ニーファイ第一書 22
    脚注

    第​22​章

    イスラエル​は​やがて​​の​全面ぜんめん​に​らされる。わり​の​とき​に、ほうじん​は​ふくいん​で​イスラエル​を​やしない​そだてる。イスラエル​は​あつめられて​すくわれる。あくにん​は​わら​の​よう​に​える。あく​の​おうこく​は​ほろぼされ、サタン​は​しばられる。げんぜんやく​五百八十八​ねん​から​五百七十​ねん​に​いたる。

    1 ​さて、わたし​ニーファイ​が、真鍮しんちゅう​の​はん​に​きざんで​ある​これら​の​こと​を​み​える​と、あに​たち​が​やって​て​わたし​に​った。「おまえ​が​んだ​これら​の​こと​は​どう​いう​​な​の​か。よ、これら​の​こと​は​にく​に​よる​の​で​は​なく、れい​に​よって​こる​霊的れいてき​な​こと​として​解釈かいしゃく​する​の​か。」

    2 ​そこで​わたし​ニーファイ​は、かれら​に​った。「これら​の​こと​は​たま​の​こえ​に​よって、その​げんしゃ​に​しめされた​もの​です。すべて​の​こと​は​たま​に​よって​げんしゃ​たち​に​らされ、にく​に​おいて​ひと​の​ら​に​こる​から​です。

    3 ​ですから​わたし​が​んだ​こと​は、げん​の​こと​に​も​霊的れいてき​な​こと​に​も​かかわる​こと​です。イスラエル​の​いえ​は​おそかれ​はやかれ​​の​全面ぜんめん​に、また​すべて​の​こくみん​の​なか​に​らされる​と​おもわれる​から​です。

    4 ​まことに、エルサレム​に​いる​ひと​たち​に​とって、すでに​ゆく​の​からなく​なって​いる​ひと​が​おおぜい​います。まことに、ぜんぞく​の​大半たいはん​が​すでに​れ​られ、う み​の​島々しまじま​の​ここ​かしこ​に​らされて​います。わたしたち​は、かれら​が​れ​られた​こと​だけ​は​って​います​が、どこ​に​いる​か​は​だれ​も​り​ません。

    5 ​これら​の​こと​は、かれら​が​れ​られて​らいかれら​に​かかわる​こと​として​げん​されて​おり、また、これから​イスラエル​の​せいじゃ​に​よって​り​みだされる​すべて​の​ひと​に​ついて​も​げん​されて​います。それ​は、かれら​が​イスラエル​の​せいじゃ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​し、その​ため​に​すべて​の​こくみん​の​なか​に​らされ、すべて​の​ひと​から​にくまれる​よう​に​なる​から​です。

    6 ​に​も​かかわらず、かれら​が​ほうじん​に​やしない​そだてられた​のちしゅ​は​ほうじん​の​うえ​に​​を​げ、ほうじん​を​はた​として​てられ​ます。そして​ほうじん​は、​イスラエル​の​ら​を​うで​に​き、むすめら​を​かた​に​せて​ます。まことに、ここ​で​われて​いる​こと​は​かならず​この​で​こる​こと​です。しゅ​が​わたしたち​の​せん​と、その​よう​に​せいやく​を​わされた​から​です。これら​の​こと​は、これから​の​わたしたち​の​こと​を​し、また​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​同胞はらから​の​こと​も​して​いる​の​です。

    7 ​また​それ​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​すべて​の​もの​が​ことごとく​り​みだされて​から、しゅ​なる​かみ​が​まことに​この​​の​おもて​に​おいて、ほうじん​の​なか​に​一つ​の​強大きょうだい​な​こくみん​を​こされ、かれら​に​よって​わたしたち​の​そん​が​らされる​とき​が​る​こと​を​して​います。

    8 ​そして、わたしたち​の​そん​が​らされて​から、しゅ​なる​かみ​は​わたしたち​の​そん​に​とって​おおいに​​の​ある​おどろく​べき​わざ​を、ほうじん​の​なか​で​はじめられ​ます。それで​これ​は、わたしたち​の​そん​が​ほうじん​に​やしなわれ、その​うで​に​かれ、その​かた​に​せられて​る​の​に​たとえられ​ます。

