ヒラマン書 3
    脚注

    第​3​章

    おおく​の​ニーファイじん​が​北方ほっぽう​の​​へ​じゅう​する。かれら​は​セメント​で​いえ​を​つくり、また​おおく​の​ろく​を​しるす。すうまんにん​が​改宗かいしゅう​し、バプテスマ​を​ける。かみ​の​こと​は​ひと​を​すくい​に​みちびく。ヒラマン​の​むす​ニーファイ、さばきつかさ​の​しょく​に​く。げんぜんやく​四十九​ねん​から​三十九​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​四十三​ねん​に​は、ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​まったく​あらそい​が​なかった。ただ​きょうかいいん​の​なか​に​すこし​こうまん​が​あり、それ​が​たみ​の​なか​に​しょう​の​​を​こした​が、だい​四十三​ねん​の​わり​に​は​その​問題もんだい​は​解決かいけつ​した。

    2 ​また、だい​四十四​ねん​に​は​たみ​の​なか​に​まったく​あらそい​が​なく、だい​四十五​ねん​に​も​ひどい​あらそい​は​なかった。

    3 ​さて、だい​四十六​ねん​に​は、ひどい​あらそい​と​おおく​の​はん​が​あった。その​ため​に、ゼラヘムラ​の​​を​り、北方ほっぽう​の​​へ​って​そこ​に​もう​と​した​もの​が​じょう​に​おおぜい​いた。

    4 かれら​は​じょう​に​とおく​まで​たび​を​し、いくつ​も​の​おおきな​しょう​と​おおく​の​かわ​の​ある​ところ​に​いた。

    5 ​そして、かれら​は​その​​の​全域ぜんいき​に​ひろがった。ぜん​に​その​​に​んで​いた​おおく​の​もの​の​ため​に​らされて​おらず、樹木じゅもく​も​なくなって​いない​ほうぼう​の​ほう​に​ひろがった。

    6 ​その​​は​どこ​も​樹木じゅもく​の​ほか​は​すこしも​れて​いなかった。しかし、まえ​に​その​​に​んで​いた​人々ひとびと​の​めつぼう​が​ひどかった​ので、てた​​と​ばれた。

    7 ​その​​の​おもて​に​は​樹木じゅもく​が​ほとんど​なかった​ので、そこ​へ​やって​た​人々ひとびと​は​セメント​の​こう​が​じょう​に​じょう​に​なった。そこで​かれら​は、セメント​づくり​の​いえ​を​てて​んだ。

    8 ​そして​かれら​は​え、ひろがり、南方なんぽう​の​​から​北方ほっぽう​の​​へ​うつり、ひろがった​ので、みなみ​の​う み​から​きた​の​う み​まで、西にし​の​う み​から​ひがし​の​う み​まで、ぜん​の​おもて​を​おおい​はじめた。

    9 北方ほっぽう​の​​に​いた​人々ひとびと​は​てんまく​や​セメント​づくり​の​いえ​に​んで​いた。そして​かれら​は、その​​の​おもて​に​える​​は​どんな​もの​で​も​そだてる​よう​に​して、将来しょうらい材木ざいもく​を​て​ぶん​たち​の​いえ​を​てられる​よう​に、まことに​ぶん​たち​の​まち​を​きずき、ぶん​たち​の​神殿しんでん​や​会堂かいどう聖堂せいどう、その​ほか​あらゆる​建物たてもの​を​てられる​よう​に​した。

    10 ​そして、北方ほっぽう​の​​に​は​材木ざいもく​が​じょう​に​とぼしかった​ので、南方なんぽう​の​​の​人々ひとびと​は​ふね​で​おおく​の​材木ざいもく​を​おくった。

    11 ​この​よう​に​して、かれら​は​北方ほっぽう​の​​の​人々ひとびと​が、おおく​の​まち​を​​と​セメント​の​両方りょうほう​で​建設けんせつ​できる​よう​に​した。

    12 ​そして、まれ​が​レーマンじん​で​あった​​アンモン​の​たみ​も、おおく​の​もの​が​この​​に​うつった。

    13 ​ところで、この​たみ​の​おおく​の​もの​が​この​たみ​の​おこなって​きた​こと​を​き​つづけて​たくさん​の​ろく​を​のこして​おり、その​ろく​は​詳細しょうさい​で​じょう​に​たい​で​ある。

