ヒラマン書5
戻る 次へ

第5章

ニーファイとリーハイ,せんきょうせんねんする。この二人ふたりは,せんならってせいかつするようにかれらをうながすものである。キリストはあらためるひとびとあがなわれる。ニーファイとリーハイ,おおくのひとかいしゅうさせ,とうごくされ,つつまれる。あんこくくもが三百にんおおう。だいうごき,あらためるようにめいじるこえひとびとこえる。ニーファイとリーハイ,てん使たちとかたり,ぐんしゅうつつまれる。げんぜんやく三十ねん

1 さて,このおなとしに,よ,ニーファイはセゾーラムというひとにさばきつかさのしょくゆずった。

2 それは,ニーファイじんほうりつかれらのせいたいたみこえによってさだめられ,あくえらんだものぜんえらんだものよりもはるかにおおぜいであったために,ほうりつかいあくされてかれらのめつぼうじゅくしていたからである。

3 また,これだけではない。かれらはごうじょうたみであったので,ほうりつによってもせいによってもかれらをおさめることができず,ただめつぼうがあるのみであった。

4 そしてニーファイは,かれらのざいあくにうんざりしてしまった。そこでかれはさばきつかさのしょくゆずかみことつたえるつとめにせいをささげた。また,かれおとうとリーハイもおなつとめにせいをささげた。

5 かれらはちちヒラマンがぶんたちにかたったことおもしたからである。ヒラマンがかたったことつぎのとおりである。

6 よ,わがらよ,わたしはあなたたちがかみいましめをまもることをわすれないようにとねがっている。また,つぎことたみらせてもらいたい。よ,わたしは,エルサレムのからやってたわたしたちのさいしょせんを,あなたたちにけた。わたしがこうしたのは,あなたたちがぶんおもうときにせんおもこせるように,そしてせんおもこすときにせんおこないをおもこせるように,そしてせんおこないをおもこすときに,せんおこないがかったことがどのようにつたえられ,しるされているかかるようにするためである。

7 わがらよ,あなたたちはせんについてつたえられ,しるされてきたように,ぶんたちについてもつたえられ,しるされるようにいことをしてもらいたい。

8 わがらよ,よ,あなたたちにのぞむことがもうすこしある。それは,ほこるためにこれらのことをおこなうのではなく,まことにえいえんの,えてなくなることのないたからぶんしんのためにてんたくわえるため,これらのことをおこなうようにということ,そしてわたしたちのせんにすでにあたえられているとかんがえてとうぜんである,あのとうとえいえんいのちたまものをあなたたちもてるようにということである。

9 おお,おぼえておきなさい。わがらよ,ベニヤミンおうかれたみかたったことおぼえておきなさい。まことに,しょうらいられるイエス・キリストのあがなによってのみひとすくわれるのであり,ほかにはいっさいみちしゅだんもないことをおぼえておきなさい。まことに,イエス・キリストがあがなためにられることをおぼえておきなさい。

10 また,アミュレクがアモナイハのまちでゼーズロムにかたったことおぼえておきなさい。アミュレクはかれに,しゅたしかにしゅたみあがなうためにられるが,かれらをつみのあるままあがなうためではなく,かれらをつみからあがなうためにられるのであるとかたった。

11 しゅは,かれらがあらためるときにかれらをつみからあがなうために,おんちちからさずけられたちからっておられるのである。したがって,しゅあらためのじょうけんについてらせるために,てん使たちをつかわしてこられた。このあらためはひとびとあがなぬしちからのもとにみちびき,かれらにすくいをさせるものである。

12 わがらよ,おぼえておきなさい。あなたたちは,かみおんでありキリストであるあがなぬしいわうえもといきずかなければならないことをおぼえておきなさい。そうすれば,あくおおかぜを,まことにせんぷうなかあくおくるときにも,まことにあくひょうおおあらしがあなたたちをつときにも,それにはこうきゅうのうふちにあなたたちをきずりとすちからはない。なぜならば,あなたたちはけんもといであるそのいわうえてられており,ひとはそのもというえきずくならば,たおれることなどありないからである。」

13 さてこれは,ヒラマンがむすたちにおしえたことである。まことに,かれはここにしるされていないおおくのことと,ここにしるされているおおくのことをかれらにおしえた。

14 ヒラマンのむすたちはちちことおもしたので,かみめいじられるままに,ニーファイのすべてのたみなかかみことおしえるためにった。そして,さいしょにバウンティフルのまちおしえた。

15 そして,そこからギドのまちき,ギドのまちからミュレクのまちった。

16 そして,まちからまちへとめぐって,ついにかれらはなんぽうにいたすべてのニーファイのたみあいだめぐえ,そこからゼラヘムラのってレーマンじんなかはいってった。

17 そしてかれらは,おおきなちからをもっておしえをき,まえにニーファイじんからわかれてったはんしゃたちおおくをやぶった。そこで,これらのものたちはすすて,つみこくはくし,あらためのためのバプテスマをけ,ぜんにニーファイじんたいしてぶんたちがおこなったとうちをつぐなうために,すぐにニーファイじんのもとにかえってった。

18 そしてニーファイとリーハイは,レーマンじんにもおなじようにおおきなちからけんのうをもっておしえをいた。かれらはかたことができるようにちからけんのうあたえられており,またかたるべきことがらしめされたからである。

19 そこでかれらはかたってレーマンじんじょうおどろかせ,かれらにかくしんいだかせたので,ゼラヘムラのとそのまわりであらためのためのバプテスマをけ,ぶんたちのせんつたえがただしくないことをかくしんしたレーマンじんは八千にんのぼった。

