箴言6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 わがよ、あなたがもしとなびとのために保証人ほしょうにんとなり、他人たにんのためにをうってちかったならば、

    2 もしあなたのくちびるの言葉ことばによって、わなにかかり、あなたのくち言葉ことばによってとらえられたならば、

    3 わがよ、そのときはこうして、おのれをすくえ、あなたはとなびとおちいったのだから。いそいでって、となびとにひたすらもとめよ。

    4 あなたのねむらせず、あなたのまぶたを、まどろませず、

    5 かもしかが、かりゅうどのからのがれるように、とりとりものからのがれるように、おのれをすくえ。

    6 なまけものよ、ありのところへき、そのすることをて、知恵ちえよ。

    7 ありは、かしらなく、つかさなく、おうもないが、

    8 なつのうちに食物しょくもつをそなえ、刈入かりいれのときに、かてをあつめる。

    9 なまけものよ、いつまでているのか、いつをさましてきるのか。

    10 しばらくねむり、しばらくまどろみ、をこまぬいて、またしばらくやすむ。

    11 それゆえ、まずしさはぬすびとのようにあなたにきたり、とぼしさは、つわもののようにあなたにる。

    12 よこしまなひとしきひといつわりの言葉ことばをもってきめぐり、

    13 でめくばせし、あしらし、ゆびしめし、

    14 よこしまなこころをもってあくはかり、えずあらそいをおこす。

    15 それゆえ、わざわいは、にわかにかれのぞみ、たちまちにしてやぶられ、たすかることはない。

    16 しゅにくまれるものが六つある、いな、そのこころに、みきらわれるものが七つある。

    17 すなわち、たかぶるいつわりをしたつみなきひとなが

    18 しきはかりごとをめぐらすこころ、すみやかにあくはしあし

    19 いつわりをのべる証人しょうにん、また兄弟きょうだいのうちにあらそいをおこすひとがこれである。

    20 わがよ、あなたのちちいましめをまもり、あなたのははおしえてるな。

    21 つねに、これをあなたのこころむすび、あなたのくびのまわりにつけよ。

    22 これは、あなたがあるくとき、あなたをみちびき、あなたがるとき、あなたをまもり、あなたがざめるとき、あなたとかたる。

    23 いましめはともしびである、おしえひかりである、教訓きょうくんこらしめはいのちみちである。

    24 これは、あなたをまもって、わるおんなちかづかせず、みだらなおんなの、たくみなしたまどわされぬようにする。

    25 彼女かのじょうるわしさをこころしたってはならない、そのまぶたにとらえられてはならない。

    26 遊女ゆうじょいっかいのパンのためにやとわれる、しかし、みだらなおんなひとたっといのちもとめる。

    27 ひとを、そのふところにいだいてその着物きものかれないであろうか。

    28 またひとは、あつんで、そのあしが、かれないであろうか。

    29 そのとなりつま不義ふぎおこなものも、それとおなじだ。すべて彼女かのじょれるものばつまぬかれることはできない。

    30 ぬすびとがえたとき、そのえをたすためにぬすむならば、ひとかれかろんじないであろうか。

    31 もしとらえられたなら、その七ばいつぐない、そのいえざいを、ことごとくさなければならない。

    32 おんな姦淫かんいんおこなもの思慮しりょがない。これをおこなものはおのれをほろぼし、

    33 きずと、はずかしめとをけて、そのはじをすすぐことができない。

    34 ねたみは、そのおっとはげしくいからせるゆえ、うらみをむくいるとき、容赦ようしゃすることはない。

    35 どのようなあがないものをもかえりみず、おおくのおくものをしても、やわらがない。