    14 ​しかし​よ、この​たみ​が​おこなって​きた​こと​の​百​ぶん​の​一​も、本書ほんしょ​に​せる​こと​が​できない。すなわち、レーマンじん​に​ついて​の​はなし​と​ニーファイじん​に​ついて​の​はなしかれら​の​せんそう​と​あらそい​と​宣教せんきょう​と​げん海運かいうん​と​ふね​の​建造けんぞう神殿しんでん​と​会堂かいどう​と​聖堂せいどう​の​建設けんせつ​と​あくさつじん​と​ごうとう​と​略奪りゃくだつ、あらゆる​まわしい​おこない​と​みだら​な​おこない、これら​に​ついて​の​はなし​の​百​ぶん​の​一​も​せる​こと​は​できない。

    15 ​しかし​よ、おおく​の​しょ​と​あらゆる​おおく​の​ろく​が​ある。これら​は​おもに​ニーファイじん​が​しるして​きた​もの​で​ある。

    16 ​そして、ニーファイじん​が​いましめ​に​そむき、ころされ、略奪りゃくだつ​され、され、され、虐殺ぎゃくさつ​され、​の​おもて​に​らされ、レーマンじん​と​じって​もはや​ニーファイじん​と​ばれなく​なり、じゃあく​で​ばん​で​残忍ざんにん​に​なり、まことに​レーマンじん​に​なって​しまう​まで、これら​は​ニーファイじん​に​よって​つたえられて​きた。

    17 ​さて、わたし​の​はなし​に​もどろう。わたし​が​これまで​べて​きた​こと​は、ニーファイ​の​たみ​の​なか​に​ひどい​あらそい、そうどう内戦ないせん​が​あった​のち​に​こった​こと​で​ある。

    18 ​さばきつかさ​の​とうだい​四十六​ねん​が​わった。

    19 ​そして、この​​に​は​なお、だい​四十七​ねん​に​も、だい​四十八​ねん​に​も​ひどい​あらそい​が​あった。

    20 ​それでも​ヒラマン​は、こうせい​と​こうへい​を​もって​さばきつかさ​の​しょく​を​つとめた。まことに​かれ​は、かみ​の​おきて​と​裁決さいけつ​と​いましめ​を​まもる​よう​に​つとめた。そして、つづき​かみ​の​​から​て​ただしい​こと​を​おこなった。また​かれ​は、ぶん​の​ちち​の​みち​を​あゆんだ​ので、この​​で​さかえた。

    21 ​さて、かれ​に​は​ふた​の​むす​が​おり、あに​に​​ニーファイ​と​いう​​を​け、おとうと​に​​リーハイ​と​いう​​を​けた。そして、ふた​は​成長せいちょう​して​しゅ​の​やくつ​よう​に​なった。

    22 ​そして、ニーファイ​の​たみ​の​さばきつかさ​の​とうだい​四十八​ねん​の​すえ​に​は、ニーファイじん​の​たみ​の​なか​の​内戦ないせん​と​あらそい​は​しょうおさまり​はじめた。

    23 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​四十九​ねん​に​は、みつけっしゃ​を​べつ​に​して、こくない​は​つづき​へい​が​かくりつ​されて​いた。ごうとう​の​​ガデアントン​は、人々ひとびと​が​んで​いる​いき​の​大半たいはん​で​すでに​この​みつけっしゃ​を​もうけて​いた​が、とう​この​みつけっしゃ​は、せい​の​どうてき​な​たち​に​ある​人々ひとびと​に​は​られて​いなかった​ので、この​くに​から​ちく​されて​いなかった。

    24 ​そして、この​おなじ​とし​に、きょうかい​は​じょう​に​おおきな​発展はってん​を​げ、すうせんにん​が​きょうかい​に​くわわって​あらため​の​ため​の​バプテスマ​を​けた。

    25 きょうかい​の​発展はってん​は​いちじるしく、また​人々ひとびと​に​そそがれた​しゅくふく​は​とても​おおく、だいさい​たち​や​きょう​たち​で​さえ​じょう​に​おどろいた​ほど​で​あった。

    26 ​そして、しゅ​の​わざ​は​発展はってん​し、バプテスマ​を​けて​かみ​の​きょうかい​に​くわわった​ひと​は​おおく、まことに​すうまんにん​に​およんだ。

