聖典
ヒラマン書 11

第​11​章

ニーファイ、たみ​の​せんそう​の​わり​に​きん​が​ある​よう​に​しゅ​に​ねがう。おおく​の​ひと​が​ぬ。人々ひとびと​は​あらため、ニーファイ​は​しゅ​に​あめ​を​ねがう。ニーファイ​と​リーハイ、おおく​の​けい​を​ける。ガデアントン​の​ごうとう​たち、その​​で​勢力せいりょく​を​かくりつ​する。げんぜんやく​二十​ねん​から​六​ねん​に​いたる。

1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​七十二​ねん​に、あらそい​が​はげしく​なり、くにじゅういたる​ところ​で​すべて​の​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​せんそう​が​こった。

2 ​この​めつぼう​と​あく​の​わざ​を​おこなった​の​は、あの​みつごうとうだん​で​あった。この​せんそう​は​年内ねんないつづき、だい​七十三​ねん​に​も​つづいた。

3 ​そして​この​とし​に、ニーファイ​は​しゅ​に​さけび​もとめた。

4 「おお、しゅ​よ、この​たみ​が​つるぎ​で​ほろびる​こと​の​ない​よう​に​して​ください。おお、しゅ​よ、むしろ​こくない​に​きん​が​ある​よう​に​し、かれら​に​しゅ​なる​かれら​の​かみ​を​おもこ​させて​ください。おそらく​かれら​は​あらためて、あなた​に​ち​かえる​でしょう。」

5 ​すると、ニーファイ​の​こと​の​とおり​に​なった。その​​に、すなわち​すべて​の​ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​だいきん​が​あった。この​よう​に​して、だい​七十四​ねん​に​も​きん​は​つづき、つるぎ​に​よる​めつぼう​の​わざ​は​やんだ​が、きん​に​よって​めつぼう​が​ひどく​なった。

6 ​この​めつぼう​は​だい​七十五​ねん​に​も​つづいた。​は​たれて​かわき、こくもつ​の​みのる​せつ​に​も​こくもつ​を​さんしなかった。また、ぜん​が​たれて、ニーファイじん​の​なか​だけ​で​なく​レーマンじん​に​も​影響えいきょう​が​およんだ。その​けったみ​は​たれ、ひときわ​じゃあく​な​ほう​で​は​なんぜん​も​の​人々ひとびと​が​んだ。

7 ​そこで​人々ひとびと​は、ぶん​たち​が​まさに​きん​に​よって​ほろびよう​と​して​いる​の​を​て、しゅ​なる​かみ​を​おもこす​よう​に​なり、また​ニーファイ​の​こと​を​おもい​かえす​よう​に​なった。

8 ​そして​人々ひとびと​は、ぶん​たち​の​だい​さばきつかさ​たち​と​どうしゃ​たち​に、ニーファイ​に​たいして​つぎ​の​よう​に​う​よう​たのんだ。「まことに、わたしたち​は​あなた​が​かみ​の​ひと​で​ある​こと​を​って​います。ですから、あなた​が​わたしたち​の​めつぼう​に​ついて​かたった​こと​が​すべて​じょうじゅ​する​こと​の​ない​よう​に、しゅ​なる​わたしたち​の​かみ​に、この​きん​を​とおざけて​くださる​よう​さけび​もとめて​ください。」

9 ​そこで​さばきつかさ​たち​は、人々ひとびと​が​のぞんだ​こと​の​とおり​に​ニーファイ​に​った。すると​ニーファイ​は、人々ひとびと​が​あらため、粗布あらぬの​を​まとって​へりくだって​いる​の​を​て、ふたたび​しゅ​に​さけび​もとめて​った。

10 「おお、しゅ​よ、この​たみ​は​あらためて​います。かれら​が​ぶん​たち​の​なか​から​ガデアントン​の​だん​を​いっそう​した​ため、だん​の​もの​たち​は​いなくなり、かれら​は​みつ​の​はかりごと​を​ちゅう​に​かくして​しまい​ました。

