ヒラマン書10
戻る 次へ

第10章

しゅ,ニーファイにむすかためのけんさずけられる。ニーファイ,じょうでもてんでもつなぎ,ちからされる。ニーファイ,あらためるようにたみめいじ,あらためなければほろびることをげる。ニーファイ,たまによってぐんしゅうからぐんしゅうへとれてかれる。げんぜんやく二十一ねんから二十ねんいたる。

1 さて,たみなかいっしょうじたため,かれらはあちらこちらにかれて,それぞれってった。そしてニーファイは,かれらのなかっていて,ただ一人ひとりのこされた。

2 そこでニーファイも,しゅぶんしめしてくださったいろいろなことをふかかんがながら,いえいた。

3 そして,かれふかかんがえ,ニーファイのたみあくと,かれらのかくれたやみわざと,さつじんと,りゃくだつと,あらゆるざいあくのことでひどくしずんでいた。そして,かれがこのようにこころなかふかかんがえていたとき,まことに一つのこえかれこえて,こうわれた。

4 「ニーファイ,あなたはこれまでおこなってきたことのためにさいわいである。わたしがあなたにさずけたことを,あなたがこんよくこのたみらせたことを,わたしはたからである。あなたはかれらをおそれることなく,またぶんいのちようとせず,わたしのおももとめ,わたしのいましめをまもろうとしてきた。

5 さて,あなたがこのようにこんよくこのことをおこなってきたので,よ,わたしはとこしえにあなたをしゅくふくしよう。また,わたしはあなたをことにもおこないにも,しんこうにもはたらきにも,ちからのあるものにしよう。あなたはわたしのおもいにはんすることをもとめないので,まことに,すべてのことがあなたのことのとおりにおこなわれるであろう。

6 よ,あなたはニーファイであり,わたしはかみである。よ,わたしはてん使たちのまえであなたにせんげんする。あなたはこのたみたいしてちからち,またこのたみあくおうじてきんえきびょうかいつであろう。

7 よ,あなたがじょうむすことはなんでもてんむすばれ,あなたがじょうくことはなんでもてんかれるように,わたしはあなたにちからさずける。したがって,あなたはこのたみなかちからつであろう。

8 したがって,もしあなたがこのしん殿でんかって二つにけるようにえば,そのとおりになるであろう。

9 もしあなたがこのやまかって,『くずれてたいらになれ』とえば,そのとおりになるであろう。

10 またよ,もしあなたがかみはこのたみたれるとえば,そのようになるであろう。

11 さてよ,いまわたしはあなたにめいじる。あなたはってこのたみに,『ぜんのうしゃであるしゅなるかみは,「あなたがたはあらためなければほろびるまでたれる」とわれる』とらせなさい。」

12 さてよ,しゅがこれらのことをニーファイにわれると,ニーファイはまり,ぶんいえかえらず,おもてほうぼうっているぐんしゅうのもとへもどってった。そして,かれらはあらためなければほろびるという,ぶんげられたしゅことかれらにげた。

13 さてよ,ニーファイがだいさばきつかさのについてかれらにげておこなった,あのおおきなせきがあったにもかかわらず,かれらはこころをかたくなにし,しゅことしたがわなかった。

14 そこでニーファイは,かれらにしゅことげ,「『あなたがたはあらためなければほろびるまでたれる』としゅわれる」とかたった。

15 さて,ニーファイがかれらにそのことげても,よ,かれらはなおもこころをかたくなにし,かれことしたがおうとしなかった。そしてかれらは,ニーファイをののしり,またろうれるためにかれらえようとした。

16 しかしよ,かみちからがニーファイとともにあったので,かれらはニーファイをらえてろうれることができなかった。かれたまによってげられ,かれらのなかからられてしまったからである。

17 そして,かれたまうちにあってぐんしゅうからぐんしゅうへとめぐり,かみことらせた。そして,ついにかれはすべてのものかみことえ,すべてのたみなかかみことつたえた。

18 さて,かれらはニーファイのことこうとしなかった。そして,あらそいがこったため,かれらはかれてたがいにつるぎころうようになった。

19 このようにして,ニーファイのたみのさばきつかさのとうだい七十一ねんわった。