ヒラマン書 4
    脚注

    第​4​章

    ニーファイじん​の​はんしゃ​と​レーマンじんぐんたい​を​連合れんごう​して、ゼラヘムラ​の​​を​うばう。ニーファイじんみずから​の​あく​の​ため​に​敗北はいぼく​する。きょうかい​は​おとろえ、たみ​は​レーマンじん​の​よう​に​よわく​なる。げんぜんやく​三十八​ねん​から​三十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、だい​五十四​ねん​に​きょうかいない​に​おおく​の​​が​あった。また、たみ​の​なか​に​も​あらそい​が​あり、おおく​の​りゅうけつ​が​あった。

    2 ​そして​ほん​を​こした​もの​たち​は、ころされたり、くに​から​追放ついほう​されたり​した。そこで​これら​の​もの​は、レーマンじん​の​おう​の​もと​へ​った。

    3 ​そして​かれら​は、レーマンじん​を​せんどう​して​ニーファイじん​と​たたかわせよう​と​した​が、レーマンじん​は​じょう​に​おそれて、はんしゃ​たち​の​こと​を​こう​と​しなかった。

    4 ​ところが、さばきつかさ​の​とうだい​五十六​ねん​に​も、ニーファイじん​の​もと​から​レーマンじん​の​もと​へ​った​はんしゃ​たち​が​おり、かれら​は​ほか​の​もの​たち​と​ともに、レーマンじん​を​せんどう​して​ニーファイじん​に​たいして​いかり​を​いだかせる​の​に​せいこう​した。そこで、かれら​は​その​とし​の​あいだせんそう​の​じゅん​を​した。

    5 だい​五十七​ねん​に、かれら​は​ニーファイじん​の​もと​に​て​たたかい、​の​わざ​を​かい​した。そして、さばきつかさ​の​とうだい​五十八​ねん​に、かれら​は​ゼラヘムラ​の​​と、また​バウンティフル​の​​に​ちかい​ほう​まで​すべて​の​​を​占領せんりょう​する​こと​に​せいこう​した。

    6 ​そして、ニーファイじん​と​モロナイハ​の​ぐんたい​は、バウンティフル​の​​に​まれた。

    7 ​そこで​かれら​は、西にし​の​う み​から​ひがし​の​う み​に​いたる​まで、その​​で​レーマンじん​に​たいする​ぼう​を​かためた。かれら​が​きた​の​​を​まもる​ため​に​ぼう​を​かためて​ぐんたい​を​はい​した​その​きょうかいせんじょう​で​は、西にし​の​う み​から​ひがし​の​う み​まで、ニーファイじん​が​一にちたび​を​すれ​ば​ける​きょ​で​あった。

    8 ​この​よう​に​して、ニーファイじん​の​はんしゃ​たち​は、レーマンじん​の​大軍たいぐん​の​たすけ​を​て、南方なんぽう​の​​に​ある​ニーファイじん​の​りょう​を​すべて​​に​れた​の​で​あった。これ​は​すべて、さばきつかさ​の​とうだい​五十八​ねん​と​だい​五十九​ねん​に​あった​こと​で​ある。

    9 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​六十​ねん​に、モロナイハ​は​ぐんたい​を​もって​その​​の​おおく​の​ほう​を​​に​れる​こと​に​せいこう​した。まことに、かれら​は​レーマンじん​の​​に​ちて​いた​おおく​の​まち​を​かえした。

    10 ​そして、さばきつかさ​の​とうだい​六十一​ねん​に​は、かれら​は​ぶん​たち​の​ぜんりょう​の​半分はんぶん​まで​かえす​こと​に​せいこう​した。

    11 ​ところで、ニーファイじん​の​こうむった​この​おおきな​損害そんがい​と、かれら​の​なか​で​おこなわれた​ひどい​さつりく​は、かれら​の​なか​に​あった​あく​と​まわしい​おこない​が​もしも​なかった​なら​ば、こらなかった​で​あろう。この​あく​と​まわしい​おこない​は、かみ​の​きょうかい​に​ぞくして​いる​と​こうげん​する​もの​たち​の​なか​に​も​あった。

    12 かれら​は​じょう​に​んで​いた​ため​に​こころ​が​こうまん​に​なり、また​えて​いる​もの​に​食物しょくもつ​を​あたえず、る​もの​の​ない​もの​に​る​もの​を​あたえず、謙遜けんそん​な​同胞はらから​の​ほお​を​つ​など​して​まずしい​もの​を​しいたげ、神聖しんせい​な​もの​を​あざけり、げん​と​けい​の​れい​を​てい​し、ひと​を​ころし、略奪りゃくだつ​し、いつわり​を​い、ぬすみ、姦淫かんいん​を​おかし、ひどい​あらそい​を​こし、ニーファイ​の​​へ​げて​って​レーマンじん​に​くわわった​ため​に、

