ヒラマン書 9
    脚注

    第​9​章

    使つかい​の​もの​たち、だい​さばきつかさ​が​さばきつかさ​の​せき​で​んで​いる​の​を​はっけん​する。かれら​は​とうごく​され、のち​に​釈放しゃくほう​される。ニーファイ、霊感れいかん​に​よって​セアンタム​を​さつじんしゃ​と​断定だんてい​する。ニーファイ、ある​人々ひとびと​から​げんしゃ​として​れられる。げんぜんやく​二十三​ねん​から​二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​さて​よ、ニーファイ​が​これら​の​こと​を​かたり​える​と、かれら​の​なか​の​ある​もの​たち​が​さばきつかさ​の​いる​ところ​へ​はしって​った。すなわち、五​にん​の​もの​が​き、く​ちゅう​で​たがいに​った。

    2 よ、この​おとこ​が​げんしゃ​か​どう​か、また​この​よう​な​おどろく​べき​こと​を​我々われわれ​に​げん​する​よう​に、かみ​が​この​おとこ​に​めいじた​の​か​どう​か、かならず​かる​だろう。見よ、我々われわれ​は​かみ​が​めいじた​と​は​しんじない。まことに、かれ​が​げんしゃ​で​ある​と​も​しんじない。しかし、かれ​が​だい​さばきつかさ​に​ついて​った​この​こと​が​ほんとう​で、だい​さばきつかさ​が​んで​いれ​ば、かれ​の​かたった​ほか​の​こと​も​ほんとう​だ​と、我々われわれ​は​しんじよう。」

    3 ​そして​かれら​は​ちから​の​かぎり​はしって、さばきつかさ​の​いる​ところ​に​はいって​った。すると​よ、だい​さばきつかさ​が​​に​たおれ、​の​なか​に​よこたわって​いた。

    4 ​さて​よ、かれら​は​これ​を​る​と​じょう​に​おどろき、​に​たおれて​しまった。かれら​は​ニーファイ​が​だい​さばきつかさ​に​ついて​かたった​こと​を​しんじて​いなかった​から​で​ある。

    5 ​しかし、かれら​は​て​しんじ、ニーファイ​の​かたった​さばき​が​すべて​たみ​に​くだる​の​で​は​ない​か​と​いう​おそれ​に​たれた。そして、その​ため​に​かれら​は​ふるえ​おののき、​に​たおれて​しまった​の​で​ある。

    6 ​ところで、さばきつかさ​が​ころされる​と​すぐに、すなわち、かれ​の​きょうだい​が​ひそか​に​かれ​を​して​げる​と​すぐに、従者じゅうしゃ​たち​は​はしって​き、人々ひとびと​に​殺害さつがい​の​こと​を​大声おおごえ​で​げ​らせた。

    7 ​すると​よ、人々ひとびと​は​さばきつかさ​の​せき​の​ある​しょ​に​あつまって​た​が、よ、おどろいた​こと​に、五​にん​の​もの​が​​に​たおれて​いた。

    8 ​さて​よ、人々ひとびと​は、ニーファイ​の​にわ​に​あつまって​いた​おおぜい​の​もの​の​こと​は​なにも​らなかった​ので、たがいに、「この​おとこ​たち​は​さばきつかさ​を​ころした​もの​たち​だ。この​おとこ​たち​が​我々われわれ​から​げられない​よう​に、かみ​が​たれた​の​だ」と​った。

    9 ​そして​かれら​は、この​五​にん​を​らえて​しばる​と、ろう​に​れた。それから、さばきつかさ​が​ころされ、さつじんしゃ​たち​が​らえられて​ろう​に​れられた​と​いう​こと​が​ひろく​げ​らされた。

    10 ​そして​その​よくじつころされた​だい​さばきつかさ​の​埋葬まいそう​に​たって、人々ひとびと​は​哀悼あいとう​の​​を​ひょうし、断食だんじき​する​ため​に​あつまった。

    11 ​その​ため、ニーファイ​の​にわ​に​いて、かれ​の​こと​を​いた​さばきつかさ​たち​も、埋葬まいそう​に​あつまって​いた。

    12 ​そして​かれら​は​人々ひとびと​の​なか​で、「だい​さばきつかさ​が​んで​いる​か​どう​か​調しらべる​ため​に​つかわされた​五​にん​の​もの​は​どこ​に​いる​だろう​か」と​たずねた。すると​人々ひとびと​は、「あなたがた​が​つかわした​と​う​その​五​にん​に​ついて​は、我々われわれ​は​り​ません​が、さつじんしゃ​で​ある​五​にん​の​もの​は​ろう​に​れて​あり​ます」と​こたえた。

