出エジプト記6
    脚注
    Theme

    第6章

    1 しゅはモーセにわれた、「いま、あなたは、わたしがパロになにをしようとしているかをるであろう。すなわちパロはつよにしいられて、かれらをらせるであろう。いなかれつよにしいられて、かれらをくにからすであろう」。

    2 かみはモーセにわれた、「わたしはしゅである。

    3 わたしはアブラハム、イサク、ヤコブには全能ぜんのうかみとしてあらわれたが、しゅというでは、自分じぶんかれらにらせなかった。

    4 わたしはまたカナンの、すなわちかれらが寄留きりゅうしたその寄留きりゅうを、かれらにあたえるという契約けいやくかれらとてた。

    5 わたしはまた、エジプトびとが奴隷どれいとしているイスラエルの人々ひとびとのうめきをいて、わたしの契約けいやくおもした。

    6 それゆえ、イスラエルの人々ひとびといなさい、『わたしはしゅである。わたしはあなたがたをエジプトびとの労役ろうえきしたからみちびし、奴隷どれいつとめからすくい、またべたうでおおいなるさばきをもって、あなたがたをあがなうであろう。

    7 わたしはあなたがたをってわたしのたみとし、わたしはあなたがたのかみとなる。わたしがエジプトびとの労役ろうえきしたからあなたがたをみちびすあなたがたのかみしゅであることを、あなたがたはるであろう。

    8 わたしはアブラハム、イサク、ヤコブにあたえるとげてちかったそのにあなたがたをはいらせ、それを所有しょゆうとして、あたえるであろう。わたしはしゅである』と」。

    9 モーセはこのようにイスラエルの人々ひとびとかたったが、かれらはこころいたみと、きびしい奴隷どれいつとめのゆえに、モーセにしたがわなかった。

    10 さてしゅはモーセにわれた、

    11 「エジプトのおうパロのところにって、かれがイスラエルの人々ひとびとをそのくにかららせるようにはなしなさい」。

    12 モーセはしゅにむかってった、「イスラエルの人々ひとびとでさえ、わたしのうことをかなかったのに、どうして、くちびるに割礼かつれいのないわたしのうことを、パロがれましょうか」。

    13 しかし、しゅはモーセとアロンにかたって、イスラエルの人々ひとびとと、エジプトのおうパロのもとにかせ、イスラエルの人々ひとびとをエジプトのからみちびせとめいじられた。

    14 かれらの先祖せんぞいえ首長しゅちょうたちはつぎのとおりである。すなわちイスラエルの長子ちょうしルベンのらはハノク、パル、ヘヅロン、カルミで、これらはルベンの一族いちぞくである。

    15 シメオンのらはエムエル、ヤミン、オハデ、ヤキン、ゾハル、およびカナンのおんなからうまれたシャウルで、これらはシメオンの一族いちぞくである。

    16 レビのらのは、その世代せだいしたがえば、ゲルション、コハテ、メラリで、レビの一生いっしょうは百三十七ねんであった。

    17 ゲルションのらの一族いちぞくはリブニとシメイである。

    18 コハテのらはアムラム、イヅハル、ヘブロン、ウジエルで、コハテの一生いっしょうは百三十三ねんであった。

    19 メラリのらはマヘリとムシである。これらはその世代せだいによるレビの一族いちぞくである。

    20 アムラムはちちいもうとヨケベデをつまとしたが、彼女かのじょはアロンとモーセをかれんだ。アムラムの一生いっしょうは百三十七ねんであった。

    21 イヅハルのらはコラ、ネペグ、ジクリである。

    22 ウジエルのらはミサエル、エルザパン、シテリである。

    23 アロンはナションの姉妹しまい、アミナダブのむすめエリセバをつまとした。エリセバはかれにナダブ、アビウ、エレアザル、イタマルをんだ。

    24 コラのらはアッシル、エルカナ、アビアサフで、これらはコラびとの一族いちぞくである。

    25 アロンのエレアザルはプテエルのむすめのひとりをつまとした。彼女かのじょはピネハスをかれんだ。これらは、その一族いちぞくによるレビびとの先祖せんぞいえ首長しゅちょうたちである。

    26 しゅが、「イスラエルの人々ひとびとをその軍団ぐんだんしたがって、エジプトのからみちびしなさい」とわれたのは、このアロンとモーセである。

    27 かれらはイスラエルの人々ひとびとをエジプトからみちびすことについて、エジプトのおうパロにかたったもので、すなわちこのモーセとアロンである。

    28 しゅがエジプトのでモーセにかたられたに、

    29 しゅはモーセにわれた、「わたしはしゅである。わたしがあなたにかたることは、みなエジプトのおうパロにかたりなさい」。

    30 しかしモーセはしゅにむかってった、「ごらんのとおり、わたしは、くちびるに割礼かつれいのないものです。パロがどうしてわたしのうことをきいれましょうか」。