ヒラマン書 7
    脚注

    ヒラマン​の​むす​で​ある​ニーファイ​の​げん​--​かみ​は​ニーファイ​の​たみ​に、あく​を​あらため​なければ​いかり​を​くだして​ばっし、ことごとく​ほろぼして​しまおう​と​おどされる。かみ​は​えきびょう​を​もって​ニーファイ​の​たみ​を​たれる。ニーファイ​の​たみあらためて​かみ​に​ち​かえる。レーマンじん​サムエル、ニーファイじん​に​げん​する。

    つぎ​の​だい七-十六​しょう​が​それ​に​そうとう​する。

    第​7​章

    ニーファイ、北方ほっぽう​で​こばまれ、ゼラヘムラ​の​​に​かえる。ニーファイ、ぶん​の​にわ​に​ある​とう​の​うえ​で​いのり、いで​たみ​に​あらためる​よう​に​もとめ、あらため​なければ​ほろびる​こと​を​げる。げんぜんやく​二十三​ねん​から​二十一​ねん​に​いたる。

    1 よ、ニーファイじん​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​六十九​ねん​に、ヒラマン​の​むす​で​ある​ニーファイ​は、北方ほっぽう​の​​から​ゼラヘムラ​の​​に​かえって​た。

    2 かれ​は​北方ほっぽう​の​​に​いる​人々ひとびと​の​なか​を​めぐって、かれら​に​かみ​の​こと​を​べ​つたえ、また​おおく​の​こと​を​かれら​に​げん​した。

    3 ​ところが、かれら​が​その​こと​を​まったく​れなかった​ので、かれ​は​かれら​の​なか​に​とどまって​いる​こと​が​できず、まれ​きょう​に​かえって​た​の​で​あった。

    4 ​そして、かれ​が​る​と、たみ​は​ひどく​じゃあく​な​じょうたい​に​あり、あの​ガデアントン​の​ごうとう​たち​が​さばきつかさ​の​しょく​に​いて​いて、くに​の​けんりょく​と​けん​を​うばい​って​いた。また、ごうとう​たち​は​かみ​の​いましめ​を​て、かみ​の​まえ​に​すこしも​ただしい​こと​を​おこなわず、ひと​の​ら​を​まったく​こうせい​に​あつかわず、

    5 じん​を​かれら​の​​の​ゆえ​に​つみ​に​さだめ、罪人つみびと​と​あくにん​は​金銭きんせん​を​って​ざい放免ほうめん​と​し、さらに​ぶん​たち​が​えき​と​​の​ほまれ​を​られる​よう​に、また​もっと​あん​に​姦淫かんいん​を​おかし、ぬすみ、ころし、ぶん​の​おもい​どおり​の​こと​を​おこなえる​よう​に、せい​の​要職ようしょく​に​いて​とう​し、ぶん​の​おもい​どおり​に​おこなって​いた。

    6 ​この​ひどい​ざいあく​は、わずか​な​年数ねんすう​で​ニーファイじん​に​およんで​いた。ニーファイ​は​それ​を​る​と、かなしみ​で​むね​が​まり、くるしみ​もだえて​さけんだ。

    7 「おお、わたし​の​せん​の​ニーファイ​が​はじめて​エルサレム​の​​から​やって​た​その​だい​に​わたし​も​きて​いて、やくそく​の​​で​せん​の​ニーファイ​と​いっしょ​に​よろこぶ​こと​が​できたら​よかった​の​に。とう​の​ニーファイ​の​たみ​は​よう​に​かんこく​に​したがい、かみ​の​いましめ​を​かっ​と​して​まもり、ざいあく​を​おかす​よう​に​さそわれる​の​は​おそく、しゅ​の​こと​を​く​の​は​はやかった。

    8 ​まことに、もし​わたし​が​その​だい​に​きて​いたら、同胞はらから​の​​を​よろこんだ​こと​だろう。

    9 ​しかし​よ、わたし​は​この​だい​を​ぶん​の​だい​と​し、同胞はらから​の​この​あく​を​て​かなしみ​に​ち​ひしがれる​よう​に​さだめられて​いる。」

    10 ​さて​よ、それ​は、ニーファイ​の​にわ​に​ある​とう​の​うえ​で​さけんだ​こと​で​あった。かれ​の​にわ​は​ゼラヘムラ​の​まち​に​ある​もっとも​おおきな​いち​へ​つうじて​いる​大通おおどおり​の​そば​に​あった。そして​ニーファイ​は、ぶん​の​にわ​に​ある​その​とう​の​うえ​で​ひれして​いた。その​とう​も​大通おおどおり​に​る​にわ​の​もん​の​ちかく​に​あった。

    11 ​さて、ある​人々ひとびと​が​ちかく​を​とおりかかり、ニーファイ​が​とう​の​うえ​で​その​こころ​を​かみ​に​そそぎ​して​いる​の​を​た。そして、かれら​は​はしって​って、ぶん​たち​の​た​こと​を​人々ひとびと​に​げた。すると​人々ひとびと​は、かれ​が​たみ​の​あく​を​その​よう​に​ふかく​なげいて​いる​わけ​を​ろう​と​して、おおぜいあつまって​た。

    12 ​さて、ニーファイ​は​がる​と、おおぜい​の​人々ひとびと​が​あつまって​いる​の​を​た。

    13 ​そして​かれ​は​くち​を​ひらく​と、かれら​に​った。「よ、なんの​ため​に​あなたがた​は​あつまって​た​の​か。あなたがた​の​ざいあく​に​ついて​わたし​に​かたらせる​ため​か。

