箴言22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 令名れいめいおおいなるとみにまさり、恩恵おんけいぎんきんよりもい。

    2 めるものまずしいものとはともにおる、すべてこれをつくられたのはしゅである。

    3 かしこものわざわいみずかけ、思慮しりょのないものすすんでいって、ばつをうける。

    4 謙遜けんそんしゅおそれることとのむくいは、とみほまれいのちとである。

    5 よこしまなものみちにはいばらとわながあり、たましいをまもものとおくこれをはなれる。

    6 をそのくべきみちしたがっておしえよ、そうすれば年老としおいても、それをはなれることがない。

    7 めるものまずしきものおさめ、りるものひと奴隷どれいとなる。

    8 あくをまくものわざわいり、そのいかりのつえはすたれる。

    9 ひとめぐものはめぐまれる、自分じぶんのパンをまずしいひとあたえるからである。

    10 あざけるもの追放ついほうすればあらそいもまたり、かつ、いさかいも、はずかしめもなくなる。

    11 こころ潔白けっぱくあいするもの、その言葉ことば上品じょうひんものは、おうがそのともとなる。

    12 しゅ知識ちしきあるものまもる、しかししゅ不信実ふしんじつもの言葉ことばやぶられる。

    13 なまけものう、「ししがそとにいる、わたしは、ちまたでころされる」と。

    14 遊女ゆうじょくちふかおとあなである、しゅにくまれるものはそのなかおちいる。

    15 おろかなことが子供こどもこころなかにつながれている、こらしめのむちは、これをとおいだす。

    16 まずしいものをしえたげて自分じぶんとみそうとするものと、めるものあたえるものとは、ついにかならまずしくなる。

    17 あなたのみみかたむけて知恵ちえあるもの言葉ことばき、かつ、わたしの知識ちしきにあなたのこころもちいよ。

    18 これをあなたのうちにたもち、ことごとく、あなたのくちびるにそなえておくなら、たのしいことである。

    19 あなたがしゅに、たのむことのできるように、わたしはきょう、これをあなたにもおしえる。

    20 わたしは、すすめと知識ちしきとの三十の言葉ことばをあなたのためにしるしたではないか。

    21 それはただしいこと、真実しんじつなことをあなたにしめし、あなたをつかわしたもの真実しんじつこたえをさせるためであった。

    22 まずしいものを、まずしいゆえに、かすめてはならない、なやものを、まちもんでおさえつけてはならない。

    23 それはしゅかれらのうったえをただし、かつかれらをそこなうものいのちを、そこなわれるからである。

    24 いかものまじわるな、いきどおひとともくな。

    25 それはあなたがそのみちにならって、みずから、わなにおちいることのないためである。

    26 あなたはひとものとなってはならない、ひと負債ふさい保証ほしょうをしてはならない。

    27 あなたがつぐなうものがないとき、あなたのている寝床ねどこまでも、ひとうばってよかろうか。

    28 あなたの先祖せんぞてたふる地境じざかいうつしてはならない。

    29 あなたはそのわざにたくみなひとるか、そのようなひとおうまえつが、いやしい人々ひとびとまえにはたない。