モロナイ書 8
    脚注

    第​8​章

    よう​の​バプテスマ​は​じゃあく​な​まわしい​おこない​で​ある。おさない​ども​たち​は、贖罪しょくざい​の​おかげ​で​キリスト​に​よって​きて​いる。しんこうあらため、にゅう​で​こころ​の​へりくだった​じょうたい聖霊せいれい​を​ける​こと、さい​まで​しのぶ​こと、これら​は​人々ひとびと​を​すくい​に​みちびく。げんやく​四百一​ねん​から​四百二十一​ねん​に​いたる。

    1 ​わたし​モロナイ​に​あてて​かれた​ちち​モルモン​の​がみ​は、つぎ​の​とおり​で​ある。これ​は、わたし​が​かみ​の​つとめ​に​されて​もなく、わたし​に​あてて​かれた​もの​で​ある。ちち​は​わたし​に​つぎ​の​よう​に​べて​いる。

    2 あいする​むす​モロナイ​よ、わたし​は、しゅ​イエス・​キリスト​が​あなた​を​こころ​に​かけ、しゅ​の​つとめ​に、また​しゅ​の​せい​なる​わざ​に​あなた​を​して​くださった​こと​を、じょう​に​よろこんで​いる。

    3 ​わたし​は​いのる​たび​に、いつも​あなた​の​こと​を​こころ​に​かけ、御父おんちち​の​かぎりない​いつくしみ​と​めぐみ​に​よって、また​あなた​が​さい​まで​御父おんちち​の​せい​なる​おん​イエス​の​​を​しんじ​つづける​しんこう​に​よって、御父おんちち​が​あなた​を​お​まもり​くださる​よう​に​と、おん​イエス​の​​に​より​ちち​なる​かみ​に​えず​いのって​いる。

    4 ​ところで、わが​​よ、わたし​が​じょう​に​ゆうりょ​して​いる​ことがら​に​ついて​あなた​に​べよう。あなたがた​の​なか​に​ろんそう​が​こる​の​は、わたし​に​とって​かなしい​こと​で​ある。

    5 ​もし​わたし​の​いた​こと​が​じつ​で​あれ​ば、あなたがた​の​なか​に​は、おさない​ども​たち​の​バプテスマ​に​ついて​ろんそう​が​あった​と​いう​こと​で​ある。

    6 ​わが​​よ、わたし​が​ねがう​の​は、あなた​が​ちから​を​くして、この​おおきな​あやまち​が​あなたがた​の​なか​から​のぞかれる​よう​に​する​こと​で​ある。わたし​が​この​がみ​を​いた​の​は​その​ため​で​ある。

    7 ​わたし​は、あなたがた​の​この​状況じょうきょう​を​いた​のち​すぐに、この​けん​に​ついて​しゅ​に​たずねた。すると、しゅ​の​こと​が​聖霊せいれい​の​ちから​に​よって​わたし​に​くだって​こう​われた。

    8 『あなたがた​の​あがなぬし、あなたがた​の​しゅ、あなたがた​の​かみ​で​ある​キリスト​の​こと​を​き​なさい。よ、わたし​が​この​に​た​の​は、じん​を​まねく​ため​で​は​なく、罪人つみびと​を​まねいて​あらため​させる​ため​で​ある。健康けんこう​な​ひと​に​は​しゃ​は​らない。る​の​は​びょうにん​で​ある。おさない​ども​たち​は、つみ​を​おかす​こと​が​できない​ので​健康けんこう​で​ある。したがって、​アダム​の​のろい​は、わたし​に​よって​かれら​から​られて​おり、かれら​を​はい​する​ちから​を​って​いない。また、割礼かつれい​の​りっぽう​も​わたし​に​よって​はいされて​いる。』

    9 聖霊せいれい​が​この​よう​に​かみ​の​こと​を​わたし​に​あきらか​に​して​くださった​ので、あいする​むす​よ、わたし​は、おさない​ども​たち​に​バプテスマ​を​ほどこす​こと​が、かみ​を​ひどく​あざける​こう​で​ある​こと​を​って​いる。

