聖典
箴言12
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第12章

1 いましめをあいするひと知識ちしきあいする、こらしめをにくものおろかである。

2 善人ぜんにんしゅめぐみをうけ、わるはかりごとをもうけるひとしゅばっせられる。

3 ひとあくをもってかたつことはできない、ただしいひとうごくことはない。

4 かしこつまはそのおっとかんむりである、はじをこうむらせるつまおっとほねしょうじたくされのようなものである。

5 ただしいひとかんがえは公正こうせいである、しきものはかることはいつわりである。

6 しきもの言葉ことばは、ひとながそうとうかがう、ただしいひとくちひとすくう。

7 しきものたおされて、うせる、ただしいひといえかたつ。

8 ひとはそのさとりにしたがって、ほめられ、こころのねじけたものは、いやしめられる。

9 身分みぶんひくひとでも自分じぶんはたらものは、みずからたかぶってしょくとぼしいものにまさる。

10 ただしいひとはその家畜かちくいのちかえりみる、しきもの残忍ざんにんをもって、あわれみとする。

11 自分じぶん田地でんちたがやもの食糧しょくりょうきる、無益むえきことしたがもの知恵ちえがない。

12 しきもの堅固けんごなやぐらは崩壊ほうかいする、ただしいひとかたつ。

13 悪人あくにんはくちびるのとがによって、わなにおちいる、しかしただしいひとなやみをのがれる。

14 ひとはそのくちによって、幸福こうふくり、ひとのわざは、そのひとかえる。

15 おろかなひとみちは、自分じぶんただしくえる、しかし知恵ちえあるものすすめをいれる。

16 おろかなひとは、すぐにいかりをあらわす、しかしかしこひとは、はずかしめをもにとめない。

17 真実しんじつかたひとただしい証言しょうげんをなし、いつわりの証人しょうにんいつわりをう。

18 つるぎをもってすように、みだりに言葉ことばものがある、しかし知恵ちえあるひとしたひとをいやす。

19 真実しんじつうくちびるは、いつまでもたもつ、いつわりをしたは、ただ、まばたきのあいだだけである。

20 あくをたくらむものこころにはあざむきがあり、ぜんをはかるひとにはよろこびがある。

21 ただしいひとにはなんの害悪がいあくしょうじない、しかししきものわざわいをもってたされる。

22 いつわりをうくちびるはしゅにくまれ、真実しんじつおこなものかれよろこばれる。

23 さときひと知識ちしきをかくす、しかしおろかなもの自分じぶんおろかなことをあらわす。

24 つとはたらものはついにひとおさめる、おこたものひとつかえるようになる。

25 こころうれいがあればそのひとをかがませる、しかし親切しんせつ言葉ことばはそのひとよろこばせる。

26 ただしいひとあくはなる、しかししきものみずかみちまよう。

27 おこたもの自分じぶん獲物えものとらえない、しかしつとはたらひとたっとたからる。

28 正義せいぎみちにはいのちがある、しかしあやまりのみちいたる。