11 ​おお、しゅ​よ、この​よう​に​かれら​は​謙遜けんそん​に​なって​います​ので、あなた​の​いかり​を​いて​ください。あなた​が​すでに​ほろぼされた​あの​あくにん​たち​の​めつぼう​を​もって、あなた​の​いかり​を​やわらげて​ください。

12 ​おお、しゅ​よ、あなた​の​いかり、まことに​あなた​の​はげしい​いかり​を​いて、この​​に​おける​きん​を​やませて​ください。

13 ​おお、しゅ​よ、わたし​の​いのり​を​お​き​ください。わたし​の​こと​の​とおり​に​なり、​の​おもて​に​あめ​が​り、こくもつ​の​みのる​せつ​に、​が​じつ​と​こくもつ​を​さんする​よう​に​して​ください。

14 ​おお、しゅ​よ、わたし​が、『きん​が​あって、つるぎ​に​よる​めつぼう​が​やむ​よう​に​して​ください』​と​もうげた​とき​に、あなた​は​​わたし​の​こと​を​お​き​ください​ました。また、あなた​が​かつて、『この​たみ​が​あらためる​なら​ば、わたし​は​かれら​の​いのち​を​たすけよう』​と​われ​ました​ので、わたし​は​このたび​も、あなた​が​わたし​の​こと​を​お​き​くださる​こと​を​ぞんじて​います。

15 ​まことに、おお、しゅ​よ、かれら​に​こった​きん​と​えきびょう​と​めつぼう​の​ため​に、かれら​が​すでに​あらためて​いる​こと​を、あなた​は​ぞんじ​です。

16 ​おお、しゅ​よ、あなた​の​いかり​を​き、かれら​が​あなた​に​つかえる​か​どう​か​もう​いち​お​ためし​ください。もし​つかえる​なら​ば、おお、しゅ​よ、かつて​われた​こと​の​とおり​に、かれら​を​しゅくふく​して​ください。」

17 ​そこで、だい​七十六​ねん​に、しゅ​は​たみ​から​いかり​を​とおざけて​​に​あめ​が​る​よう​に​された​ので、​は​じつ​の​みのる​せつ​に​じつ​を​さんした。また、こくもつ​の​みのる​せつ​に​こくもつ​を​さんした。

18 ​そこで​よ、たみ​は​よろこび、かみ​を​あがめ、よろこび​が​​の​全面ぜんめん​に​ちた。そして​かれら​は、もう​ニーファイ​を​ころそう​と​せず、かれ​を​だい​な​げんしゃ​として、また​かみ​から​さずけられた​おおいなる​ちから​と​権能けんのう​を​つ​かみ​の​ひと​として​とうとんだ。

19 よ、かれ​の​おとうと​リーハイ​も、​に​かかわる​こと​に​かんして​は​すこしも​ニーファイ​に​おとらなかった。

20 ​さて、ニーファイ​の​たみ​は​ふたたび​その​​で​さかえる​よう​に​なり、てた​ところ​を​なおし​はじめた。また​かれら​は、えて​ひろがり​はじめ、ついに​北方ほっぽう​と​南方なんぽう​の​​の​全面ぜんめん​を、西にし​の​う み​から​ひがし​の​う み​に​いたる​まで​おおった。

21 ​そして、だい​七十六​ねん​が​平穏へいおん​に​わり、だい​七十七​ねん​も​平穏へいおん​に​はじまった。きょうかい​は​ぜん​の​おもて​に​ひろがり、ニーファイじん​も​レーマンじん​も、たみ​の​大半たいはん​が​きょうかい​に​しょぞく​し、かれら​は​その​​で​じょう​に​おおいなる​へい​を​た。この​よう​に​して、だい​七十七​ねん​が​わった。

22 ​また​だい​七十八​ねん​も、げんしゃ​たち​に​よって​さだめられた​きょう​の​いくつ​か​の​てん​に​ついて​すこし​あらそい​が​あった​ほか​は、へい​で​あった。

23 ​ところが​だい​七十九​ねん​に、おおく​の​あらそい​が​はじまった。しかし、ニーファイ​と​リーハイ​と、かれら​の​どうりょう​たち​の​おおく​は、きょう​の​しん​の​ようてん​に​ついて​かい​し、おおく​の​けい​を​けて​いた​ので、人々ひとびと​に​おしえ​を​き、その​とし​の​うち​に​あらそい​を​しずめた。