    9 ​それ​は、ほうじん​に​とって​も​​の​ある​もの​です。また、ほうじん​だけ​で​なく、​イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​​すべて​の​もの​に​とって​も​​の​ある​もの​で​あって、てん​の​御父おんちち​が​アブラハム​に​たいして、『あなた​の​そん​に​より、​の​すべて​の​ぞく​は​しゅくふく​を​ける​で​あろう』​と​われた​せいやく​が、これ​で​らされる​の​です。

    10 てん​の​御父おんちち​が、もろもろ​の​こくみん​の​​の​まえ​に​その​うで​を​あらわされない​かぎり、​の​すべて​の​ぞく​が​しゅくふく​を​ける​こと​は​ない​と​いう​こと​を、わたし​は​にいさん​たち​に​って​ほしい​と​おもい​ます。

    11 ​それで​しゅ​なる​かみ​は、イスラエル​の​いえ​に​ぞくする​もの​たち​に​せいやく​と​ふくいん​を​もたらし、やがて、すべて​の​こくみん​の​​の​まえ​に​その​うで​を​あらわされる​の​です。

    12 ​それで​しゅ​は、イスラエル​の​いえ​の​もの​たち​を​とらわれ​の​​から​ふたたび​され​ます。かれら​は​その​ぎ​の​​に​あつめられ​ます。そして​くらやみ​から、また​あんこく​から​れ​もどされ​ます。かれら​は、しゅ​が​ぶん​たち​の​すくぬしあがなぬし、イスラエル​の​ちから​ある​もの​で​ある​こと​を​る​の​です。

    13 ​また、ぜん​の​いん​で​ある​あの​おおきな​まわしい​きょうかい​の​人々ひとびと​の​ながした​​は、かれら​しん​の​こうべ​に​はねかえり​ます。かれら​は​たがいに​せんそう​を​して、ぶん​の​​に​つ​つるぎ​を​ぶん​の​じょう​に​とし、ぶんしん​の​​を​んで​う​から​です。

    14 ​おお、イスラエル​の​いえ​よ、あなた​と​たたかう​すべて​の​こくみん​は​たがいに​敵対てきたい​し、しゅ​の​たみ​を​おとしいれよう​と​して​った​あな​に​ぶん​が​ちて​しまう​でしょう。そして​シオン​に​かって​たたかう​もの​は​みなほろび、しゅ​の​ただしい​みち​を​げた​あの​だいいん、まことに、あの​おおきな​まわしい​きょうかい​は​​に​くずれ​ち​ます​が、その​たおれ​かた​は​ひどい​でしょう。

    15 ​まことに、げんしゃ​は​って​います。『サタン​が​もはや​ひと​の​ら​の​こころ​を​はい​できなく​なる​とき​が、すみやか​に​る。すべて​たかぶる​もの​と​あく​を​おこなう​もの​が​​わら​の​よう​に​なる​​が、すぐに​る​から​で​ある。かれら​が​かれる​​が​る。

    16 ​すべて​の​ひと​の​ら​に​かみ​の​ちみちる​はげしい​いかり​が​そそがれる​​が、すみやか​に​る。かみ​は、あくにん​が​じん​を​ほろぼす​の​を​ゆるされない​から​で​ある。

    17 ​その​ため​かみ​は、ちみちる​はげしい​いかり​を​くだし、じん​を​まもる​ため​に​​を​もって​てき​を​ほろぼす​こと​に​なって​も、ぶん​の​ちから​に​よって​じん​を​まもられる。したがって、じん​は​おそれる​に​は​およばない。たとえ​​に​よって​で​も、かれら​は​すくわれる​で​あろう。』​げんしゃ​は​その​よう​に​って​います。

    18 ​まことに、にいさん​たち、あなたがた​に​い​ます。これら​の​こと​は​もなく​かならず​こり​ます。まことに、​と、​と、める​けむり​は​かならず​および​ます。これら​の​こと​は、この​だい​の​おもて​で​こる​に​そう​なく、人々ひとびと​が​イスラエル​の​せいじゃ​に​たいして​こころ​を​かたくな​に​する​なら​ば、にく​に​おいて​人々ひとびと​に​およぶ​の​です。

    19 ​まことに​じん​は​ほろび​ません。シオン​に​敵対てきたい​して​たたかう​もの​たち​が​すべて​たれる​とき​が、かならず​る​から​です。

    20 ​そして​しゅ​は、たしか​に​ぶん​の​たみ​の​ため​に​ほうほう​を​もうけて、モーセ​の​こと​を​じょうじゅ​され​ます。モーセ​は​い​ました。『しゅ​なる​あなたがた​の​かみ​は、あなたがた​の​ため​に、わたし​の​よう​な​げんしゃ​を​ひと​お​て​に​なる。その​げんしゃ​が​あなたがた​に​かたる​すべて​の​こと​に​みみ​を​かたむけ​なさい。その​げんしゃ​に​みみ​を​かたむけない​もの​は​すべて、たみ​の​なか​から​たれる​で​あろう。』