    13 ​そこで​さばきつかさ​たち​は、かれら​を​れてる​よう​に​もとめ、かれら​は​れてられた。よ、それ​は​つかわされた​五​にん​の​もの​たち​で​あった。そこで​よ、さばきつかさ​たち​は、その​けん​に​ついて​かれら​に​たずね、かれら​は​ぶん​たち​の​おこなった​こと​を​すべて、さばきつかさ​たち​に​はなした。

    14 「わたしたち​は​はしって、さばきつかさ​の​いる​ところ​に​き​ました。そして、ニーファイ​が​あかし​した​とおり​の​こと​を​すべて​た​ので、おどろいて​​に​たおれて​しまい​ました。そして、おどろき​が​おさまって​しょう​に​もどる​と、ろう​に​れられて​いました。

    15 ​この​かた​の​殺害さつがい​に​かんして​は、わたしたち​は​だれ​が​それ​を​おこなった​の​か​り​ません。わたしたち​の​って​いる​の​は、ただ、あなたがた​に​もとめられた​とおり​に​わたしたち​が​はしって​った​ところ、まことに、ニーファイ​の​こと​の​とおり​に、この​かた​が​んで​いた​こと​です。」

    16 ​そこで​さばきつかさ​たち​は、人々ひとびと​に​その​こと​を​よく​説明せつめい​し、ニーファイ​を​なん​して​さけんで​った。「よ、我々われわれ​は​って​いる。その​ニーファイ​と​いう​もの​が​だれか​と​共謀きょうぼう​して、さばきつかさ​を​ころした​に​ちがいない。そして​かれ​は、そののち​に​我々われわれ​に​その​こと​を​げ、我々われわれ​を​かれ​の​しんこう​に​転向てんこう​させて、ぶん​が​かみ​の​えらばれた​だい​な​もの​に、また​げんしゃ​に​なろう​と​した​の​だ。

    17 ​さて​よ、我々われわれ​は​その​おとこ​を​調しらべよう。その​おとこ​は​ぶん​の​あく​を​はく​し、この​さばきつかさ​の​ほんとう​の​殺害さつがいしゃ​を​我々われわれ​に​げる​だろう。」

    18 ​そして​五​にん​の​もの​は、埋葬まいそう​の​​に​釈放しゃくほう​された。しかし​かれら​は、さばきつかさ​たち​が​ニーファイ​を​なん​して​かたった​こと​の​こと​で、さばきつかさ​たち​を​たしなめ、かれら​の​ひと人​ひと​と​ろんじ​って、かれら​を​い​せた。

    19 ​に​も​かかわらず、さばきつかさ​たち​は​ニーファイ​を​らえて​しばらせ、群衆ぐんしゅう​の​まえ​に​れてさせた。そして​かれら​は、いろいろ​な​ほうほう​で​かれ​を​尋問じんもん​し、かれ​に​じゅん​した​こと​を​わせて、けい​に​する​うったえ​を​こせる​よう​に​はかった。

    20 ​そして、かれら​は​かれ​に​った。「おまえ​は​共謀きょうぼうしゃ​だ。この​殺害さつがい​を​おこなった​当人とうにん​は​だれ​だ。我々われわれ​に​はなして、おまえ​の​あく​を​みとめよ。」また​った。「よ、ここ​に​かね​が​ある。もし​おまえ​が​我々われわれ​に​はなして、おまえ​が​さつじんしゃ​と​め​を​むすんだ​こと​も​みとめる​なら​ば、我々われわれ​は​おまえ​の​いのち​を​ゆるして​やろう。」

    21 ​しかし、ニーファイ​は​かれら​に​った。「おお、おろか​な​ものこころ​に​割礼かつれい​の​ない​ものもうもく​な​ものごうじょう​な​たみ​よ。あなたがた​が​この​つみ​の​みち​を​あるき​つづける​の​を、しゅ​なる​かみ​が​いつまで​ゆるされる​か、あなたがた​は​って​いる​の​か。

    22 ​おお、あなたがた​は​あらため​なければ、いま​あなたがた​を​けて​いる​ひどい​めつぼう​の​ため​に、き​わめき、なげき​かなしむ​よう​に​なる​に​ちがいない。

    23 よ、わたし​が​ある​おとこ​と​共謀きょうぼう​して、わたしたち​の​だい​さばきつかさ​で​ある​セゾーラム​を​ころ​させた​と、あなたがた​は​う。しかし​まことに、あなたがた​に​う​が、あなたがた​が​そう​う​の​は、あなたがた​が​この​こと​に​ついて​る​こと​が​できる​よう​に、わたし​が​あかし​した​ため​で​ある。すなわち、あなたがた​の​なか​に​ある​あく​と​まわしい​おこない​を​って​いる​しょう​として、あなたがた​に​あかし​した​ため​で​ある。