    14 ​まことに、それ​は​わたし​が​あなたがた​の​ざいあく​の​こと​で​こころ​に​ふかい​うれい​を​おぼえ、その​こころ​を​かみ​に​そそぎ​す​ため​に​とう​に​のぼった​から​で​ある。

    15 ​わたし​が​なげき、かなしんで​いる​ので、あなたがた​は​あつまって​おどろいて​いる。あなたがた​は​おおいに​おどろく​ひつよう​が​ある。あなたがた​は​あく​に​わたされて、こころ​を​この​よう​に​おおいに​はい​されて​きた​ので、おどろいて​とうぜん​で​ある。

    16 ​まことに、どうして​あなたがた​は、永遠えいえん​の​こう​と​きゅう​の​のう​へ​げ​とそう​と​して​いる​もの​の​ゆうわく​に​​を​ゆだねる​こと​が​できた​の​か。

    17 ​おお、あらため​なさい、あらため​なさい。​なぜ​あなたがた​は​のう​と​する​の​か。ち​かえり​なさい、しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​に​ち​かえり​なさい。なぜ​しゅ​は​あなたがた​を​てられた​の​か。

    18 ​それ​は、あなたがた​が​こころ​を​かたくな​に​した​から​で​ある。まことに、あなたがた​は、い​ひつじい​の​こえ​を​こう​と​しない。まことに、あなたがた​は、ぶん​たち​の​こと​で​い​ひつじい​を​いからせて​しまった​の​だ。

    19 よ、あなたがた​が​あらためよう​と​しなければ、ひつじい​は​あなたがた​を​あつめる​どころ​か、い​らして​いぬ​と​じゅう​の​えじき​に​される​で​あろう。

    20 ​おお、どうして​あなたがた​は、かみ​が​たすけて​くださった​その​​に、かみ​を​わすれる​こと​が​できた​の​か。

    21 ​しかし​よ、それ​は​えき​を​人々ひとびと​から​称賛しょうさん​され、また​きん​と​ぎん​を​よう​と​する​から​で​ある。あなたがた​は​とみ​と、この​​の​むなしい​もの​に​執着しゅうちゃく​して​きた。その​ため​に​あなたがた​は​ひと​を​ころし、略奪りゃくだつ​し、ぬすみ、隣人りんじん​に​​な​しょう​を​し、あらゆる​ざいあく​を​おこなって​いる。

    22 ​だから、あらため​なければ、あなたがた​に​わざわい​が​くだる​で​あろう。もし​あなたがた​が​あらためよう​と​しなければ、よ、わたしたち​の​しょゆう​に​ある​この​だい​な​まち​も、まわり​の​だい​な​町々まちまち​も​すべて​うばわれ、そこ​に​あなたがた​の​しょ​は​なく​なる​で​あろう。よ、しゅ​は、これまで​して​くださった​よう​に​は、てき​を​ふせぐ​ちから​を​あなたがた​に​あたえて​くださらない​から​で​ある。

    23 よ、しゅ​は​こう​われる。『ぶん​たち​の​つみ​を​あらため、わたし​の​こと​に​き​したがう​もの​で​なければ、わたし​は​あくにん​に​は​ほか​の​ものじょう​に​ちから​を​しめすまい。』​その​ため、同胞はらから​よ、あなたがた​が​あらため​なければ、​レーマンじん​の​ほう​が​あなたがた​より​も​さいわい​で​ある​こと​を​って​ほしい。

    24 よ、かれら​は、あなたがた​に​あたえられて​きた​あの​おおいなる​しき​に​たいして​つみ​を​おかさなかった​ので、あなたがた​より​も​​に​かなって​いる。その​ため、しゅ​は​かれら​に​あわれみ​を​かけられる。まことに、しゅ​は​かれら​の​​を​ながく​して、そん​を​し​くわえられる。いっぽう​あなたがた​は、あらため​なければ​ことごとく​ほろぼされる。

    25 ​まことに、あなたがた​の​なか​に​こった​あの​ひどく​まわしい​もの​の​ため​に、あなたがた​は​わざわい​で​ある。あなたがた​は​その​まわしい​もの、ガデアントン​が​もうけた​あの​みつ​の​だん​に​くわわって​いる。

    26 ​まことに、あなたがた​の​こころ​に​つのる​こうまん​の​ため​に、わざわい​が​くだる​で​あろう。その​こうまん​は、あなたがた​が​じょう​に​おおく​の​とみ​を​た​ため​に、​を​して​あなたがた​を​たかぶらせた。

    27 ​まことに、あなたがた​の​あく​と​まわしい​おこない​の​ため​に、あなたがた​は​わざわい​で​ある。

    28 ​あなたがた​は​あらため​なければ​ほろびる​で​あろう。すなわち、あなたがた​の​​は​うばわれ、あなたがた​は​​の​おもて​から​ほろぼし​られる​で​あろう。

    29 よ、わたし​は、これら​の​こと​が​こる​で​あろう​と、わたし​しん​から​う​の​で​は​ない。わたし​が​これら​の​こと​を​って​いる​の​は、わたし​が​ひとり​で​った​の​で​は​ない。しかし​よ、しゅ​なる​かみ​が​これら​の​こと​を​らせて​くださった​ので、わたし​は​これら​の​こと​が​真実しんじつ​で​ある​と​って​いる​の​で​ある。したがって、これら​の​こと​が​将来しょうらいこる​と​あかし​する。」