24 ​さて、何年なんねん​か​まえ​に​ニーファイ​の​たみ​から​レーマンじん​の​もと​へ​き、みずから​レーマンじん​と​った​はんしゃ​たち​が​おり、また、その​はんしゃ​たち​に​よって​いかり​を​かきてられた​レーマンじん​の​じつ​の​そんたち​も​いて、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​八十​ねん​に、これら​の​もの​たち​が​同胞はらから​と​せんそう​を​はじめた。

25 かれら​は​さつじん​と​略奪りゃくだつ​を​おこなって​は、やま​の​なか​や​​や​かくれ​​に​げて​​を​かくし、つからない​よう​に​して​いた。そして、かれら​の​もと​に​く​はんしゃ​たち​が​いた​ため、​その​人数にんずう​が​えた。

26 ​この​よう​に​して​ついに、何年なんねん​も​たたない​うち​に、かれら​は​じょう​に​おおきな​ごうとうだん​に​なった。そして​かれら​は、ガデアントン​の​みつ​の​はかりごと​を​すべて​さがし​し、ガデアントン​りゅう​の​ごうとう​に​なった。

27 ​さて​よ、この​ごうとう​たち​は、ニーファイ​の​たみ​の​なか​に、また​レーマンじん​の​たみ​の​なか​に​も、ひどい​こうはい、まことに​ひどい​めつぼう​を​もたらした。

28 ​そこで、この​めつぼう​の​わざ​を​やめ​させる​こと​が​ひつよう​で​あった​ので、この​ごうとうだん​を​さがし​して​ほろぼす​ため​に、​と​やま​に​つよい​へい​から​る​ぐんたい​が​おくまれた。

29 ​しかし​よ、その​とし​の​うち​に、へい​は​それぞれ​の​​へ​かえされた。この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​八十​ねん​が​わった。

30 ​さて、だい​八十一​ねん​の​はじめ​に、かれら​は​ふたたび​この​ごうとうだん​に​かって​て​き、おおく​の​もの​を​ころした。しかし、かれら​も​ひどい​損害そんがい​を​けた。

31 ​また、やま​や​​に​れ​を​して​いた​その​ごうとう​たち​の​かず​が​じょう​に​おおかった​ので、へい​は​ふたたび​​と​やま​から​それぞれ​の​​に​げざる​を​なかった。

32 ​そして、この​よう​に​して​この​とし​は​わった。ごうとう​たち​は​ぜん​と​して​え​つづけ、つよく​なった​ため、ニーファイじん​と​レーマンじん​の​ぜんぐん​を​もの​と​も​しなかった。そして、かれら​は​​の​全面ぜんめん​で​人々ひとびと​を​ひどく​おそれ​させた。

33 ​まことに​それ​は、かれら​が​おおく​の​ほう​を​おそって、たみ​に​ひどい​めつぼう​を​もたらした​から​で​ある。すなわち、おおく​の​もの​を​ころし、また​ある​もの​たち​を、とくに、おんな​たち​と​ども​たち​を​らえて​​へ​れ​った​から​で​ある。

34 ​そこで​たみ​は、ぶん​たち​の​ざいあく​の​ため​に​けた​この​おおきな​わざわい​に​うながされ、ふたたび​しゅ​なる​かれら​の​かみ​を​おもこす​よう​に​なった。

35 ​この​よう​に​して、さばきつかさ​の​とうだい​八十一​ねん​が​わった。

36 ​ところが​だい​八十二​ねん​に、かれら​は​また​しゅ​なる​かみ​を​わすれ​はじめた。そして​だい​八十三​ねん​に、かれら​は​さらに​ざいあく​を​つのらせ、だい​八十四​ねん​に​も​おこない​を​あらためなかった。

37 ​そして​だい​八十五​ねん​に​は、かれら​は​ますます​こうまん​と​あく​を​つのらせ、その​ため​に​ふたたび​めつぼう​の​​が​じゅくして​きた。

38 ​この​よう​に​して、だい​八十五​ねん​が​わった。