20 そして,ニーファイとリーハイはそこからニーファイのかった。

21 さて,かれらは,レーマンじんぐんたいらえられ,ろうれられてしまった。まことに,アンモンとかれどうりょうたちがリムハイのによってれられた,あのろうであった。

22 ニーファイとリーハイがものもなくろうれられたままいくにちぎてから,よ,ひとびと二人ふたりしてころそうと,ろうなかはいってた。

23 さて,ニーファイとリーハイはのようなものにつつまれていた。そのため,ひとびとぶんたちがかれてしまうのではないかとおそれ,あえて二人ふたりをかけようとしなかった。それでも,ニーファイとリーハイはかれなかった。二人ふたりなかっているようでありながらかれなかった。

24 二人ふたりは,ぶんたちがはしらつつまれていながらもかれないのをて,こころゆうた。

25 二人ふたりは,レーマンじんがあえてぶんたちにをかけようとせず,またあえてちかづこうともせず,おどろきのあまりものえなくなったかのようなありさまっているのをたからである。

26 そこで,ニーファイとリーハイはすすて,かれらにかたはじめた。「おそれてはならない。よ,あなたがたにこのおどろくべきことをしめされたのはかみである。わたしたちにをかけてころすことはできないということが,これによってあなたがたにしめされているのである。」

27 よ,二人ふたりがこれらのことかたえると,だいはげしくうごき,ろうかべがまさにくずちるほどにれた。それでもよ,かべたおれなかった。またよ,ろうなかにいたものたちは,レーマンじんと,はんしゃのニーファイじんであった。

28 そしてかれらは,あんこくくもおおわれ,じょうきょうおそわれた。

29 そして,そのあんこくくもうえほうからこえるかのように,一つのこえがあってった。「あらためよ,あらためよ。よきおとずれをらせるためにあなたがたのもとにつかわしたしもべたちを,ほろぼそうとしてはならない。」

30 さて,かれらはこのこえいたが,よ,それはかみなりのようなこえではなく,おおきなそうぞうしいおとでもなく,よ,まるでささやきのような,まったくやさしいしずかなこえであり,それでいてこころそこまでもつらぬいた。

31 そのこえやさしかったにもかかわらず,よ,だいはげしくうごき,まさにくずちるほどにろうかべふたたれた。よ,かれらをおおっていたあんこくくもらなかった。

32 そしてよ,ふたたこえこえた。「あらためよ,あらためよ。てんおうこくちかいからである。とわたしのしもべたちをほろぼそうとしてはならない。」そののちふたただいうごき,かべれた。

33 それから三こえこえ,ひとあらわせないおどろくべきことかれらにげた。そして,またもやかべれ,だいがまさにけるほどにうごいた。

34 さてレーマンじんは,あんこくくもおおわれていたので,げることができなかった。またきょうたれていたので,うごくこともできなかった。

35 このレーマンじんなかに,まれがニーファイじんで,かつてかみきょうかいぞくしていたが,そのきょうかいからはんしていたもの一人ひとりいた。

36 そして,かれかえると,よ,あんこくくもとおしてニーファイとリーハイのかおた。するとよ,二人ふたりかおはまるでてん使かおのようにじょうかがやいていた。またかれは,二人ふたりてんけて,二人ふたりにはえているあるひとかたりかけて,すなわちこえげているようなようであるのもた。

37 そこでこのおとこおおぜいものたちに,いてるようにさけんだ。そしてよ,いてちからかれらにあたえられたので,かれらはニーファイとリーハイのかおた。

38 そしてかれらはそのおとこに,「よ,これは一体いったいどういうことなのだ。このものたちがはなしているあいはだれなのか」とたずねた。

39 そのおとこはアミナダブといった。アミナダブはかれらに,「二人ふたりかみてん使たちとはなしている」とった。

40 そこで,レーマンじんかれに,「われわれおおっているこのあんこくくもはなるようにするには,われわれどうすればよいのか」とった。

41 そこでアミナダブはかれらに,「あなたがたはあらためて,アルマとアミュレクとゼーズロムがあなたがたにおしえた,キリストをしんじるしんこうてるまで,さきほどのこえかってさけもとめなければならない。このようにするときに,あなたがたをおおっているあんこくくもはなるだろう」とった。

42 そこで,かれらはみなだいふるわせたかたこえかってさけもとめ,まことに,あんこくくもるまでさけもとめた。

43 そしてまわりをまわすと,かれらをおおっていたあんこくくもはなり,よ,かれらは一人ひとりのこらずはしらつつまれていた。

44 そして,ニーファイとリーハイがかれらのなかにいた。まことに,かれらはつつまれ,まるでえるなかにいるかのようであったが,そのかれらをそこなうことなく,またろうかべえつくこともなかった。またかれらは,いようのない,えいこうちたよろこたされた。

45 そしてよ,かみせいなるたまてんからくだって,かれらのこころなかはいられたので,かれらはあたかもたされたかのようになり,おどろくべきことかたことができた。

46 そしてかれらにこえが,すなわち,まるでささやくようなこころよこえこえた。

47 へいあんがあるように。あなたがたははじめからいる,わたしのこころからあいするものしんじているので,あなたがたにへいあんがあるように。」

48 かれらはこのこえくと,どこからこえこえてくるのかようとするかのようにあおた。するとよ,てんひらくのがえた。そして,てん使たちがてんからくだってて,かれらにつかえた。

49 これらのことをきしたものはおよそ三百にんであった。かれらはおもうことなく,またうたがうこともなくくようにめいじられた。

50 そこで,かれらはき,たみおしえ,ぶんたちがきしたすべてのことを,まわりのすべてのほうらせた。そのけっ,レーマンじんたいはんがそれらのことをかくしんするようになった。かれらのしょうだいであったからである。

51 そして,かくしんものたちはみなて,またぞうせんつたえもてた。

52 そしてかれらは,ニーファイじんしょゆうをニーファイじんゆずわたした。