    10 よ、わたし​は​あなた​に​う。あなたがた​は​責任せきにん​を​う​こと​が​でき、つみ​を​おかす​能​のうせい​の​ある​もの​に、この​こと、すなわち​あらため​と​バプテスマ​に​ついて​おしえ​なさい。おや​たち​に、あらためて​バプテスマ​を​け、おさない​ども​たち​の​よう​に​へりくだら​なければ​ならない​こと​を​おしえ​なさい。そう​すれ​ば、かれら​は​みなおさない​ども​たち​と​ともに​すくわれる​で​あろう。

    11 おさない​ども​たち​は​あらため​も​バプテスマ​も​ひつよう​ない。よ、バプテスマ​は​あらため​に​みちびく​もの​で​あり、つみ​の​ゆるし​を​る​ため​の​いましめ​を​まもる​こと​で​ある。

    12 おさない​ども​たち​は、​の​はじめ​から​キリスト​に​よって​きて​いる。もし​そう​で​なければ、かみ​は​こうへい​な​かみ​で​あり、まぐれ​な​かみ​で​あり、ひと​を​かたより​る​かた​で​ある。なんと​おおく​の​おさない​ども​たち​が、これまで​バプテスマ​を​ける​こと​なく​んだ​こと​で​あろう。

    13 ​もし​おさない​ども​たち​が​バプテスマ​なし​で​は​すくわれない​と​すれ​ば、これら​の​ども​たち​は​きゅう​の​ごく​へ​った​に​ちがいない。

    14 よ、わたし​は​あなた​に​う​が、おさない​ども​たち​に​も​バプテスマ​が​ひつよう​で​ある​と​かんがえる​もの​は、じゅう​の​なか​に​おり、ざいあく​の​なわ​を​けて​いる。この​よう​な​もの​に​は​しんこう​も​ぼう​も​あい​も​ない。したがって、その​よう​な​かんがえ​を​いだいた​まま​たれる​こと​に​で​も​なれ​ば、ごく​に​くだって​かなければ​ならない。

    15 ​ある​ども​は​バプテスマ​を​けた​ので​かみ​に​よって​すくわれる​が、ほか​の​ども​は​バプテスマ​を​けて​いない​ので​ほろびる、と​かんがえる​こと​は​おそろしい​あく​で​ある。

    16 ​この​よう​に​しゅ​の​みち​を​げる​もの​たち​は​わざわい​で​ある。この​よう​な​もの​たち​は、あらため​なければ​ほろびる​から​で​ある。よ、わたし​は​かみ​から​さずけられた​権能けんのう​を​って​いる​ので、大胆だいたん​に​かたる。わたし​は​ひと​の​する​こと​は​おそれない。完全かんぜん​な​あい​は​あらゆる​おそれ​を​のぞく​から​で​ある。

    17 ​わたし​は​あい、すなわち​永遠えいえん​の​あい​で​たされて​いる​ので、すべて​の​ども​は​わたし​に​とって​ひとしい​そんざい​で​ある。したがって、わたし​は​完全かんぜん​な​あい​を​もって​おさない​ども​たち​を​あいして​いる。おさない​ども​たち​は​みなひとしい​そんざい​で​あり、すくい​に​あずかる​もの​で​ある。

    18 ​わたし​は​かみ​が​こうへい​な​かみ​で​は​なく、まぐれ​な​かた​で​も​なく、永遠えいえん​から​永遠えいえん​に​わたって​わらない​かた​で​ある​こと​を​って​いる。

    19 おさない​ども​たち​は​あらためる​こと​が​できない​ので、おさない​ども​たち​へ​の​かみ​の​きよい​あわれみ​を​てい​する​こと​は、おそろしい​あく​で​ある。おさない​ども​たち​は​みなかみ​の​あわれみ​の​おかげ​で、かみ​に​よって​きて​いる​から​で​ある。

