ヒラマン書16
戻る 次へ


第16章

サムエルのことしんじたニーファイじん,ニーファイからバプテスマをける。あらためないニーファイじんいしも,サムエルをころすことはできない。あるものこころをかたくなにし,べつものてん使る。キリストをしんじることも,エルサレムにキリストがらいりんされることをしんじることもどうにかなっていないと,信者しんじゃたちはう。げんぜんやくねんから一ねんいたる。

1 さて,レーマンじんサムエルがまちじょうへきうえかたこといたものおおぜいいた。そして,かれことしんじたものみなってニーファイをさがした。かれらはってニーファイをつけると,バプテスマをけてしゅのものとなることをねがって,つみかれこくはくしてていしなかった。

2 しかし,サムエルのことしんじないものたちもおり,かれらはみなサムエルにはらてた。そしてかれらは,じょうへきうえにいるかれいしげつけた。また,じょうへきうえっているかれおおくのものかけた。しかし,しゅたまかれともなっていたので,かれらはいしてることができなかった。

3 そして,てることができないのをて,さらにおおくのものかれことしんじた。そしてかれらは,バプテスマをけるためにニーファイのもとへった。

4 よ,それは,ニーファイがバプテスマをほどこし,げんし,おしえをき,たみあらためをさけび,またキリストがもなくかならられることをたみらせるために,かずかずのしるしとしめし,かれらのなかかずかずせきおこなっていたからである。

5 ニーファイは,もなくこることをたみげていた。それらのことがじっさいこったときにしんじることができるように,あらかじめそれがらされていたということをみとめさせ,おもこさせるためであった。そこで,サムエルのことしんじたものみな,バプテスマをけるためにニーファイのもとへった。かれらはあらため,つみこくはくするためにったのである。

6 しかし,たみたいはんはサムエルのことしんじなかった。そこでかれらは,いしかれてることができないのをると,かれらのたいちょうたちにさけび,「このおとこらえて,しばってくれ。よ,このおとこにはあくれいがついている。このおとこうちにあるあくちからのために,われわれいしてることができない。だから,このおとこらえて,しばり,はらってくれ」とった。

7 そこで,たいちょうたちがってサムエルをらえようとしたところ,よ,かれじょうへきからりて,かれらのからし,ぶんくにかえってった。そしてかれは,ぶんたみなかおしえをき,げんはじめた。

8 よ,かれがこれじょうニーファイじんおとずれたというはなしいちもない。たみじょうきょうじょうのとおりであった。

9 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい八十六ねんわった。

10 また,さばきつかさのとうだい八十七ねんもこのようにしてわり,たみたいはんぜんとしてこうまんあくつづけており,かみまえをさらにちゅうぶかあゆんでいたのは,しょうすうものにすぎなかった。

11 さばきつかさのとうだい八十八ねんもこのようなじょうたいであった。

12 また,さばきつかさのとうだい八十九ねんも,たみがさらにざいあくにふけるようになり,ますますかみいましめにはんすることをおこなうようになったことをのぞけば,たみじょうきょうはほんのすこわっただけであった。

13 ところが,さばきつかさのとうだい九十ねんになると,たみかずかずおおきなしるしあたえられ,げんしゃたちのことじょうじゅはじめた。

14 また,てん使たちひとびと,すなわちかしこひとびとあらわれ,むねおどおおいなるよろこびのおとずれをかれらにらせた。このように,せいぶんしるされていることがこのとしじょうじゅはじめた。

15 にもかかわらず,ニーファイじんもレーマンじんも,たみなかもっとしんこうふかひとびとのぞいて,かれらはみなこころをかたくなにしはじめ,ぶんしんちからぶんしんたよるようになって,こうった。

16 「このようにおおくのことのなかで,かれらがうまくてたこともいくらかある。しかしよ,これまでべられてきたこれらのおおいなるおどろくべきわざが,すべてげんじつこることはありないのをわれわれっている。」

17 また,かれらはたがいにろんじ,ろんそうしてった。

18 「キリストのようなものることはどうわないかりにそうだとして,これまでわれてきたように,そのひとかみおんでありてんちちであるとすれば,なぜエルサレムにいるものたちだけでなく,われわれにもあらわれないのか。

19 まことに,なぜエルサレムのだけでなく,このにも姿すがたあらわさないのか。

20 しかしよ,われわれは,これがわれわれせんからつたえられてきたわるつたであることをっている。これがつたえられたのは,しょうらいこるあるおおいなるおどろくべきことをわれわれしんじさせるためであるが,それはわれわれなかではなく,われわれらないとおくのこる。だから,われわれはそのつたえがほんとうであることをぶんことができないので,かれらはわれわれなかにとどめておくことができる。

21 またかれらは,しきものわるじゅっさくによって,われわれかいできないあるおおきなせきこし,われわれしたがえてかれらのことれいとし,かれらのしもべにしようとする。それは,われわれかれらからことおそわろうとするからである。このようにわれわれかれらにぶんをゆだねようとすれば,かれらはしょうがいわれわれなかにとどめておくだろう。」

22 たみは,おろかでむなしいことをほかにもたくさんこころおもかべた。またサタンがえずざいあくおこなうようにかれらをあおりてたので,かれらはひどくこころみだされた。まことに,サタンはほうぼうめぐってぜんめんにうわさとあらそいをひろめ,いこととしょうらいこることにたいしてたみこころをかたくなにさせたのであった。

23 そして,しゅたみなかかずかずのしるしとおこなわれ,またしゅたみおおくのせきおこなったにもかかわらず,サタンはぜんめんひとびとこころおおいにはいするようになった。

24 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい九十ねんわった。

25 これでヒラマンとかれむすたちのろくによるヒラマンしょわる。