聖典
ヨハネによる福音書3
戻る 次へ

第3章

1 パリサイびとのひとりで、そのをニコデモというユダヤじん指導者しどうしゃがあった。

2 このひとよるイエスのもとにきてった、「先生せんせい、わたしたちはあなたがかみからこられた教師きょうしであることをっています。かみがご一緒いっしょでないなら、あなたがなさっておられるようなしるしは、だれにもできはしません」。

3 イエスはこたえてわれた、「よくよくあなたにっておく。だれでもあたらしくうまれなければ、かみくにることはできない」。

4 ニコデモはった、「ひととしをとってからうまれることが、どうしてできますか。もう一度いちどははたいにはいってうまれることができましょうか」。

5 イエスはこたえられた、「よくよくあなたにっておく。だれでも、みずれいとからうまれなければ、かみくににはいることはできない。

6 にくからうまれるものにくであり、れいからうまれるものれいである。

7 あなたがたはあたらしくうまれなければならないと、わたしがったからとて、不思議ふしぎおもうにはおよばない。

8 かぜおもいのままにく。あなたはそのおとくが、それがどこからきて、どこへくかはらない。れいからうまれるものもみな、それとおなじである」。

9 ニコデモはイエスにこたえてった、「どうして、そんなことがありましょうか」。

10 イエスはかれこたえてわれた、「あなたはイスラエルの教師きょうしでありながら、これぐらいのことがわからないのか。

11 よくよくっておく。わたしたちは自分じぶんっていることをかたり、また自分じぶんたことをあかししているのに、あなたがたはわたしたちのあかしをけいれない。

12 わたしが地上ちじょうのことをかたっているのに、あなたがたがしんじないならば、天上てんじょうのことをかたった場合ばあい、どうしてそれをしんじるだろうか。

13 てんからくだってきたもの、すなわちひとのほかには、だれもてんのぼったものはない。

14 そして、ちょうどモーセが荒野あらのでへびをげたように、ひともまたげられなければならない。

15 それはかれしんじるものが、すべて永遠えいえんいのちるためである」。

16 かみはそのひとりたまわったほどに、このあいしてくださった。それは御子みこしんじるものがひとりもほろびないで、永遠えいえんいのちるためである。

17 かみ御子みこにつかわされたのは、をさばくためではなく、御子みこによって、このすくわれるためである。

18 かれしんじるものは、さばかれない。しんじないものは、すでにさばかれている。かみのひとりしんじることをしないからである。

19 そのさばきというのは、ひかりがこのにきたのに、人々ひとびとはそのおこないがわるいために、ひかりよりもやみのほうあいしたことである。

20 あくおこなっているものはみなひかりにくむ。そして、そのおこないがあかるみにされるのをおそれて、ひかりにこようとはしない。

21 しかし、真理しんりおこなっているものひかりる。そのひとのおこないの、かみにあってなされたということが、あきらかにされるためである。

22 こののち、イエスは弟子でしたちとユダヤのき、かれらと一緒いっしょにそこに滞在たいざいして、バプテスマをさづけておられた。

23 ヨハネもサリムにちづいアイノンで、バプテスマをさずけていた。そこにはみずがたくさんあったからである。人々ひとびとがぞくぞくとやってきてバプテスマをけていた。

24 そのとき、ヨハネはまだごくれられてはいなかった。

25 ところが、ヨハネの弟子でしたちとひとりのユダヤじんとのあいだに、きよめのことで争論そうろんおこった。

26 そこでかれらはヨハネのところにきてった、「先生せんせい、ごらんください。ヨルダンのこうであなたと一緒いっしょにいたことがあり、そして、あなたがあかしをしておられたあのかたが、バプテスマをさづけており、みなものが、そのかたのところへかけています」。

27 ヨハネはこたえてった、「ひとてんからあたえられなければ、なにものもけることはできない。

28 『わたしはキリストではなく、そのかたよりもさきにつかわされたものである』とったことをあかししてくれるのは、あなたがた自身じしんである。

29 花嫁はなよめをもつもの花婿はなむこである。花婿はなむこ友人ゆうじんってかれこえき、そのこえいておおいによろこぶ。こうして、このよろこびはわたしにりている。

30 かれかならさかえ、わたしはおとろえる。

31 うえからものは、すべてのもののうえにある。からものは、ぞくするものであって、のことをかたる。てんからものは、すべてのもののうえにある。

32 かれはそのたところ、いたところをあかししているが、だれもそのあかしをけいれない。

33 しかし、そのあかしをけいれるものは、かみがまことであることを、たしかにみとめたのである。

34 かみがおつかわしになったかたは、かみ言葉ことばかたる。かみ聖霊せいれいかぎりなくたまうからである。

35 ちち御子みこあいして、万物ばんぶつをそのにおあたえになった。

36 御子みこしんじるもの永遠えいえんいのちをもつ。御子みこしたがわないものは、いのちにあずかることがないばかりか、かみいかりがそのうえにとどまるのである」。