ヒラマン書14
次へ

第14章

サムエル,キリストのこうたんときにはなかあかるく,一つのあたらしいほしあらわれることをこくする。キリストはひとびとにくたいれいからあがなわれる。キリストののしるしとして,みっかんくらやみがあり,いわけ,ぜんだいへんどうがある。げんぜんやくねん

1 さて,レーマンじんサムエルは,ほかにもここにしるせないじょうおおくのことをげんした。

2 よ,かれたみった。「よ,わたしはあなたがたにしるしをあたえる。もう五ねんたつと,よ,かみおんがそのしんじるすべてのひとあがなうためにられる。

3 よ,かみおんらいりんときしるしとして,あなたがたにつぎのことをらせておく。よ,てんおおいなるひかりがあるために,かみおんられるまえよるくらやみがなく,ひとにはまるでひるのようにおもわれる。

4 したがって,二ちゅうがまるで一にちのようであって,よるがない。これがあなたがたへのしるしである。あなたがたにはりもかるので,二ちゅうであることがたしかにかる。しかし,よるくらくならない。それがかみおんのおまれになるぜんである。

5 またよ,あなたがたがいちたことのないような一つのあたらしいほしあらわれる。これもあなたがたへのしるしである。

6 そしてよ,これだけではない。てんにはおおくのしるしとがある。

7 そして,あなたがたはみなおどろき,おもい,たおれるであろう。

8 そして,かみおんしんじるものみなえいえんいのちける。

9 よ,わたしがて,このことをあなたがたにげるように,しゅてん使つうじてわたしにめいじられた。まことに,これらのことをあなたがたにげんするようにと,しゅめいじられた。まことに,しゅはわたしに,『あらためてしゅみちそなえよと,このたみさけびなさい』とわれた。

10 ところが,わたしがレーマンじんであって,しゅからめいじられたことをあなたがたにかたったので,また,それがあなたがたにとってがたかったので,あなたがたはわたしをいかって,わたしをころそうとし,あなたがたのなかからわたしをした

11 あなたがたは,わたしのことかなければならない。わたしがこのまちじょうへきのぼったのは,あなたがたのざいあくのゆえにあなたがたをけているかみさばきについて,あなたがたがいてることができるように,またあなたがたがあらためのじょうけんることができるようにするためである。

12 また,あなたがたがイエス・キリスト,すなわちかみおんてんちちときはじめからのばんぶつそうぞうぬしらいりんることができるようにするためであり,さらにあなたがたがイエス・キリストのらいりんのしるしをって,イエス・キリストのしんじられるようにするためである。

13 あなたがたは,イエス・キリストのしんじるならば,つみをすべてあらためるであろう。それによってあなたがたは,イエス・キリストのどくつうじてつみゆるしをるのである。

14 よ,さらにわたしはもう一つのしるし,すなわち,イエス・キリストののしるしをあなたがたにらせておく。

15 よ,イエス・キリストはかならななくてはならない。すくがもたらされるためである。まことに,それはイエス・キリストのつとめである。しゃふっかつをもたらし,それによってひとびとしゅまえみちびかれるようにするために,イエス・キリストがなれることがひつようになっているのである。

16 まことによ,このふっかつをもたらし,だい一の,すなわちあのれいからぜんじんるいあがなぜんじんるいは,アダムがらくしたことによってしゅまえからたれているので,げんことがらかんしてもれいてきことがらかんしても,ともにんだかんがえられているからである。

17 しかしよ,キリストのふっかつじんるい,まことにぜんじんるいあがなってしゅまえもどす。

18 そして,それはあらためのじょうけんたし,あらためるものは,たおされてなかまれることはないが,あらためないものみなたおされてなかまれる。そしてこれらのものには,ふたたれい,まことにだい二のおよぶ。かれらはにかかわることがらかんしてふたたたれるからである。

19 だから,あなたがたはあらためなさい,あらためなさい。さもなければ,あなたがたはこれらのことがらっていておこなわないので,つみせんこくけることになり,またこのだい二のとされることになる。

20 ところでよ,まえったように,もう一つのしるし,すなわちキリストののしるしについてべると,よ,キリストがなれるには,たいようくらなって,あなたがたにそのひかりあたえようとしない。また,つきほしどうようである。キリストがくなられるときからみっかん,すなわちキリストがふたたしゃなかからよみがえられるときまで,このおもてにはまったくひかりがない。

21 まことに,キリストがいきられるときには,なんかんかみなりいなずまがあり,だいしんどうし,うごくであろう。また,このおもてにあるいわじょういわいわも,いまあなたがたのっているようにけんであり,そのたいはんがんじょうな一つのかたまりであるが,それがくだかれるであろう。

22 まことに,それらのいわは二つにけて,ひびやくだけたへんがそののちいつまでも,ぜんおもてに,またじょうにもにもいだされるであろう。

23 またよ,だいぼうふうがあるであろう。そして,おおくのやまたにのようにひくくなり,げんざいたにばれているおおくのしょが,じょうたかやまとなるであろう。

24 また,おおくのかいどうかいされ,おおくのまちてるであろう。

25 さらに,おおくのはかひらかれて,おおくのしゃし,おおくのせいおおくのひとあらわれるであろう。

26 よ,このようにてん使がわたしにかたった。なんかんにもわたってかみなりいなずまがあると,てん使はわたしにった。

27 またてん使はわたしに,これらのことは,このようにかみなりいなずまぼうふうつづあいだにあり,さらにまたくらやみみっかんぜんおもておおうとった。

28 またてん使はわたしに,これらのしるしとこれらのがこのぜんめんあらわれることを,おおくのものしんじられるように,またひとらのなかしんこうこることがないように,おおくのものはこれらのことよりもおおいなることをるであろうとった。

29 またこれは,しんじるものみなすくわれ,しんじないものさばくだるようにするためでもある。そして,もしかれらがつみさだめられるとすれば,ぶんつみせんこくぶんしんまねくのである。

30 おぼえておきなさい。わたしの同胞はらからよ,おぼえておきなさい。ほろびるものぶんほろび,ざいあくおこなものぶんでそれをおこなうのである。なぜなら,よ,あなたがたはゆうであり,あなたがたはずいこうどうすることをゆるされているからである。よ,かみはあなたがたにしきあたえて,あなたがたをゆうにしてくださったからである。

31 かみはあなたがたがぜんあくをわきまえられるようにしてくださり,また,あなたがたがせいでもでもえらべるようにしてくださった。あなたがたはぜんおこなって,ぜんであるものにかいふくされる。えれば,あなたがたにかいふくされたぜんであるものをつことができる。また,あなたがたはあくおこなって,あなたがたにかいふくされたあくであるものをつこともできるのである。」