    21 ​さて、わたし​ニーファイ​は​あなたがた​に​言明げんめい​します。モーセ​が​かたった​この​げんしゃ​と​は​イスラエル​の​せいじゃ​の​こと​です。ですから​この​かた​は、​を​もって​さばき​を​され​ます。

    22 じん​は​やぶられる​こと​の​ない​人々ひとびと​です​から、おそれる​に​は​および​ません。おそれる​の​は​あく​の​おうこく​で​あって、これ​は​ひと​の​ら​の​なか​に​きずかれる​おうこく​で、にくたい​を​つ​人々ひとびと​の​なか​に​もうけられ​ます。

    23 ​を​る​ため​に​もうけられる​すべて​の​きょうかいひと​の​うえ​に​はいけん​を​よう​と​もうけられる​すべて​の​きょうかい​の​人々ひとびと​の​​に​かなって​評判ひょうばん​を​る​ため​に​もうけられる​きょうかいにくよく​や​この​の​もの​を​もとめ、あらゆる​ざいあく​を​おこなう​きょうかいようするに、あく​の​おうこく​に​ぞくする​すべて​の​きょうかい​が​おそれて​ふるえ​おののく​​が、すみやか​に​ます。これら​の​きょうかい​は​​に​き​たおされ、わら​の​よう​に​き​くされ​なければ​ならない​の​です。これ​は​あの​げんしゃ​の​こと​の​とおり​です。

    24 ​また、じん​が​ぎゅうしゃ​から​る​うし​の​よう​に​かならず​みちびかれ、イスラエル​の​せいじゃ​が​しゅけん​と​せい​と​ちから​と​おおいなる​えいこう​を​もって​かならず​とう​される​​が、すみやか​に​ます。

    25 ​そして​せいじゃ​は、​の​ほう​から​その​ら​を​あつめ、その​ひつじ​を​かぞえられ、ひつじ​は​せいじゃ​を​る​よう​に​なり​ます。それから​一つ​の​れ、ひと​の​ひつじい​と​なって、せいじゃ​は​ぶん​の​ひつじ​を​やしなわれ、ひつじ​は​せいじゃ​に​よって​牧草ぼくそう​を​いだし​ます。

    26 ​また、せいじゃ​の​たみ​の​​の​ため​に、​サタン​は​まったく​ちから​を​たず、ながい​年月ねんげつ​に​わたって​はなされる​こと​は​あり​ません。たみ​が​​の​うち​に​み、イスラエル​の​せいじゃ​が​とう​される​ので、サタン​は​かれら​の​こころ​を​はい​する​ちから​を​たない​から​です。

    27 ​さて​まことに、わたし​ニーファイ​は​あなたがた​に​い​ます。これら​の​こと​は​すべて、かならず​にく​に​おいて​こる​の​です。

    28 ​しかし​まことに、すべて​の​こくみんぞくこく​の​たみ民族みんぞく​は、もしも​あらためる​なら​ば、イスラエル​の​せいじゃ​に​よって​安全あんぜん​に​らせる​でしょう。

    29 ​ところで​わたし​ニーファイ​は、これら​の​こと​に​ついて​あえて​これ​じょうかたろう​と​おもわない​ので、これ​で​わり​に​します。

    30 ​そこで​にいさん​たち、わたし​は​あなたがた​に、真鍮しんちゅう​の​はん​に​しるされて​いる​ことがら​が​真実しんじつ​で​ある​こと​を​って​ほしい​の​です。これら​の​ことがら​は、ひと​が​かみ​の​いましめ​に​従順じゅうじゅん​で​なければ​ならない​こと​を​あかし​して​います。

    31 ​ですから、わたし​と​ちち​だけ​が​あかし​を​し、かみ​の​いましめ​を​おしえた​の​だ​と​かんがえる​ひつよう​は​あり​ません。あなたがた​は、かみ​の​いましめ​に​従順じゅうじゅん​で​さい​まで​しのぶ​なら​ば、わり​の​​に​すくわれる​でしょう。まことに​その​とおり​です。アーメン。」