    24 ​ところが、わたし​が​この​よう​に​した​ので、あなたがた​は、わたし​が​ある​おとこ​と​共謀きょうぼう​して​この​こと​を​おこなわせた​と​う。また、わたし​が​この​しるし​を​あなたがた​に​しめした​ので、あなたがた​は​わたし​の​こと​を​いかり、わたし​の​いのち​を​ろう​と​して​いる。

    25 ​さて​よ、わたし​は​もう​一つ​の​しるし​を​あなたがた​に​しめし、あなたがた​が​この​こと​で、わたし​を​ころそう​と​する​か​どう​か​を​よう。

    26 よ、あなたがた​に​う。セゾーラム​の​きょうだい​で​ある​セアンタム​の​いえ​に​き、かれ​に、

    27 『この​たみ​に​ついて​じょう​に​おおく​の​わざわい​を​げん​して​いる、しょうげんしゃ​の​ニーファイ​が​あなた​と​共謀きょうぼう​し、それで​あなたがた​が​きょうだい​の​セゾーラム​を​ころした​の​です​か』​と​い​なさい。

    28 よ、かれ​は、『そう​で​は​ない』​と​あなたがた​に​う​だろう。

    29 ​そこで、あなたがた​は​かれ​に、『あなた​が​きょうだい​を​ころした​の​です​か』​と​い​なさい。

    30 ​すると​かれ​は​おそれて​ち​くし、こと​に​まる。そして​かれ​は​あなたがた​の​こと​を​し、おどろいた​ふり​を​する​だろう。それでも、ぶん​は​けっぱく​で​ある​と​あなたがた​に​げる​だろう。

    31 ​しかし​かれ​を​よく​調しらべ​なさい。そう​すれ​ば、かれ​の​外套がいとう​の​すそ​に​​が​つかる​だろう。

    32 ​あなたがた​は​これ​を​たら、『この​​は​どこ​で​ついた​の​です​か。これ​は​あなた​の​きょうだい​の​​で​は​ない​です​か』​と​い​なさい。

    33 ​すると​かれ​は​ふるえ​おののき、まるで​んだ​よう​に​そうはく​に​なる。

    34 ​そこで​あなたがた​は、『この​よう​に​おそれ、また​顔色かおいろ​が​そうはく​に​なった​から​に​は、きっと​あなた​が​つみ​を​おかした​の​だろう』​と​い​なさい。

    35 ​すると​かれ​は、ますます​おそれて、やがて​あなたがた​に​はく​し、ぶん​が​この​殺害さつがい​を​おこなった​こと​を​もはや​てい​しない​だろう。

    36 ​それから​かれ​は、かみ​の​ちから​に​よって​わたし​ニーファイ​に​それ​が​しめされた​の​で​なければ、その​こと​に​ついて​かる​はず​が​ない​と、あなたがた​に​げる​だろう。その​とき​あなたがた​は、わたし​が​しょうじき​な​おとこ​で​あり、あなたがた​の​もと​に​かみ​から​つかわされて​いる​こと​を​る​だろう。」

    37 ​そこで​かれら​は​って、ニーファイ​から​われた​とおり​に​した。すると​まことに、かれ​の​った​こと​は​ほんとう​で​あった。セアンタム​は​その​こと​の​とおり​に​てい​し、また​その​こと​の​とおり​に​はく​した。

    38 ​そして、かれしん​が​まさに​その​殺害さつがいしゃ​で​ある​こと​が​りっしょう​された​ので、五​にん​の​もの​は​釈放しゃくほう​され、ニーファイ​も​釈放しゃくほう​された。

    39 ​ニーファイ​の​こと​を​しんじた​もの​が​ニーファイじん​の​なか​に​何人なんにん​も​おり、また​五​にん​の​もの​が​あかし​した​こと​で​しんじた​もの​も​何人なんにん​も​いた。五​にん​の​もの​は、ろう​の​なか​に​いた​あいだ​に​改心かいしん​して​いた​から​で​ある。

    40 ​そして、ニーファイ​は​げんしゃ​で​ある​と​う​もの​が、たみ​の​なか​に​何人なんにん​も​いた。

    41 ​また、「かみ​で​なければ​すべて​の​こと​を​る​こと​が​できない​ので、まことに​この​ひと​は​かみ​だ。この​ひと​は​わたしたち​の​こころ​の​おもい​を​げ、また​いろいろ​な​こと​も​わたしたち​に​げて​きた。わたしたち​の​だい​さばきつかさ​の​ほんとう​の​殺害さつがいしゃ​さえ​も​おしえて​くれた」と​う​もの​たち​も​いた。