箴言15
    脚注
    Theme

    第15章

    1 やわらかいこたえいきどおりをとどめ、はげしい言葉ことばいかりをひきおこす。

    2 知恵ちえあるものした知識ちしきをわかちあたえ、おろかなものくちおろかをす。

    3 しゅはどこにでもあって、悪人あくにん善人ぜんにんとを見張みはっている。

    4 やさしいしたいのちである、乱暴らんぼう言葉ことばたましいきずつける。

    5 おろかなものちち教訓きょうくんかろんじる、いましめをまもものかしこものである。

    6 ただしいものいえにはおおくのたからがある、しきもの所得しょとくにはわずらいがある。

    7 知恵ちえあるもののくちびるは知識ちしきをひろめる、おろかなものこころはそうでない。

    8 しきものそなものしゅにくまれ、ただしいものいのりかれよろこばれる。

    9 しきものみちしゅにくまれ、正義せいぎもとめるものかれあいせられる。

    10 みちてるものには、きびしいこらしめがあり、いましめをにくものいたる。

    11 陰府よみほろびとはしゅまえにあり、ひとこころはなおさらである。

    12 あざけるものいましめられることをこのまない、また知恵ちえあるものちかづかない。

    13 こころたのしみがあれば顔色かおいろよろこばしい、こころうれいがあればはふさぐ。

    14 さときものこころ知識ちしきをたずね、おろかなものくちおろかさを食物しょくもつとする。

    15 なやんでいるもの日々ひびはことごとくつらく、こころたのしいひとつね宴会えんかいをもつ。

    16 すこしのもの所有しょゆうしてしゅおそれるのは、おおくのたからをもってろうするのにまさる。

    17 野菜やさいべてたがいあいするのは、えたうしべてたがいにくむのにまさる。

    18 いきどおりやすいものあらそいをおこし、いかりをおそくするものあらそいをとどめる。

    19 なまけものみちには、いばらがはえしげり、ただしいものみちたいらかである。

    20 知恵ちえあるちちよろこばせる、おろかなひとはそのははかろんじる。

    21 無知むちものおろかなことをよろこび、さときものはまっすぐにあゆむ。

    22 あいはかることがなければ、計画けいかくやぶれる、はかるものおおければ、それはかならる。

    23 ひとくちからこのましいこたえによってよろこびをる、ときにかなった言葉ことばは、いかにもいものだ。

    24 知恵ちえあるひとみちのぼっていのちいたる、こうしてそのひとしたにある陰府よみはなれる。

    25 しゅたかぶるものいえほろぼし、やもめの地境じざかいさだめられる。

    26 悪人あくにんはかりごとはしゅにくまれ、潔白けっぱくひと言葉ことばかれよろこばれる。

    27 不正ふせいをむさぼるものはそのいえわずらわせる、まいないをにくものきながらえる。

    28 ただしいものこころこたえるべきことをかんがえる、しきものくちあくす。

    29 しゅしきものとおざかり、ただしいものいのりかれる。

    30 ひかりこころよろこばせ、よいらせはほねうるおす。

    31 ためになるいましめをみみをもつものは、知恵ちえあるものなかにとどまる。

    32 教訓きょうくんてるものはおのれのいのちかろんじ、いましめをおもんじるものさとりをる。

    33 しゅおそれることは知恵ちえ教訓きょうくんである、謙遜けんそんは、栄誉えいよさきだつ。