    13 ​すなわち、かれら​は​この​よう​に​おおきな​あく​を​おこなった​ため​に、また​ぶん​の​ちから​を​ほこった​ため​に、ぶん​の​ちから​しか​たよれない​じょうたい​に​かれた​の​で​あった。したがって、かれら​は​さかえる​こと​なく、くるしめられ、なやまされ、レーマンじん​の​まえ​から​されて、とうとう​ほとんど​すべて​の​しょゆう​を​うしなって​しまった。

    14 ​しかし​よ、モロナイハ​は​たみ​が​ざいあく​を​おかして​いた​ので​かれら​に​おおく​の​こと​を​き、また​ヒラマン​の​むす​で​ある​​ニーファイ​と​リーハイ​も​たみ​に​おおく​の​こと​を​き、また​かれら​の​つみぶかい​じょうたい​と、つみ​を​あらため​なければ​かれら​に​こる​こと​に​ついて、おおく​の​こと​を​げん​した。

    15 ​そこで、かれら​は​あらためた。そして、あらためた​てい​に​おうじて​さかえ​はじめた。

    16 ​モロナイハ​は​たみ​が​あらためた​の​を​る​と、大胆だいたん​に​も​あちら​こちら​に、また​まち​から​まち​へ​と​かれら​を​ひきいて​き、ついに​かれら​は​ぶん​たち​の​しょゆうぶつ​の​半分はんぶん​と​すべて​の​しょゆう​の​半分はんぶん​を​かえした。

    17 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい​六十一​ねん​が​わった。

    18 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​六十二​ねん​に​は、モロナイハ​は​それ​じょう​レーマンじん​から​りょう​を​かえす​こと​が​できなかった。

    19 ​それで​かれら​は、のこり​の​​を​​に​れる​けいかく​を​断念だんねん​した。レーマンじん​が​じょう​に​おおぜい​で​あった​ので、ニーファイじん​は​かれら​に​まさって​勢力せいりょく​を​る​こと​が​のう​に​なった​から​で​ある。そこで​モロナイハ​は、それ​まで​に​かえした​ほう​を​まもる​ため​に、ぶん​の​ぜんぐん​を​使つかった。

    20 ​そして、レーマンじん​の​かず​が​じょう​に​おおかった​ので、ニーファイじん​は​ち​かされ、みにじられ、ころされ、ほろぼされる​の​で​は​ない​か​と​ひどく​おそれた。

    21 ​まことに​かれら​は、アルマ​の​げん​と​モーサヤ​の​こと​を​おもし​はじめた。そして​かれら​は、ぶん​たち​が​ごうじょう​な​たみ​で​あった​こと、また​かみ​の​いましめ​を​かろんじて​きた​こと、

    22 ぶん​たち​が​モーサヤ​の​ほうりつ、すなわち​しゅ​が​たみ​に​あたえる​よう​に​と​モーサヤ​に​めいじられた​ほうりつ​を​へんこう​し、あし​で​みつけて​きた​こと​を​った。また​かれら​は、ぶん​たち​の​ほうりつ​が​せい​な​もの​に​なって​しまった​こと、そして​ぶん​たち​が​じゃあく​な​たみ​に​なって​しまった​ため​に、まさに​レーマンじん​の​よう​に​わるく​なって​いる​こと​を​った。

    23 ​また、かれら​の​ざいあく​の​ため​に、きょうかい​は​おとろえ​はじめて​いた。そして​かれら​は、げん​の​れい​と​けい​の​れい​を​しんじなく​なり、かみ​の​さばき​は​かれら​の​目前もくぜん​に​せまって​いた。

    24 かれら​は、ぶん​たち​が​同胞はらから​の​レーマンじん​の​よう​に​よわく​なって​しまった​こと、また​しゅ​の​たま​が​もはや​ぶん​たち​を​まもって​くださらない​こと​を​った。まことに、しゅ​の​たま​は​きよくない​みや​に​は​とどまらない​ので、かれら​から​って​しまわれた​の​で​ある。

    25 ​したがって​しゅ​は、せき​を​こす​たぐい​ない​ちから​で​かれら​を​まもる​こと​を​お​やめ​に​なった。かれら​が​しんこう​な、ひどい​じゃあく​な​じょうたい​に​おちいって​いた​から​で​ある。また​かれら​は、レーマンじん​が​ぶん​たち​より​も​はるか​に​おおぜい​で​あり、もし​ぶん​たち​が​しゅ​なる​かみ​に​かたく​​すがら​なければ​かならず​ほろびる​に​ちがいない​と​いう​こと​を​った。

    26 よ、かれら​は、レーマンじん​の​兵力へいりょく​が​ぶん​たち​の​兵力へいりょく​と​どうとう​で​あり、ひと人​ひと​を​くらべて​も​どうとう​で​ある​こと​を​った​から​で​ある。この​よう​に​かれら​は​おおきな​そむき​に​おちいって​いた。まことに、かれら​は​そむき​に​おちいった​ので、この​よう​に、​わずか​な​歳月さいげつ​で​よわく​なって​しまった​の​で​あった。