ヒラマン書4
戻る 次へ

第4章

ニーファイじんはんしゃとレーマンじんぐんたいれんごうして,ゼラヘムラのうばう。ニーファイじんみずからのあくのためにはいぼくする。きょうかいおとろえ,たみはレーマンじんのようによわくなる。げんぜんやく三十八ねんから三十ねんいたる。

1 さて,だい五十四ねんきょうかいないおおくのがあった。また,たみなかにもあらそがあり,おおくのりゅうけつがあった。

2 そしてほんこしたものたちは,ころされたり,くにからついほうされたりした。そこでこれらのものは,レーマンじんおうのもとへった。

3 そしてかれらは,レーマンじんせんどうしてニーファイじんたたかわせようとしたが,よ,レーマンじんじょうおそれて,はんしゃたちのことこうとしなかった。

4 ところが,さばきつかさのとうだい五十六ねんにも,ニーファイじんのもとからレーマンじんのもとへったはんしゃたちがおり,かれらはほかのものたちとともに,レーマンじんせんどうしてニーファイじんたいしていかりをいだかせるのにせいこうした。そこで,かれらはそのとしあいだせんそうじゅんをした。

5 だい五十七ねんに,かれらはニーファイじんのもとにたたかい,わざかいした。そして,さばきつかさのとうだい五十八ねんに,かれらはゼラヘムラのと,またバウンティフルのちかほうまですべてのせんりょうすることにせいこうした。

6 そして,ニーファイじんとモロナイハのぐんたいは,バウンティフルのまれた。

7 そこでかれらは,西にしうみからひがしうみいたるまで,そのでレーマンじんたいするぼうかためた。かれらがきたまもるためにぼうかためてぐんたいはいしたそのきょうかいせんじょうでは,西にしうみからひがしうみまで,ニーファイじんが一にちたびをすればけるきょであった。

8 このようにして,ニーファイじんはんしゃたちは,レーマンじんたいぐんたすけをて,なんぽうにあるニーファイじんりょうをすべてれたのであった。これはすべて,さばきつかさのとうだい五十八ねんだい五十九ねんにあったことである。

9 さて,さばきつかさのとうだい六十ねんに,モロナイハはぐんたいをもってそのおおくのほうれることにせいこうした。まことに,かれらはレーマンじんちていたおおくのまちかえした。

10 そして,さばきつかさのとうだい六十一ねんには,かれらはぶんたちのぜんりょうはんぶんまでかえすことにせいこうした。

11 ところで,ニーファイじんこうむったこのおおきなそんがいと,かれらのなかおこなわれたひどいさつりくは,かれらのなかにあったあくまわしいおこないがもしもなかったならば,こらなかったであろう。このあくまわしいおこないは,かみきょうかいぞくしているとこうげんするものたちのなかにもあった。

12 かれらはじょうんでいたためにこころこうまんになり,またえているものしょくもつあたえず,もののないものものあたえず,けんそん同胞はらからほおつなどしてまずしいものしいたげ,しんせいなものをあざけり,げんけいれいていし,ひところし,りゃくだつし,いつわりをい,ぬすみ,かんいんおかし,ひどいあらそいをこし,ニーファイのげてってレーマンじんくわわったために,

13 すなわち,かれらはこのようにおおきなあくおこなったために,またぶんちからほこったために,ぶんちからしかたよれないじょうたいかれたのであった。したがって,かれらはさかえることなく,くるしめられ,なやまされ,レーマンじんまえからされて,とうとうほとんどすべてのしょゆううしなってしまった。

14 しかしよ,モロナイハはたみざいあくおかしていたのでかれらにおおくのことをき,またヒラマンのむすであるニーファイとリーハイもたみおおくのことをき,またかれらのつみぶかじょうたいと,つみあらためなければかれらにこることについて,おおくのことをげんした。

15 そこで,かれらはあらためた。そして,あらためたていおうじてさかはじめた。

16 モロナイハはたみあらためたのをると,だいたんにもあちらこちらに,またまちからまちへとかれらをひきいてき,ついにかれらはぶんたちのしょゆうぶつはんぶんとすべてのしょゆう半分はんぶんかえした。

17 このようにして,さばきつかさのとうだい六十一ねんわった。

18 さて,さばきつかさのとうだい六十二ねんには,モロナイハはそれじょうレーマンじんからりょうかえすことができなかった。

19 それでかれらは,のこりのれるけいかくだんねんした。レーマンじんじょうおおぜいであったので,ニーファイじんかれらにまさってせいりょくることがのうになったからである。そこでモロナイハは,それまでにかえしたほうまもるために,ぶんぜんぐん使つかった。

20 そして,レーマンじんかずじょうおおかったので,ニーファイじんかされ,みにじられ,ころされ,ほろぼされるのではないかとひどくおそれた。

21 まことにかれらは,アルマのげんとモーサヤのことおもはじめた。そしてかれらは,ぶんたちがごうじょうたみであったこと,またかみいましめをかろんじてきたこと,

22 ぶんたちがモーサヤのほうりつ,すなわちしゅたみあたえるようにとモーサヤにめいじられたほうりつへんこうし,あしみつけてきたことをった。またかれらは,ぶんたちのほうりつせいなものになってしまったこと,そしてぶんたちがじゃあくたみになってしまったために,まさにレーマンじんのようにわるくなっていることをった。

23 また,かれらのざいあくのために,きょうかいおとろはじめていた。そしてかれらは,げんれいけいれいしんじなくなり,かみさばきはかれらのもくぜんせまっていた。

24 かれらは,ぶんたちが同胞はらからのレーマンじんのようによわなってしまったこと,またしゅたまがもはやぶんたちをまもってくださらないことをった。まことに,しゅたまきよくないみやにはとどまらないので,かれらからってしまわれたのである。

25 したがってしゅは,せきこすたぐいないちからかれらをまもることをおやめになった。かれらがしんこうな,ひどいじゃあくじょうたいおちいっていたからである。またかれらは,レーマンじんぶんたちよりもはるかにおおぜいであり,もしぶんたちがしゅなるかみかたすがらなければかならほろびるにちがいないということをった。

26 よ,かれらは,レーマンじんへいりょくぶんたちのへいりょくどうとうであり,一人ひとり一人ひとりくらべてもどうとうであることをったからである。このようにかれらはおおきなそむきにおちいっていた。まことに,かれらはそむきにおちいったので,このように,わずかなさいげつよわくなってしまったのであった。