ヒラマン書 10
    脚注

    第​10​章

    しゅ、ニーファイ​に​むすかため​の​けん​を​さずけられる。ニーファイ、じょう​で​も​てん​で​も​つなぎ、く​ちから​を​​される。ニーファイ、あらためる​よう​に​たみ​に​めいじ、あらため​なければ​ほろびる​こと​を​げる。ニーファイ、たま​に​よって​群衆ぐんしゅう​から​群衆ぐんしゅう​へ​と​れてかれる。げんぜんやく​二十一​ねん​から​二十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、たみ​の​なか​に​いっ​が​しょうじた​ため、かれら​は​あちら​こちら​に​かれて、それぞれ​って​った。そして​ニーファイ​は、かれら​の​なか​に​って​いて、ただ​ひとのこされた。

    2 ​そこで​ニーファイ​も、しゅ​が​ぶん​に​しめして​くださった​いろいろ​な​こと​を​ふかく​かんがえ​ながら、いえ​に​いた。

    3 ​そして、かれ​は​ふかく​かんがえ、ニーファイ​の​たみ​の​あく​と、かれら​の​かくれた​やみ​の​わざ​と、さつじん​と、略奪りゃくだつ​と、あらゆる​ざいあく​の​こと​で​ひどく​しずんで​いた。そして、かれ​が​この​よう​に​こころ​の​なか​で​ふかく​かんがえて​いた​とき、まことに​一つ​の​こえ​が​かれ​に​こえて、こう​われた。

    4 「ニーファイ、あなた​は​これまで​おこなって​きた​こと​の​ため​に​さいわい​で​ある。わたし​が​あなた​に​さずけた​こと​を、あなた​が​こん​よく​この​たみ​に​げ​らせた​こと​を、わたし​は​た​から​で​ある。あなた​は​かれら​を​おそれる​こと​なく、また​ぶん​の​いのち​を​よう​と​せず、わたし​の​おもい​を​もとめ、わたし​の​いましめ​を​まもろう​と​して​きた。

    5 ​さて、あなた​が​この​よう​に​こん​よく​この​こと​を​おこなって​きた​ので、よ、わたし​は​とこしえ​に​あなた​を​しゅくふく​しよう。また、わたし​は​あなた​を​こと​に​も​おこない​に​も、しんこう​に​も​はたらき​に​も、ちから​の​ある​もの​に​しよう。あなた​は​わたし​の​おもい​に​はんする​こと​を​もとめない​ので、まことに、​すべて​の​こと​が​あなた​の​こと​の​とおり​に​おこなわれる​で​あろう。

    6 よ、あなた​は​ニーファイ​で​あり、わたし​は​かみ​で​ある。よ、わたし​は​てん使​たち​の​まえ​で​あなた​に​宣言せんげん​する。あなた​は​この​たみ​に​たいして​ちから​を​ち、また​この​たみ​の​あく​に​おうじて​きんえきびょうかい​で​​を​つ​で​あろう。

    7 よ、あなた​が​じょう​で​むすぶ​こと​は​なんでも​てん​で​むすばれ、あなた​が​じょう​で​く​こと​は​なんでも​てん​で​かれる​よう​に、わたし​は​あなた​に​ちから​を​さずける。したがって、あなた​は​この​たみ​の​なか​で​ちから​を​つ​で​あろう。

    8 ​したがって、もし​あなた​が​この​神殿しんでん​に​かって​二つ​に​ける​よう​に​え​ば、その​とおり​に​なる​で​あろう。

    9 ​もし​あなた​が​この​やま​に​かって、『くずれて​たいら​に​なれ』​と​え​ば、その​とおり​に​なる​で​あろう。

    10 ​また​よ、もし​あなた​が​かみ​は​この​たみ​を​たれる​と​え​ば、その​よう​に​なる​で​あろう。

    11 ​さて​よ、いま​わたし​は​あなた​に​めいじる。あなた​は​って​この​たみ​に、『ぜんのうしゃ​で​ある​しゅ​なる​かみ​は、「あなたがた​は​あらため​なければ​ほろびる​まで​たれる」と​われる』​と​げ​らせ​なさい。」

    12 ​さて​よ、しゅ​が​これら​の​こと​を​ニーファイ​に​われる​と、ニーファイ​は​まり、ぶん​の​いえ​に​かえらず、​の​おもて​の​ほうぼう​に​って​いる​群衆ぐんしゅう​の​もと​へ​もどって​った。そして、かれら​は​あらため​なければ​ほろびる​と​いう、ぶん​に​げられた​しゅ​の​こと​を​かれら​に​げた。

    13 ​さて​よ、ニーファイ​が​だい​さばきつかさ​の​​に​ついて​かれら​に​げて​おこなった、あの​おおきな​せき​が​あった​に​も​かかわらず、かれら​は​こころ​を​かたくな​に​し、しゅ​の​こと​に​き​したがわなかった。

    14 ​そこで​ニーファイ​は、かれら​に​しゅ​の​こと​を​げ、「『あなたがた​は​あらため​なければ​ほろびる​まで​たれる』​と​しゅ​が​われる」と​かたった。

    15 ​さて、ニーファイ​が​かれら​に​その​こと​を​げて​も、よ、かれら​は​なお​も​こころ​を​かたくな​に​し、かれ​の​こと​に​き​したがおう​と​しなかった。そして​かれら​は、ニーファイ​を​ののしり、また​ろう​に​れる​ため​に​かれ​を​らえよう​と​した。

    16 ​しかし​よ、かみ​の​ちから​が​ニーファイ​と​ともに​あった​ので、かれら​は​ニーファイ​を​らえて​ろう​に​れる​こと​が​できなかった。かれ​は​たま​に​よって​げられ、かれら​の​なか​から​れ​られて​しまった​から​で​ある。

    17 ​そして、かれ​は​たま​の​うち​に​あって​群衆ぐんしゅう​から​群衆ぐんしゅう​へ​と​めぐり、かみ​の​こと​を​げ​らせた。そして、ついに​かれ​は​すべて​の​もの​に​かみ​の​こと​を​げ​え、すべて​の​たみ​の​なか​に​かみ​の​こと​を​つたえ​えた。

    18 ​さて、かれら​は​ニーファイ​の​こと​を​こう​と​しなかった。そして、あらそい​が​こった​ため、かれら​は​かれて​たがいに​つるぎ​で​ころし​う​よう​に​なった。

    19 ​この​よう​に​して、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​七十一​ねん​が​わった。