    27 ​これ​に​よって​かる​よう​に、しゅ​は、ごころ​から​しゅ​の​せい​なる​​を​ぼう​と​する​すべて​の​ひと​に​あわれみ​を​かけられる。

    28 ​まことに、これ​に​よって​かる​よう​に、てん​の​もん​は​​すべて​の​ひと​に、い​えれば、かみ​の​おん​イエス・​キリスト​の​​を​しんじよう​と​する​人々ひとびと​に​ひらかれて​いる​の​で​ある。

    29 ​まことに、のぞむ​もの​は​だれでも、かみ​の​こと​を​​に​れる​こと​が​できる​と​いう​こと​も、わたしたち​に​かる​の​で​ある。この​かみ​の​こと​は​きて​いて​ちから​が​あり、あく​の​わる​と​わな​と​さくりゃく​を​ことごとく​つ。また、あくにん​を​のみ​む​ため​に​そなえられて​いる、あの​こう​の​永遠えいえん​の​ふち​を​よこる​ほそくて​せまい​みち​に​あって、キリスト​の​ひと​を​みちびき、

    30 ​また​かれら​を、まことに​かれら​の​めつ​の​れい​を​てん​の​おうこく​に​おられる​かみ​の​みぎ​に​いたらせ、もはや​そと​に​される​こと​なく、アブラハム、イサク、ヤコブ、および​わたしたち​の​すべて​の​せい​なる​せん​と​ともに​​に​かせる​もの​で​ある。

    31 ​この​とし​に​は、ゼラヘムラ​の​​と​周辺しゅうへん​の​すべて​の​ほう、まことに​ニーファイじん​が​しょゆう​して​いた​ぜん​に​つづき​よろこび​が​あった。

    32 ​そして、だい​四十九​ねん​の​のこり​の​かん​は​へい​で​あり、じょう​に​おおきな​よろこび​が​あった。また、さばきつかさ​の​とうだい​五十​ねん​も​つづき​へい​で​あり、おおきな​よろこび​が​あった。

    33 ​さばきつかさ​の​とうだい​五十一​ねん​も、きょうかい​の​なか​に​はいんで​きた​こうまん​を​べつ​に​すれ​ば、へい​で​あった。きょうかい​の​なか​に​はいんで​きた​と​った​が、かみ​の​きょうかい​の​なか​で​は​なく、かみ​の​きょうかい​に​ぞくして​いる​と​こうげん​する​人々ひとびと​の​こころ​の​なか​に​はいんで​きた​の​で​ある。

    34 ​そして​かれら​は​こうまん​に​なり、おおく​の​きょうだい​たち​を​はくがい​する​よう​に​なった。これ​は​おおきな​あく​で​あり、この​ため​に​かれら​より​も​謙遜けんそん​な​人々ひとびと​は​ひどい​はくがい​を​け、おおく​の​なん​を​み​え​なければ​ならなかった。

    35 ​それでも​かれら​は、しばしば​断食だんじき​して​いのり、ますます​謙遜けんそん​に​なり、ますます​キリスト​を​しんじる​しんこう​を​かっ​と​した​もの​に​した​ので、よろこび​と​なぐさめ​で​たされ、まことに​きよめられ、こころ​の​きよめ​を​けた。この​きよめ​は、かれら​が​こころ​を​かみ​に​したがわせた​ため​に​けた​の​で​ある。

    36 ​そして、だい​五十二​ねん​も​平穏へいおん​に​わった​が、たみ​の​こころ​の​なか​に​は​大変たいへん​に​ひどい​こうまん​が​はいんで​いた。それ​は​かれら​が​じょう​に​ゆたか​に​み、その​​で​さかえて​いた​ため​で​あり、それ​は​に​つのって​きた。

    37 ​さて、さばきつかさ​の​とうだい​五十三​ねん​に​ヒラマン​が​んで、かれ​の​ちょうなん​ニーファイ​が​かれ​に​わって​おさめ​はじめた。かれ​は​こうせい​と​こうへい​を​もって​さばきつかさ​の​しょく​を​つとめ、まことに、かみ​の​いましめ​を​まもり、ぶん​の​ちち​の​みち​を​あゆんだ。