    20 おさない​ども​たち​に​バプテスマ​が​ひつよう​で​ある​と​う​もの​は、キリスト​の​あわれみ​を​てい​し、キリスト​の​贖罪しょくざい​と​キリスト​の​あがない​の​ちから​を​かろんじる​もの​で​ある。

    21 ​この​よう​な​もの​は​わざわい​で​ある。この​よう​な​もの​は、​と​ごく​と​きゅう​の​つう​を​こうむる​おそれ​が​ある​から​で​ある。わたし​は​かみ​から​めいじられた​ので​この​こと​を​大胆だいたん​に​かたる。これら​の​こと​に​みみ​を​かたむけ、ちゅう​を​はらい​なさい。さもなければ、これら​の​こと​は、キリスト​の​さばき​の​​で​あなた​を​める​もの​と​なる。

    22 よ、すべて​の​おさない​ども​たち​は​キリスト​に​よって​きて​いる。りっぽう​の​ない​もの​たち​も​みなどうよう​で​ある。あがない​の​ちから​は​りっぽう​を​たない​すべて​の​もの​に​およぶ​から​で​ある。したがって、つみ​に​さだめられない​もの、すなわち​つみ​の​せんこく​を​けっして​けない​もの​は、あらためる​こと​が​できない​ので、この​よう​な​もの​に​とって​バプテスマ​は​なんの​やく​に​も​たない。

    23 ​むしろ、それ​は​かみ​を​あざける​こう​で​あり、キリスト​の​あわれみ​と​かみ​の​せい​なる​たま​の​ちから​を​てい​し、んだ​おこない​に​たよる​もの​で​ある。

    24 よ、わが​​よ、この​よう​な​こと​が​あって​は​ならない。あらため​は​つみ​の​せんこく​を​ける​ものりっぽう​を​おかして​のろい​を​ける​もの​の​ため​に​ある​の​で​ある。

    25 あらため​の​さいしょ​の​​は​​バプテスマ​で​ある。バプテスマ​は​しんこう​に​よって​おこなわれ、いましめ​を​まもる​こと​で​ある。そして、いましめ​を​まもる​こと​は​つみ​の​ゆるし​を​しょうじ、

    26 つみ​の​ゆるし​は​にゅう​で​こころ​の​へりくだった​じょうたい​を​しょうじ、にゅう​で​こころ​の​へりくだった​じょうたい​で​あれ​ば​聖霊せいれい​の​おとずれ​が​ある。この​なぐさぬし​は、ぼう​と​完全かんぜん​な​あい​を​ひと​の​こころ​に​たされる。そして​この​あい​は、熱心ねっしん​に​いのる​こと​に​よって、すべて​の​せい​が​かみ​と​ともに​む​わり​の​​が​る​まで​つづく​の​で​ある。

    27 よ、わが​​よ、わたし​が​すぐに​レーマンじん​に​かって​て​く​こと​が​なければ、また​あなた​に​こう。よ、この​こくみん、すなわち​ニーファイじん​の​たみ​は、あらため​なければ​こうまん​の​ため​に​ほろびて​しまう。

    28 ​わが​​よ、かれら​が​あらためられる​よう​に、かれら​の​ため​に​いのり​なさい。しかし​よ、たま​が​すでに​かれら​を​はげます​の​を​やめて​いる​の​で​は​ない​か​と、わたし​は​ねん​して​いる。この​ほう​の​もの​たち​も、かみ​から​て​いる​すべて​の​けん​と​権能けんのう​を​たおそう​と​して​おり、また​聖霊せいれい​を​てい​して​いる。

    29 ​わが​​よ、かれら​は​これまで​かい​して​いた​その​よう​に​おおいなる​しき​を​こばんだ​ので、もなく​ほろびる​に​ちがいない。そして、げんしゃ​たち​の​べた​げん​と、わたしたち​の​すくぬししん​の​こと​が​じょうじゅ​する​で​あろう。

    30 ​わが​​よ、わたし​が​また​あなた​に​く​とき​まで、あるいは​あなた​に​う​とき​まで​わかれ​を​げる。アーメン。」