ヒラマン書7
戻る 次へ

ヒラマンのむすであるニーファイのげんかみはニーファイのたみに,あくあらためなければいかりをくだしてばっし,ことごとくほろぼしてしまおうとおどされる。かみえきびょうをもってニーファイのたみたれる。ニーファイのたみあらためてかみかえる。レーマンじんサムエル,ニーファイじんげんする。

つぎだい七-十六しょうがそれにそうとうする。

第7章

ニーファイ,ほっぽうこばまれ,ゼラヘムラのかえる。ニーファイ,ぶんにわにあるとううえいのり,いでたみあらためるようにもとめ,あらためなければほろびることをげる。げんぜんやく二十三ねんから二十一ねんいたる。

1 よ,ニーファイじんたみのさばきつかさのとうだい六十九ねんに,ヒラマンのむすであるニーファイは,ほっぽうからゼラヘムラのかえって

2 かれほっぽうにいるひとびとなかめぐって,かれらにかみことつたえ,またおおくのことをかれらにげんした。

3 ところが,かれらがそのことをまったくれなかったので,かれかれらのなかにとどまっていることができず,まれきょうかえってたのであった。

4 そして,かれると,たみはひどくじゃあくじょうたいにあり,あのガデアントンのごうとうたちがさばきつかさのしょくいていて,くにけんりょくけんうばっていた。また,ごうとうたちはかみいましめをて,かみまえすこしもただしいことをおこなわず,ひとらをまったくこうせいあつかわず,

5 じんかれらののゆえにつみさだめ,罪人つみびとあくにんきんせんってざいほうめんとし,さらにぶんたちがえきほまれをられるように,またもっとあんかんいんおかし,ぬすみ,ころし,ぶんおもいどおりのことをおこなえるように,せいようしょくいてとうし,ぶんおもいどおりにおこなっていた。

6 このひどいざいあくは,わずかなねんすうでニーファイじんおよんでいた。ニーファイはそれをると,かなしみでむねまり,くるしみもだえてさけんだ。

7 「おお,わたしのせんのニーファイがはじめてエルサレムのからやってたそのだいにわたしもきていて,やくそくせんのニーファイといっしょよろこぶことができたらよかったのに。とうのニーファイのたみようかんこくしたがい,かみいましめをかっとしてまもり,ざいあくおかすようにさそわれるのはおそく,しゅことくのははやかった。

8 まことに,もしわたしがそのだいきていたら,同胞はらからよろこんだことだろう。

9 しかしよ,わたしはこのだいぶんだいとし,同胞はらからのこのあくかなしみにちひしがれるようにさだめられている。」

10 さてよ,それは,ニーファイのにわにあるとううえさけんだことであった。かれにわはゼラヘムラのまちにあるもっとおおきないちつうじているおおどおりのそばにあった。そしてニーファイは,ぶんにわにあるそのとううえでひれしていた。そのとうおおどおりににわもんちかくにあった。

11 さて,あるひとびとちかくをとおりかかり,ニーファイがとううえでそのこころかみそそしているのをた。そして,かれらははしってって,ぶんたちのたことをひとびとげた。するとひとびとは,かれたみあくをそのようにふかなげいているわけろうとして,おおぜいあつまってた。

12 さて,ニーファイはがると,おおぜいひとびとあつまっているのをた。

13 そしてかれくちひらくと,かれらにった。「よ,なんのためにあなたがたはあつまってたのか。あなたがたのざいあくについてわたしにかたらせるためか。

14 まことに,それはわたしがあなたがたのざいあくのことでこころふかうれいをおぼえ,そのこころかみそそすためにとうのぼったからである。

15 わたしがなげき,かなしんでいるので,あなたがたはあつまっておどろいている。あなたがたはおおいにおどろひつようがある。あなたがたはあくわたされて,こころをこのようにおおいにはいされてきたので,おどろいてとうぜんである。

16 まことに,どうしてあなたがたは,えいえんこうきゅうのうとそうとしているものゆうわくをゆだねることができたのか。

17 おお,あらためなさい,あらためなさい。なぜあなたがたはのうとするのか。かえりなさい,しゅなるあなたがたのかみかえりなさい。なぜしゅはあなたがたをてられたのか。

18 それは,あなたがたがこころをかたくなにしたからである。まことに,あなたがたは,ひつじこえこうとしない。まことに,あなたがたは,ぶんたちのことでひつじいをいからせてしまったのだ。

19 よ,あなたがたがあらためようとしなければ,よ,ひつじいはあなたがたをあつめるどころか,らしていぬじゅうのえじきにされるであろう。

20 おお,どうしてあなたがたは,かみたすけてくださったそのに,かみわすれることができたのか。

21 しかしよ,それはえきひとびとからしょうさんされ,またきんぎんようとするからである。あなたがたはとみと,こののむなしいものにしゅうちゃくしてきた。そのためにあなたがたはひところし,りゃくだつし,ぬすみ,りんじんしょうをし,あらゆるざいあくおこなっている。

22 だから,あらためなければ,あなたがたにわざわいがくだるであろう。もしあなたがたがあらためようとしなければ,よ,わたしたちのしょゆうにあるこのだいまちも,まわりのだいまちまちもすべてうばわれ,そこにあなたがたのしょはなくなるであろう。よ,しゅは,これまでしてくださったようには,てきふせちからをあなたがたにあたえてくださらないからである。

23 よ,しゅはこうわれる。『ぶんたちのつみあらため,わたしのことしたがものでなければ,わたしはあくにんにはほかのものじょうちからしめすまい。』そのため,同胞はらからよ,あなたがたがあらためなければ,レーマンじんほうあなたがたよりもさいわいであることをってほしい。

24 よ,かれらは,あなたがたにあたえられてきたあのおおいなるしきたいしてつみおかさなかったので,あなたがたよりもにかなっている。そのため,しゅかれらにあわれみをかけられる。まことに,しゅかれらのながして,そんくわえられる。いっぽうあなたがたは,あらためなければことごとくほろぼされる

25 まことに,あなたがたのなかこったあのひどくまわしいもののために,あなたがたはわざわいである。あなたがたはそのまわしいもの,ガデアントンがもうけたあのみつだんくわわっている。

26 まことに,あなたがたのこころつのこうまんのために,わざわくだるであろう。そのこうまんは,あなたがたがじょうおおくのとみたために,してあなたがたをたかぶらせた。

27 まことに,あなたがたのあくまわしいおこないのために,あなたがたはわざわいである。

28 あなたがたはあらためなければほろびるであろう。すなわち,あなたがたのうばわれ,あなたがたはおもてからほろぼしられるであろう。

29 よ,わたしは,これらのことがこるであろうと,わたししんからうのではない。わたしがこれらのことをっているのは,わたしがひとりでったのではない。しかしよ,しゅなるかみがこれらのことをらせてくださったので,わたしはこれらのことがしんじつであるとっているのである。したがって,これらのことがしょうらいこるとあかしする。」