。これ​は​すべて​さばきつかさ​の​とうだい​四十​ねん​に​あった​こと​で​あり、この​とし​は​わった。

14 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​四十一​ねん​に、レーマンじん​は​おびただしい​かず​の​へい​を​あつめて、つるぎ​と​づきとうゆみ、かぶと、むねて、それに​あらゆる​たて​で​そう​させて​いた。

15 ​そして​かれら​は、ニーファイじん​と​たたかう​ため​に​またもや​やって​た。かれら​は​コリアンタマー​と​いう​​の​おとこ​に​ひきいられて​いた。この​おとこ​は​ゼラヘムラ​の​そん​で​あり、ニーファイじん​から​の​はんしゃ​で​あって、おおきな​つよい​おとこ​で​あった。

16 ​それで、​アモロン​の​むす​で​​を​ツバロス​と​いう​レーマンじん​の​おう​は、コリアンタマー​が​つよい​おとこ​で​あり、かれ​の​ちから​と​ふかい​​で​ニーファイじん​に​かえる​と​おもった​ので、かれ​を​かせて​ニーファイじん​を​はい​する​けんりょく​を​よう​と​した。

17 ​そこで​ツバロス​は、レーマンじん​を​せんどう​して​いからせ、ぶん​の​ぐんたい​を​あつめ、コリアンタマー​を​ぐんたい​の​かん​に​にんめい​して、ニーファイじん​と​たたかう​ため​に​かれら​を​ゼラヘムラ​の​​へ​しんぐん​させた。

18 ​さて、ニーファイじん​は、せいない​に​おおく​の​あらそい​と​おおく​の​問題もんだい​が​あった​ので、ゼラヘムラ​の​​に​十分じゅうぶん​な​り​の​へい​を​はい​して​いなかった。かれら​は​レーマンじん​が​あえて​ぶん​たち​の​​の​ちゅうおう​に​はいって​て、この​おおきな​まち​ゼラヘムラ​を​こうげき​する​こと​は​ない​と​おもって​いた​から​で​ある。

19 ​ところが、コリアンタマー​は​大軍たいぐん​を​ひきいて​すすみ、その​まち​に​む​もの​を​おそった​の​で​ある。しかも、かれら​の​しんぐん​が​じょう​に​はやかった​ので、ニーファイじん​は​ぐんたい​を​あつめる​ひま​が​なかった。

20 ​その​ため​コリアンタマー​は、まち​の​ぐち​の​ちかく​で​けいへい​を​り​たおし、ぜんぐん​を​ひきいて​まち​に​はいった。そして、かれら​は​かう​もの​を​すべて​ころし、まち全体ぜんたい​を​占領せんりょう​した。

21 ​さて、だい​さばきつかさ​で​あった​パクメナイ​は、コリアンタマー​から​のがれて​まち​の​じょうへき​の​ところ​まで​った。しかし、そこ​で​じょうへき​に​りかかった​じょうたい​で​コリアンタマー​に​たれ、んだ。この​よう​に​して、パクメナイ​の​生涯しょうがい​は​わった。

22 ​コリアンタマー​は、ゼラヘムラ​の​まち​が​​に​はいった​の​を​て、また​ニーファイじん​が​レーマンじん​の​まえ​から​し、ころされ、らえられ、ろう​に​れられ​など​して、ぶん​が​ぜん​で​もっとも​けん​な​とりで​の​占領せんりょう​を​えた​の​を​て、こころ​が​ふるち、ぜん​に​かって​て​こう​と​した。

23 ​そして、かれ​は​ゼラヘムラ​の​​に​なが​せず、大軍たいぐん​を​ともなって​バウンティフル​の​まち​に​かって​しんぐん​した。それ​は、すすんで​って​つるぎ​で​みち​を​ひらき、くに​の​ほく​も​​に​れよう​と​けつ​して​いた​から​で​ある。

24 ​また​かれ​は、ニーファイじん​の​ぐんたい​の​主力しゅりょく​が​くに​の​ちゅうおう​に​いる​と​おもって​いた​ので、ニーファイじん​が​いくつ​か​の​ちいさな​ぐんたい​に​あつまる​がい​に​あつまる​ひま​の​ない​よう​に​しんぐん​した。この​よう​に​して、かれら​は​ニーファイじん​を​め、​に​り​たおした​の​で​あった。

25 ​しかし​よ、くに​の​ちゅうおう​を​とおった​この​コリアンタマー​の​しんぐん​は、ころされた​ニーファイじん​が​おびただしい​かず​に​のぼった​に​も​かかわらず、かれら​に​たいして​モロナイハ​を​じょう​に​ゆう​な​たち​に​く​こと​に​なった。

26 よ、モロナイハ​は、レーマンじん​が​あえて​くに​の​ちゅうおう​に​はいって​る​こと​は​なく、これまで​おこなって​きた​よう​に、さかい​の​​の​ほうぼう​の​まち​を​こうげき​して​る​で​あろう​と​おもい、ニーファイじん​の​つよい​ぐんたい​に​さかい​の​​の​ほうぼう​を​まもらせて​いた​から​で​ある。

27 ​しかし​よ、レーマンじん​は​かれ​の​ねがった​よう​に​は​おそれず、くに​の​ちゅうおう​に​はいって​て​しゅ​で​ある​ゼラヘムラ​の​まち​を​うばい、くに​の​もっとも​じゅうよう​な​ほう​を​けい​して​すすみ​ながら、おとこおんなども​の​べつ​なく​たみ​を​おおぜいころし、おおく​の​まち​と​おおく​の​とりで​を​占領せんりょう​した。

28 ​モロナイハ​は​これ​を​る​と、かれら​が​バウンティフル​の​​へ​たっする​まえ​に​遠回とおまわり​して​かれら​の​しん​を​つ​ため、すぐに​リーハイ​を​ぐんたい​と​ともに​けん​した。

29 ​そして、リーハイ​は​その​よう​に​おこなった。かれ​は​レーマンじん​が​バウンティフル​の​​に​たっする​まえ​に、かれら​の​しん​を​って​こうげき​した​ので、かれら​は​ゼラヘムラ​の​​へ​かって​退却たいきゃく​し​はじめた。

30 ​そこで​モロナイハ​も、退却たいきゃくちゅう​の​かれら​の​退たい​を​って​こうげき​した。その​ため、じょう​に​なまぐさい​たたかい​に​なった。まことに、おおく​の​もの​が​ころされ、ころされた​もの​たち​の​なか​に​​コリアンタマー​も​いた。

31 ​さて、レーマンじん​は​あらゆる​ほうこう​から​ニーファイじん​に​かこまれた​ので、きた​に​も、みなみ​に​も、ひがし​に​も、西にし​に​も、どの​ほうこう​に​も​退却たいきゃく​できなかった。

32 ​この​よう​に、コリアンタマー​が​レーマンじん​を​ニーファイじん​の​ただなか​へ​突入とつにゅう​させた​ので、かれら​は​ニーファイじん​の​しゅちゅう​に​ちて、コリアンタマー​しん​も​ころされて​しまった。そして、レーマンじん​は​ニーファイじん​に​こうふく​した。

33 ​そこで​モロナイハ​は、ゼラヘムラ​の​まち​を​かえし、りょ​に​なった​レーマンじん​を​やすらか​に​こくがい​へ​らせた。

34 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい​四十一​ねん​が​わった。